更新日: 2023.05.23 その他暮らし

外出先での困ったを解決!コスパよくモバイルバッテリーを使うコツとおすすめ5選

外出先での困ったを解決!コスパよくモバイルバッテリーを使うコツとおすすめ5選
外出先で、スマートフォンなどの充電がなくなったときのために、モバイルバッテリーを携帯されている方は多いでしょう。しかし、長く使っていて「電池の減りが早い」「充電に時間がかかる」などの問題がでてきたら、新しいものに買い替えるべき時期だというサインです。
 
この記事では、モバイルバッテリーの選び方と、おすすめのモバイルバッテリー5選をご紹介します。
 
「最近、バッテリーの持ちが悪くなってきた」
「長時間の外出用にモバイルバッテリーが欲しいけど、選び方が分からない」
 
このような方は、ぜひとも参考にしてください。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

モバイルバッテリーの選び方

モバイルバッテリーを購入する際には、次のポイントを押さえておくと選びやすくなります。


・用途に応じた容量を選ぶ(普段の外出・旅行・出張など)
・充電方式(ワイヤレス・ケーブル内臓型・ソーラー充電型)
・機能性(ポートの数と規格・充電スピード)

モバイルバッテリーの容量が大きいほど、本体サイズも大きく重くなりますので、用途に合わせて、適切な容量を選ぶことが大切です。普段の外出ならば、1〜2回分フル充電できる、5000mAh程度のモバイルバッテリーがあれば十分でしょう。
 
泊まりがけの旅行や出張の場合、または、iPhone13以降などの容量の大きいスマートフォンに使用する場合は、10000mAh程度の製品があれば安心です。必要な機能や予算に合わせて選びましょう。
 

【PR】おすすめの住宅ローン

auじぶん銀行

au-bank
おすすめポイント

・がん診断保障に全疾病保障を追加
・住宅ローン人気ランキングNo.1!

変動
0.179 %

※住宅ローン金利優遇割最大適用後の変動金利(全期間引き下げプラン)
※新規借入れ
当初10年固定
%

※当初期間引下げプラン
当初20年固定
%

※当初期間引下げプラン
詳しくはこちら

【auじぶん銀行の注意事項】
※金利プランは「当初期間引下げプラン」「全期間引下げプラン」の2種類からお選びいただけます。
ただし、審査の結果保証会社をご利用いただく場合は「保証付金利プラン」となり、金利タイプをご選択いただけません。

※固定金利特約は2年、3年、5年、10年、15年、20年、30年、35年からお選びいただけます(保証付金利プランとなる場合は、3年、5年、10年に限定されます)。
金利タイプを組合わせてお借入れいただくことができるミックス(金利タイプ数2本)もご用意しています。 お申込みの際にご決定いただきます。

※ただし、審査の結果金利プランが保証付金利プランとなる場合、ミックスはご利用いただけません。

※審査の結果によっては保証付金利プランとなる場合があり、この場合には上記の金利とは異なる金利となります。金利プランが保証付金利プランとなる場合は、固定金利特約が3年、5年、10年に限定されます

・変動金利について
※2024年7月現在・本金利プランに住宅ローン金利優遇割を最大適用した金利です。
※J:COM NET優遇割・J:COM TV優遇割は戸建のみ対象
※ J:COM NET優遇割、J:COM TV優遇割、コミュファ光優遇割は適用条件充足後、3ヶ月後から適用開始となります。

おすすめのモバイルバッテリー5選

モバイルバッテリーは種類が豊富なため、用途や機能別におすすめのモバイルバッテリーを5品ご紹介します。
 

小型軽量タイプ:Anker PowerCore 10000

大容量の10000mAhなのに、カードサイズで、卵3個ほどの軽さなので持ち運びに便利な、ロングセラーのモバイルバッテリーです。iPhone 14ならば約2回分、iPad mini 5ならば約1.3回分のフル充電が可能で、出力は2.4Aのため、充電も短時間で済み、値段もお手頃です。
 
標準価格:3490円(税込み)
 

ケーブル内臓・大容量タイプ:ISSURIAモバイルバッテリー 26800mAh

3種類(Lightning、micro USB、USB Type-c)のケーブル内蔵で大容量(26800mAh)のモバイルバッテリー。お出掛けの際は、これ1台をカバンに入れればよいため、ケーブルを忘れたり、紛失したりする心配もありません。
 
最大出力2.0Aですので、急速充電や3台同時充電も可能。過充電や過放電など、8種類のマルチ保護機能も充実していて、3000円台とお手頃です。
 
Amazonの価格:3880円(税込み)
 

急速充電タイプ:cheero Power Plus 5 10000mAh with Power Delivery 18W

10000mAhの大容量で充電・給電を素早くこなし、超コンパクトで軽くすっきりとしたデザインのモバイルバッテリーです。
 
最大100Wの電力供給が可能なUSB PD対応のため、USB-Cケーブルがあれば急速充電が可能。バッテリー本体の充電も、PD対応USBアダプター(18W)を準備すれば約3時間で完了します。
 
標準価格:3980円(税込み)
 

かわいさ重視:ELECOM DE-M13L-5000WF

持ち運びに便利な手のひらサイズで、かわいいデザインが人気のモバイルバッテリーで、最大2.4Aの高出力のため、充電も早くできます。
 
USBポート搭載の高性能ICが、接続機器を識別して最適な出力で充電する「おまかせ充電」に対応しているため、最速で充電してくれます。
 
容量は5000mAhと少なめですが、かわいさ重視で選びたい方におすすめです。
 
標準価格:4609円(税込み)
 

ワイヤレス:Anker 633 Magnetic Battery (MagGo)

強力マグネットでピタッとくっつけて充電できる、iPhone12以降シリーズ専用ワイヤレスバッテリー。
 
3色(ブラック・ブルー・ホワイト)展開の2022年最新モデルで、容量は10000mAhと、従来モデルの2倍です。
 
USB PD対応のUSB-Cポートを搭載しているため、本体を充電しながらのワイヤレス充電も可能。折り畳み式のスタンドがついているため、家の中では動画を視聴しながら、充電もできます。
 
標準価格:7990円(税込み)
 

モバイルバッテリーの寿命と長持ちさせる方法

モバイルバッテリーにはリチウムイオン電池が使われていることが多く、一般的には300〜500回程度使えるといわれています。使用頻度によっても異なり、毎日使われる方なら、1年から1年半の寿命です。
 
「充電の減りが早い」「時間がかかる」と感じるようになってきたら、買い替えどきのサイン。また、「すぐに熱くなる」「膨らんでいる」などの変化があるならば、電池の劣化による発火や爆発の危険があるため、直ちに使用をやめましょう。
 
そして、新調した場合には、モバイルバッテリーの寿命を延ばすポイントが三つあります。


・充電が終わったら、コンセントを抜く
・充電しながら、デバイスを使用しない
・バッテリー残量が0%になる前に充電する

モバイルバッテリーは消耗品ですが、バッテリー自体に負担をかけないように、大切に使って長持ちさせましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集