更新日: 2024.01.18 家具・片付け

今年こそは奮発して「ロボット掃除機」が欲しい!どれくらいの家庭が使ってる?

今年こそは奮発して「ロボット掃除機」が欲しい!どれくらいの家庭が使ってる?
忙しい毎日だからこそ、ロボット掃除機を購入して「掃除の手間を減らしたい」と、お考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
しかしロボット掃除機の価格帯には、低価格帯(5万円未満)、中価格帯(5万円以上8万5000円未満)、高価格帯(8万5000円以上)があり、比較的高額なものも多くあります。そのため、購入を慎重に検討されている方も多いでしょう。
 
今回は、ロボット掃除機を実際に使用している方の意見を踏まえて、ロボット掃除機を使用することによるメリットや注意点について解説します。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

ロボット掃除機を使用している人の割合

マイボイスコム株式会社が2023年8月に行った「掃除機に関するアンケート調査(第8回)」によれば、多くの家庭が所有している掃除機のタイプは、以下の表の通りです。
 
表1
 

掃除機のタイプ 所有割合(複数回答)
スティック型、スティッククリーナー 47.9%
キャニスター型・紙パック式 41.7%
キャニスター型・サイクロン 29.1%
ハンディークリーナー(布団用) 14.0%
ロボット掃除機 9.9%

 
※マイボイスコム株式会社「掃除機に関するアンケート調査(第8回)」を基に筆者作成
 
スティック型やキャニスター型といった掃除機のタイプに比べて、ロボット掃除機を使用している方の割合が少ないことが分かります。
 
しかし、同社が2011年8月に行った「掃除機に関するアンケート調査(第2回)」では、ロボット掃除機の所有率が2.0%であったため、10年間で所有率が4倍以上も上がったことが分かります。
 

公式サイトで申し込み

【PR】アイフル

aiful

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短1時間でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 1秒診断(※)
WEB完結 無利息期間 融資スピード
※融資まで 30日間 最短20分
※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
※診断結果は、入力いただいた情報に基づく簡易なものとなります。
 実際の審査では、当社規定によりご希望にそえない場合もあります。

ロボット掃除機の購入を検討する理由

エコバックスジャパン株式会社が行った「ロボット掃除機に関する意識調査結果」によれば、購入を検討する理由として最も多かったのは「掃除の手間を省きたいから」であり78%でした。
 
また、「常にきれいにしていたいから」という意見も、全体の過半数から挙げられました。
 
忙しい日々だからこそ、ロボット掃除機を活用して掃除の手間を省き、清潔な部屋で暮らしたいという思いがニーズとなっていることが分かります。
 

ロボット掃除機の費用相場は高いため、購入前に体験できるサービスを活用しましょう

前出の「ロボット掃除機に関する意識調査結果」によれば、すでに導入している方の約4人に1人が、ロボット掃除機に不満を持っていることも分かりました。
 
不満の理由の上位には「隅々まで掃除しない(壁際や隅)」「吸引力が弱い」ことなどが挙げられています。
 
また、同調査の「ロボット掃除機に“一番求める事”は何ですか?」という問いでは、「清掃力」が55.6%と過半数を占めています。ロボット掃除機の清掃力が向上すれば、導入する方はより増えると思われます。
 
また、ロボット掃除機は比較的高価なものが多く、購入に際して、金額面で悩まれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
価格が気がかりである場合には、購入前に家電量販店などで実演されている様子を見たり、家電レンタルサービスでロボット掃除機を借りて、試したりすることもよいでしょう。家電レンタルサービスでは、月額数千円ほどで実物を試すことができます。
 

ロボット掃除機の購入前には清掃力を確認しましょう

ロボット掃除機の普及率は、スティック型やキャニスター型の掃除機に比べると、いまだ低い状況です。しかし、ロボット掃除機の所有率は、この10年間で約4倍に増えています。
 
また同じ調査で、ロボット掃除機の「清掃力」を課題に感じている人が多いことも分かりました。
 
もし、これからロボット掃除機の購入をお考えの場合には、購入後に後悔をしないためにも、あらかじめ機能性について十分に確認したうえで、部屋の細部まできれいに掃除ができるものを選ぶことをおすすめします。
 

出典

マイボイスコム株式会社 MyEL [30106]掃除機に関するアンケート調査(第8回)

エコバックスジャパン株式会社 ロボット掃除機に関する意識(PR TIMES)

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー