更新日: 2023.05.15 その他暮らし

リーリエ・マリィに続け!次に高騰する「ポケカ」はどれ?

リーリエ・マリィに続け!次に高騰する「ポケカ」はどれ?
「価値の高いポケカを集めたいけど、リーリエ・マリィは高過ぎる…」
「どうせなら次に価値が高まるカードを高騰前に手に入れたい!」
このようなお悩みはありませんか?
 
本記事ではリーリエやマリィのようなすでに価格が高騰しているカードの共通点をもとに、次に価格が高騰しそうなカードをサポートカードに絞って予測し紹介します。新弾発売前に確認して、高額カードの目星をつけておきましょう。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

高額カードを集めるならシングル買い

ポケカをプレイ目的ではなく投資目的のコレクションとして買うならば、パックやボックス買いではなく、トレカショップやオークションでのシングル買いが効率的です。
 
買い取り価格で1万円を超えるような高額カードは基本的にSR以上の高レアリティですし、リーリエのようにそもそも収録弾が絶版となっているものも多くあります。
 
絶版で手に入らないからこそ価格が高騰するものや、そもそもイベント限定で流通数が少ないものもあり、パック買いでカードをコレクションするのは効率がいいとは言えません。
 

リーリエ・マリィの共通点

数多くのトレカショップオリジナルパックの目玉・当たり枠として代表的なリーリエとマリィのカードには、以下のような共通点があります。
 

●カード効果が初心者に扱いやすい
●キャラクターがかわいく人気が高い

 
高騰するカードは見た目だけでなく、カードゲームとしてプレイするうえでも活躍します。
 
リーリエ・マリィも公式発売のスタートデッキにも組み込まれていて、初心者が扱いやすいカードです。
 
そして、リーリエはサン・ムーンのヒロイン、マリィはソード・シールドのライバルであり、公式からも数多くのグッズが販売されるほどキャラクター自体が人気を持っています。
 

ヒロイン・リーリエ

リーリエはここまでに3種類のカードが出ており、買い取り価格と収録パックは以下の通りです。
 

カード番号 収録パック/入手方法 買い取り価格
119/114 GXバトルブースト(2017年10月) 111万円
066/060 コレクションムーン(2016年10月) 60万0円
397/SM-P エクストラバトルの日(2019年10月~11月) 300万円

 
リーリエ収録パックはいずれも絶版で、エクストラバトルの日のプロモカードは入手難易度がかなり高いです。
 
2019年秋に開催されたエクストラバトルの日のプロモーションカードは、事前応募による抽選式で参加できる大会の賞品でした。
 
8人リーグ優勝者への商品、じゃんけん賞の賞品として贈呈されるプロモパックには、リーリエ、アセロラ、グズマがランダムで封入されており、いずれも価格が高騰しています。
 

ライバル・マリィ

マリィはこれまでに2種類カードが出ており、買い取り価格と収録パックは以下の通りです。
 

カード番号 収録パック 買い取り価格
068/060 シールド 13万円
198/190 シャイニースターV 3万7000円

 
マリィもすでにレギュレーション落ちしており、絶版となっています。
 
SRほど高騰はしていないものの、マリィは2020年に「トレーナーカードコレクション マリィの練習」が発売され、マリィのサインが描かれたミラーのプロモカードが登場しました。
 

次に高騰しそうなカードとは?

リーリエもマリィも初動から価格が高騰していた高額カードですが、絶版となり、ますますカード価格が高騰しました。
 
スカーレット・バイオレットの初動ではミモザがすでに高騰しており、SARの買い取り価格は10万円に届きそうです。
 
4月14日発売の新弾に収録されるナンジャモはゲームでも人気の高いキャラクターなので、ミモザ同様SARが封入されると予想されます。
 

雷ジムリーダー・ナンジャモ

ナンジャモは2023年4月14日発売の「クレイバースト」に収録が決まりました。
 
SARの封入はまだ決まっていませんがかなりの人気キャラクターですので、収録が予想されます。
 
ナンジャモはでんきタイプを使うハッコウシティのジムリーダーで、配信者としてゲーム発売前からYouTube上に登場していました。
 
ポケモン公式チャンネルは100万回再生を超える動画は多くありませんが、ナンジャモの登場動画は100万回再生を超えるほど人気です。
 

保健室の先生・ミモザ

ミモザは2023年1月20日に発売された「バイオレットex」に収録されているカードです。
 
すでにSR2万700円、SAR9万円とかなり高騰しており、今後のさらなる高騰が予想されます。
 

まだまだ新シーズンは始まったばかり

ポケカは初心者が流入しやすいように頻繁にレギュレーションが入れ替わります。
 
そのためレギュレーション落ちによって絶版になってしまうカードも多く、人気のあるカードはどんどん価格が高騰していきます。
 
しかし、スカーレット・バイオレット環境は始まったばかりで、まだそこまで値上がりしていないカードもあるため、今からポケカ投資に参入するのも遅くはないかもしれません。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集