更新日: 2023.04.27 その他暮らし

みんなどう節約してる? 「林檎の皮」「炊飯器」「食パンの袋」などを使ったお手軽アイデアを紹介!

みんなどう節約してる? 「林檎の皮」「炊飯器」「食パンの袋」などを使ったお手軽アイデアを紹介!
物価が上昇している昨今、「節約」はすべての世帯に共通する悩みではないでしょうか? しかし支出削減を意識しすぎるあまり、毎日の生活が味気ないものになってしまうのは残念ですよね。
 
そこで今回はユーザーの皆さまから、楽しみながら節約できるアイデアを募集しました。<1nekomuraさん 愛知県 30 代><くまぐまさん 茨城県 50 代><ななまるさん 福岡県 40 代><なまたまさん 埼玉県 30 代><まかろにさん 神奈川県 30 代><らくさん 神奈川県 40 代>の6名のアイデアを紹介します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

<1nekomuraさん 愛知県 30 代> 林檎の皮

通常は捨ててしまう林檎の皮を利用します。横3センチ、縦10センチに切ります。その皮と紅茶のティーバッグ1個を陶器のポットに入れ、お湯150ミリリットルを注いで、熱湯をかけて温めます。その後、ふたをしてティーコジーを被せ、2分間蒸らします。最後に、カップに注げばアップルティーの完成です。ただし、林檎には当たりはずれがあるため、新鮮で美味しいものを選ぶとよいでしょう。
 

<くまぐまさん 茨城県 50 代> 炊飯器

炊飯器で料理を作ります。材料、調味料をいれてスイッチいれたら30分くらいでできあがりです。圧力鍋や、電気釜など別の調理器具を買わなくても炊飯器があればつくれます。煮物やカレーなどの下ごしらえもできます。味もしみしみで美味しいです。鶏肉や豚肉の料理もつくれます。
 

【PR】タウンライフ土地活用

おすすめポイント

・最適な活用方法が複数社から全て無料で貰える!
800 万円の差がでることも!土地活用による節税&相続対策!
・スマホで簡単!3 分で依頼完了
・土地活用の初心者も安心!手軽に専門家に相談可能!

<ななまるさん 福岡県 40 代> 日用品の見直し

買い物をする際はスーパーや百貨店などで、まとめ買いをしたり、こだわりのないものはできるだけ安いものを選んだりしています。また洗剤やティッシュの使用量を見直したり、 代用品や手作りを楽しんだり、節約につなげています。
 

<なまたまさん 埼玉県 30 代> トイレットペーパーや米のビニールの袋

私の住んでいる地域では指定のゴミ袋がないため、トイレットペーパーやお米の入っていた袋を利用しています。クリーニングが返ってきた時の袋もハンガーで穴が空いた部分を結めば、ゴミ袋として使用できます。トイレットペーパーの袋は、袋として利用できるようにゆっくり破きます。
 

<まかろにさん 神奈川県 30 代> 食パンの袋

食べ終わった食パンの袋はそのまま捨てずに、生ゴミを捨てるゴミ袋として再利用しています。大きさがちょうど良いというのもありますが、生ゴミの臭い漏れが少なく次のゴミ捨ての日まで快適です。臭い漏れしにくい専用の袋を買うよりも節約になります。
 

<らくさん 神奈川県 40 代> お弁当

食費の節約です。外食はなるべく使わずに、毎日のランチについては自分でお弁当を用意して会社や学校に持っていくようにしています。昨晩の残りおかずなどを使えば苦労せずに食費を削れますし、フードロスを防ぐことにもつながって一石二鳥です 無理せずにやることが長く続けるコツだと思います。疲れている時は休みましょう。
 
もし日々の生活に取り入れられるものがあったら、ぜひ実践してみてはいかがでしょうか? 他の記事でもさまざまなアイデアを紹介していきますので、参考にしてみてください。
 
※2023/4/27 記事を一部修正いたしました。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集