更新日: 2023.08.30 その他暮らし

お金がなくて「白米」ばかり食べています。安くて栄養があって、白米に合う食材を教えてください

お金がなくて「白米」ばかり食べています。安くて栄養があって、白米に合う食材を教えてください
お米や麺類は値段も安くおなかにもたまりやすいため、つい頼ってしまいがちですが、そればかりでは栄養が偏ってしまいます。さらに炭水化物であるお米や麺類は糖質も多いため、太る原因にもなり得ます。
 
炭水化物だけに偏らないよう、できるだけ栄養を取りつつコスパの良い食事を取るためにはどのような食材をどのように調理するのが良いのか考えてみましょう。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

炊き込みご飯で簡単においしく栄養を取る

日本の家庭料理の中でも特にポピュラーな炊き込みご飯は、簡単に調理できる上、多彩な具材を使用することで、バランスの良い栄養を摂取できます。例えば、鶏肉やしいたけ、にんじんなどの具材を使用することで、タンパク質やビタミン、ミネラルが効果的に取れます。
 
また、炊き込みご飯は一度に多くの食材を使え、冷蔵庫の中の残り物を活用するのにも最適です。これにより、食材の無駄を減らし、経済的にも家計の助けになります。さらに、炊き込みご飯はそのまま食べるだけでなく、おにぎりや弁当の具材としても使用できるため、多目的に活用できます。
 
ただ、炊き込みご飯を調理する際には、いくつかの注意点があります。まず、食材の下ごしらえをしっかりと行うことが大切です。特に、生の食材を使用する場合は、十分に火を通すことで食材の中の有害な菌を除去することが必要です。また、炊飯器を使用する際には、水加減に注意することも大切です。適切な水量で炊くことで、ふっくらとした炊き込みご飯が楽しめます。
 
炊き込みご飯は、手軽においしく栄養が取れる料理です。日常の食卓に取り入れることで、健康的な食生活を送る手助けとなるでしょう。
 

大容量パックで費用を抑える

大容量パックの購入は、多くの消費者にとって経済的な選択となります。一般的に、製品の単価は容量が大きくなるほど低くなる傾向があります。これは、製造や包装のコストが一定であるため、商品の単位あたりの生産コストが低下するからです。
 
例えば、400gの鶏肉が300円で売られている場合、1000gのものが500円であれば、単位あたりの価格は大容量の方がお得です。このように、大容量を選ぶことで、長期的に見て節約できることが多いのです。また、日持ちのする冷凍食品として、大容量の豚肉・牛肉や野菜など白米によく合う食材も種類豊富に販売されています。
 
ただし、大容量パックを選ぶ際にはいくつかの注意点があります。まず、賞味期限を確認することが重要です。大量に購入しても、賞味期限が近いと無駄になる可能性があります。また、保存スペースが必要になるため、収納場所を確保しておくことも大切です。
 
さらに、大容量パックは一度に多くの金額を支払う必要があるため、予算管理にも注意が必要です。とはいえ、長期的に見れば、その投資は十分に価値があるといえるでしょう。
 
大容量パックを選ぶことで、経済的なメリットを享受できることは間違いありません。上記のような注意点を考慮しながら、最も適した選択をすることが大切です。
 

コストを抑えながらも栄養は取れる

お米を食べるとおなかにはたまりますが、それだけでは必要な栄養を十分に取ることが難しいため、将来的に身体を壊し病気や入院などさらに高額なお金が必要になる可能性も考えられます。業務スーパーなどを利用することで、タンパク質やビタミンなどを含んだ食材も比較的安く入手できます。コストと栄養のバランスを取りながら健康的な食事を心がけましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集