更新日: 2023.05.30 その他暮らし

1日1食ラーメン生活を1ヶ月続けたら、出費はどのくらい?「インスタント」と「ラーメン屋」で比べてみた!

1日1食ラーメン生活を1ヶ月続けたら、出費はどのくらい?「インスタント」と「ラーメン屋」で比べてみた!
ラーメンが好きで、できることなら毎日食べたいと考えている人もいるのではないでしょうか。インスタントラーメンで済ませるか、それともラーメン屋に行くかも悩むところでしょう。しかし、毎日食べるとなると気になるのが食費です。
 
本記事では、1日1食ラーメン生活を1ヶ月続けた場合、インスタントラーメンとラーメン店でどれくらいの出費の差が出るのかを解説します。
 
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関するニュースを、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

1日1食インスタントラーメン生活を1ヶ月続けた場合

インスタントラーメンの価格は、商品や購入する店舗によって異なります。総務省統計局の「小売物価統計調査」によると、2023年4月のカップ麺1個あたりの東京都区部小売価格は183円です。カップ麺を1日1食食べると、1ヶ月間(30日)の出費は183円×30日で5490円となります。
 
総務省統計局では、袋入りラーメンの価格に関するデータは公表していません。あるサイトによると、袋入りラーメンの価格は、1食あたり55~112円程度が相場のようです。1食100円の袋入りラーメンを1日1食食べる場合、1ヶ月間(30日)の出費は100円×30日で3000円となります。
 

1日1食ラーメン屋生活を1ヶ月続けた場合

総務省統計局の「小売物価統計調査」によると、2023年4月の中華そば(外食)1杯あたりの東京都区部小売価格は565円です。ラーメン屋に1日1回行く場合、1ヶ月間(30日)の出費は565円×30日で1万6950円となります。ただし、ラーメン屋の価格はお店によってさまざまです。中には1杯1000円を超える店舗もあれば、チェーン店だと500円以下で食べられることもあります。
 
仮に、1杯1000円のラーメン店に行く場合、1ヶ月間の出費は1000円×30日で3万円です。ラーメンのみで1ヶ月3万円の出費は痛いと感じる人が多いのではないでしょうか。一方、大手中華そばチェーン店の場合、中華そばの価格は490円(税込)です。1ヶ月間(30日)通ったとしても490円×30日で、1万4700円で済みます。
 

安く済ませたいならインスタントラーメン

1日1食ラーメン生活を1ヶ月続けるなら、インスタントラーメン(袋入りラーメン)が安く済ませやすいことが分かりました。購入する商品にもよりますが、1食100円程度の袋入りラーメンを選べば、1ヶ月間の出費は3000円程度です。中には1食50円前後で購入できる商品もあるため、工夫すれば1ヶ月間の出費を1500円程度に抑えられるかもしれません。
 
インスタントラーメンを調理する際には、ガス代や電気代などの光熱費がかかります。今回はインスタントラーメンを作る際の光熱費は試算していませんが、仮に光熱費を含めてもインスタントラーメンであれば出費を抑えられそうです。
 
1人暮らしの場合は、電子レンジでインスタントラーメンを調理できるグッズを利用すると光熱費を節約できる可能性があります。調理容器がそのままラーメンどんぶりにもなるため、洗い物も最小限で済みます。
 

1日1食ラーメン生活を行う場合は栄養バランスも考えよう

1日1食ラーメン生活を1ヶ月続ける場合、カップ麺なら5490円程度、インスタントラーメン(袋入りラーメン)なら3000円程度、ラーメン屋に行く場合は1万6950円程度の出費がかかることが分かりました。
 
インスタントラーメンを選べば安く済ませられますが、栄養面での不安は残ります。インスタントラーメンを調理する際は、野菜やチャーシューなどのトッピングをプラスして、栄養バランスも意識したほうがよいでしょう。
 

出典

e-Stat 小売物価統計調査 小売物価統計調査(動向編) 月次 2023年4月
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

auじぶん銀行