fbpx 

更新日: 2021.09.20 暮らし

子連れ旅行に関する調査(DeNAトラベル)。「最も大変」と答えたのは機内などの移動

子連れ旅行に関する調査(DeNAトラベル)。「最も大変」と答えたのは機内などの移動
法務省の発表※によると、0~4歳児の出国者数は平成22年から24年にかけて年々伸びているそうです。しかしながら「子連れ旅行は不安」とためらっている人の声もよく耳にします。
 
そこで、オンライン総合旅行サービス「DeNAトラベル」では、実際に子連れ旅行経験者の意見や一般の子連れ旅行に対する印象について調査しました。
<調査概要>
調査タイトル:「子連れ旅行」に関するアンケート調査
調査対象: 20歳以上の男女1,151名
調査期間:2017年4月26日(水)~4月30日(日)
調査方法:インターネット調査
調査主体:株式会社DeNAトラベル7
 
 

調査1:初めて子連れ旅行をしたのは、お子様が何歳の時ですか?

子連れ旅行経験のある人対し、「初めて子連れ旅行をしたのは、お子様が何歳の時ですか?」と聞いたところ、42.1%が「1歳未満」と回答しました。3歳未満で旅行に連れて行った人の割合は3/4以上、小学生未満だと約9割となりました。
 

図表_1

 

調査2:子連れ旅行で大変な思いをしたことはありますか?

子連れ旅行経験のある人対し、「子連れ旅行で大変な思いをしたことはありますか?」と聞いたところ、「ある」と回答したのは全体の61.0%となりました。
 

図表_2

 

調査3:子連れ海外旅行で一番大変だったことは何ですか?

子連れ旅行経験のある人対し、「子連れ海外旅行で一番大変だったことは何ですか?」と聞いたところ、3位の「街のトイレ」(11.3%)、2位の「食べ物」(12.1%)を大きく引き離し、「機内等の移動」(58.0%)が1位となりました。
 
大変だった理由の多くは「機内で泣いてしまった」「乗り物酔い」「ずっと座っていられず騒ぎだした」といったものでした。
 

図表_3

 
<移動中の大変だったエピソード>
【40代・女性】国際線に乗った時他の子や私の子が大声で泣き出した。機内は多国籍状態。日本人中年男性が日本語でうるさい!と大声で叫ばれた。 申し訳ないとは思うが子供の泣声がそんなに嫌いならエコノミー乗らないでと思った。
【40代・女性】各種乗り物酔い。特に飛行機の気圧の変化で耳抜きが上手く出来ずに大変でした。
 
【60代・女性】じっとしていない子供だったので乗り物の中でうろうろとよその人の席にお邪魔してしまった。
 

調査4:子連れで海外旅行に行くのは子供が何歳からが適切だと思いますか?

「子連れで海外旅行に行くのは子供が何歳からが適切だと思いますか?」という問いに対し、小学生未満の子連れ旅行の経験有無で分けたところ、経験がない人の場合、1位がダントツで「小学生以上」(46.0%)となりました。
 
一方で、経験がある人の場合の1位は「何歳でも問題なし」(31.6%)となり、経験者と未経験者の間で大きく差が出ました。
 

図表_4

 
<「小学生以上」を選んだ理由>
【30代・女性】私も初の海外は小学4,5年生だったが、今でもその時の感動は記憶にある。本人が自分の記憶に残せるような年齢になってからのほうが良いと思う。幼児期に連れて行かれて、本人は全く覚えてないなんて勿体ない。
 
【60代・男性】公共の場でのしつけがある程度できるようになって周囲に迷惑をかけないようになってからのほうが家族みんなが楽しめると思います。
 
<「何歳でも問題ない」を選んだ理由>
【40代・女性】年齢ではなく、しつけができているかが問題。赤ちゃんなら授乳で落ち着いたりするのでかえって楽。年齢が上でも、騒いだりした時にちゃんと注意をしていうことを聞かせられるか、親の問題だと思う。
 
【40代・女性】日本より海外、特にヨーロッパは子供や子連れに優しいと思います。子供がレストランや公共交通機関の中で大泣きしていても、ほとんど嫌な顔された事がありません。
 
【30代・女性】大人になったらわすれているかもしれませんが、旅行にいって帰ってくると着実にこどもはすごく成長しているので、何かのプラスにはなっていると思う。 親も気分転換になるし、特に海外で家族でいろいろな目にあう(多少は海外ってなにかしらありますよね・・・w)というのは、家族としての団結も強まって、いい経験になると思います。
 

調査5:機内座席での母乳授乳についてどう思いますか?

「機内座席での母乳授乳についてどう思いますか?」いう問いに対し、3歳未満の子連れ旅行の経験有無で分けたところ、経験がない人の方がやや否定的な傾向ではあるものの、いずれも1位は「気にならない」(経験あり:50.4%、経験なし:43.7%)となりました。
 

図表_5

 
<「気にならない」を選んだ理由>
【40歳・男性】母乳は子供にとっての大切な「食事」です。身体的に蓄えもない小さい子どもの栄養補給は命にかかわることです。周りが気にするから授乳はだめという考え方はもうやめたほうがいいと思います。
 
【40歳・女性】当然カバーをして行うことであるし、席を立って移動することで泣いたりして周りに迷惑となることもある。授乳後はそのまま寝る子も多いのでむしろ座席でするべきだと思う。
 
<「許せない」を選んだ理由>
【40代・男性】哺乳瓶でのミルクをあげるべきです。それならば、どこの飛行機会社でも対応できるから。
 
【40代・女性】人目につかずにするのが当たり前と思っているから。
 

調査6:乳幼児を連れてのビジネスクラス利用についてどう思いますか?

「乳幼児を連れてのビジネスクラス利用についてどう思いますか?」という問いに対し、3歳未満の子連れ旅行の経験有無で分けたところ、いずれにおいても1位は「気にならない」(経験あり:39.6%、経験なし:33.2%)となりました。
 
しかしながら、座席での母乳授乳と比べると割合は低くなり、子連れ旅行経験の有無に関わらず、「子連れでのビジネス利用は控えるべき」と考えている人が一定数いることが分かりました。また、「どちらとも言えない」(経験あり:18.1%、経験なし:20.1%)と回答する割合が多かった点も特徴的です。
 

図表_6

 
<「気にならない」を選んだ人の理由>
【30代・男性】そういうものとして社会全体で受け入れるべき。ビジネスクラスだからといって特別に規制をかけるのは社会に良い影響をもたらさない。サービスを提供する側が社会参画として取り組んでほしい。
 
【30代・女性】きっと子供もゆっくり過ごせるので愚図りにくいのでは?ちゃんと静かに過ごすように注意すれば良いかなと。
 
<「許せない」を選んだ人の理由>
【50代・男性】ビジネスクラス以上の席では移動代金に加えて、移動時間(雰囲気)に対しても費用を払っているので、乳幼児の鳴き声で邪魔されたくない。
【40代・女性】 ビジネスクラスのマナーが理解できる年齢になってからの利用が良いと思う。
 

これから子連れ旅行を検討している人たちに向けて、子連れ旅行をする際のアドバイス

【40代・男性】移動も食事も準備が勝負です。移動中のお菓子やiPadなどの用意と、宿や訪問先での食事、トイレなどの下調べ、問い合わせをしておけば安心。子連れ旅行には独身やカップル時代と違った意味がたくさんあります。
 
【40代・女性】周りに気を遣い過ぎても遣い過ぎにはなりません。気を遣っている様子が伺えれば多めに見る気になれます。周りは子供に怒っているのではなく、躾ない、気を遣わない親に怒っているのです。
 
【40代・女性】無理のない日程でゆっくりと楽しい時間を過ごしてほしい。 子ども中心でスケジュールを組み、予定通りに行かなくてもいいや、くらいの気持ちで旅行するといいとおもいます。
 

auじぶん銀行