更新日: 2022.12.22 その他暮らし

トマト1キロ当たり760円 過去5年の同月比平均より安く【野菜価格の全国調査 12月20日公表】

トマト1キロ当たり760円 過去5年の同月比平均より安く【野菜価格の全国調査 12月20日公表】
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

農林水産省は12月20日、最新の野菜8品目の価格(1キログラム当たり)動向調査(12月12日~14日実施)の結果をまとめました。価格は前週比-6%~+0%、平年比で-28%~+4%の範囲で推移しています。
 
4週続けて値下がりしたトマトは、過去5年の12月の平均価格と比べても安い760円となりました。8品目中、たまねぎは前週と変わらず621円を維持し、それ以外は前週よりも値を下げました。
 
【図表1】


 
農林水産省「食品価格動向調査(野菜)の調査結果」(令和4年12月5日の週【12月5日~12月7日】)を基に編集部が作成
 
品目別の1キログラム当たり価格、前週比(平年比)は次の通りです。
 
<キャベツ>
134円、前週比▲4%(平年比▲9%)※前週比6円安
 
<ねぎ>
621円、0%(▲7%)※前週比3円安
 
<レタス>
359円、0%(▲28%)※前週比1円安
 
<たまねぎ>
268円、0%(▲1%)※前週と同じ
 
<トマト>
760円、▲3%(▲1%)※前週比23円安
 
<にんじん>
364円、▲1%(4%)※前週比4円安
 
<はくさい>
139円、▲6%(▲10%)※前週比9円安
 
<だいこん>
132円、▲4%(▲6%)※前週比7円安
 
調査は12月12日~14日、全都道府県の各10店舗、合計470店舗で民間調査機関の調査員が訪問により実施しました。
 
価格は消費税込み、特売価格等は調査に含まれていません。全調査店舗の単純平均で算出しています。「平年比」は2017~2021年度の同調査による12月の調査価格の5カ年平均価格と比較しています。
 

出典

農林水産省 食品各動向調査(野菜)の調査結果
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部