更新日: 2023.03.28 その他暮らし

外食よりも安い!?人気のお取り寄せグルメで「贅沢おうちごはん」

外食よりも安い!?人気のお取り寄せグルメで「贅沢おうちごはん」
コロナ禍の影響で、物販系分野のBtoC-EC市場規模では「食品・飲料・酒類」の割合が2019年より年々増加傾向にあります。
 
今までは、少し贅沢な食事をするなら外食というイメージがありましたが、最近ではお取り寄せグルメのクオリティーも高く、多種多様です。
 
自宅にいながら有名店やご当地グルメを食べられるのはもちろん、予約やお店に行く手間をかけずにちょっと贅沢なおうちごはんを楽しめます。
さらにお子さまがいるご家庭では、周りの目を気にすることなく外食同然の満足感を味わえるのも魅力のひとつ。
 
さらに、お取り寄せした方が外食に行くよりも安く済むケースも多いため、お財布にも優しいでしょう。
 
今回は、旬の食材や食品を含めたお取り寄せグルメを4つご紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

牛松本店「松坂牛特選ハンバーグ」

牛松本店「松坂牛特選ハンバーグ」は、最高級松坂牛100%の肉汁あふれる贅沢なハンバーグです。
 
冷凍なので品質が落ちることなく、いつでも作り立てのおいしが味わえます。
 
1つあたり約1200円で、外食するよりも安くおいしいハンバーグが堪能できます。
 
内容量:160g×4個
価格:4980円(税込み)
 

石松餃子「石松餃子」

浜松餃子は、テレビでも紹介されたことのある静岡県浜松市のご当地グルメです。その中でも石松餃子は、昭和28年創業の老舗餃子専門店です。
 
キャベツの甘みと国産豚肉の旨みが合わさったジューシーな餃子が、自宅で思う存分食べられます。野菜たっぷりで、あっさりと食べやすい餃子です。
 
内容量:60個
価格:3240円(税込み)
 

マグロの吉井「海鮮セット匠」

マグロの吉井の「海鮮セット匠」は、本鮪の大トロと赤身・紅ずわいがに・いくら・ねぎとろ・鮪漬けの5種類が入った贅沢な海鮮丼セットです。
 
「手切り」にこだわった、口触りが滑らかで質の高い鮪を堪能できます。
 
ほかにも内容の異なるセットも販売しているため、好みに合わせて選べます。
 
内容量:海鮮5種 580g
価格:6480円(税込み)
 

鈴和商店「きりたんぽ鍋セット」

鈴和商店のきりたんぽ鍋セットは、10月中旬~3月末日までの寒い時期限定お取り寄せグルメです。秋田で有名なきりたんぽを、自宅で食べるのはなかなか難しいですよね。
 
しかしお取り寄せをすることで、炭火焼きの香ばしさを感じられるこだわりのきりたんぽを味わえます。お肉や野菜、スープなどがセットになっており、これだけできりたんぽ鍋がすぐに食べられます。
 
内容量:2人前(きりたんぽ6本・せり・舞茸・スープ・ごぼう・ネギ・糸こんにゃく・比内地鶏・白神山水)
価格:4536円(税込み)
 

お取り寄せグルメで賢く「贅沢おうちごはん」

お取り寄せグルメは、自宅にいながらご当地グルメやこだわりの食材が楽しめるのはもちろん、手間をかけずとも日常の中に「ちょっとした贅沢」を採り入れられるのが魅力です。
 
近年ではジャンルも多岐にわたり、さまざまなお取り寄せグルメを堪能できます。
 
外食で贅沢なものを食べるよりも費用を抑えられることが多いため、家計の節約にもつながるかもしれません。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

ライターさん募集