更新日: 2023.06.23 その他暮らし

【2023年7月改正】「車検ステッカー」貼付位置が変わる?車検シールがないと「50万以下の罰金」も!?

【2023年7月改正】「車検ステッカー」貼付位置が変わる?車検シールがないと「50万以下の罰金」も!?
車を運転するためには、安全運転を心掛けることはもちろん、関係法規などの動きを知っておくことも大切です。その一つとして、2023年7月から、車検ステッカーの貼り付け位置が変わることが挙げられます。また、車検ステッカーがないと、痛い目にも遭いかねません。
 
ここでは、車検ステッカーの貼り付け位置変更にまつわる背景なども含めて、お話ししていきます。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

そもそも車検ステッカーとは

車検ステッカーの正式名称は「検査標章」ですが、車検シールとしてもおなじみです。ここでは「車検ステッカー」として、その役割を紹介していきます。
 
車検ステッカーは、車検の有無や有効期間満了時期が一目見て分かるように、車の前面ガラスの内側に貼り付け義務があります。そうすることで、無車検車の取り締まり簡素化にも役立つからです。つまり、車検ステッカーがないと、車検の有効期間が分からないため、交通検問で、車検切れを疑われても仕方ないかもしれません。
 
車検ステッカーからは「自動車検査証」(以下、車検証)の有効期間に関する情報が読み取れます。表面は「年月」のみですが、裏面には「年月日」まで表示されていますので、車検を受ける時期の目安にもなります。有効期限の1ヶ月前に車検を受けた場合でも、有効期限日に車検を受けた場合でも、次回の車検満了日は変わらないため、早めに車検を済ませておいてもよいでしょう。
 

車検ステッカーの位置が変わったのはなぜ?

車検ステッカーの位置は、前面ガラスの上部という共通点はあるものの、具体的な場所は、車種によってさまざまでした。ルームミラーがある車では中央ですが、運転者席から最も遠い位置にしたり、貼り付け位置を下方にずらしたりする必要もありました。
 
しかし、いずれの場合も、運転者席側から離れているために、車検ステッカーが運転者からは見えにくいことが難点だったのです。
 
このような経緯もあり、令和5年7月からは、車検ステッカー貼り付け位置を「前方かつ運転者席から見やすい位置」へと変更されることになりました。つまり、原則として「運転者席側上部で、車両中心から可能な限り遠い位置」になったのです。車検ステッカーが運転者席側に移動することで、車検切れの防止が期待できます。
 
もちろん、車検情報の確認は、車検証で行うという方法もあります。ただ、2023年1月の電子化にともない、電子車検証には、車検有効期間の記載がなくなったのです。そのため、車検有効期間の確認には、ICカードリーダーやスマホアプリが欠かせません。これらの使用は面倒なため、簡単に確認できる車検ステッカーは便利といえるでしょう。
 

車検ステッカーがないと罰金対象にも

車検ステッカーが「ない」ことは、通常では考えられないため、あまり意識しないかもしれません。しかし、可能性がないとはいえないのです。指定自動車整備事業者(指定整備工場)での車検時に「保安基準適合標章」を受けることがあります。こちらは、車検ステッカーや車検証が届くまで、代わりの役目を果たすもので、有効期間は15日です。
 
そのため、車検ステッカーを受け取ったら、速やかに貼り替えなければなりません、ところが、うっかり貼り替えを忘れることもあり、その結果、車検ステッカーなしとみなされてしまうのです。
 
車検ステッカーの違反による罰金(50万円以下)に関しては、「道路運送車両法第66条」「同法第109条」に記載があります。これらは、車検ステッカーだけでなく、車検証も対象になりますので、注意が必要です。
 
車検証は、常時携帯が求められるものですが、ふだんは、車のダッシュボードなどに保管することが多いでしょう。しかし、自動車保険の継続手続きなどで持ち出したまま、元の場所に戻すことを忘れる可能性もあります。
 
注意を怠った結果、罰金が科せられるのでは、あまりにも残念です。そうならないためにも、車検ステッカーの貼り付けや、車検証の常時携帯を忘れないようにしましょう。
 

より身近になった車検ステッカー! 車検切れ防止や車検費用準備にも役立てよう!

車検ステッカーには、車検に関する大切な情報が盛り込まれています。法改正後は、車検ステッカーの貼り付け位置が運転者席に近くなり、目に付きやすくなることが大きなメリットです。
 
車検ステッカーからは、車検有効期間の満了日が分かりますので、車検切れの防止にも役立ちます。車検費用は、車の維持費のなかでも大きなウエートを占めるだけに、早めに準備しておいてはいかがでしょうか。
 

出典

国土交通省 道路運送車両法施行規則及び自動車の登録及び検査に関する申請書等の様式等を定める省令の一部を改正する省令案について
国土交通省 「自動車ユーザーの皆様へ 令和5年7月より、車検ステッカーの貼り付け位置が変更となります。」
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集