更新日: 2024.03.01 その他暮らし

友人が「株主優待券」を定期的にくれるのですが、もしかしてこれってアウトですか?

友人が「株主優待券」を定期的にくれるのですが、もしかしてこれってアウトですか?
企業の株を一定数以上保有している株主に対して、提供されることのある株主優待券。
 
基本的には株主優待券を受け取った方が使用するものですが「使わないから」などの理由で友人や知人からもらうこともあるでしょう。
 
ただ、株主優待券をもらう行為は問題ないのだろうかと気になる方もいるはずです。
 
そこでこの記事では、友人から株主優待券をもらうのは問題ないのかについて解説していきます。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

株主優待券をもらうのはアウト?

株主優待券をもらっていいかどうかは、株券を発行している企業によると考えられます。
 
実際、企業のホームページには株主優待券を「知人が使ってもいい」と記載されていることがあるようです。しかし企業によっては「本人のみ使用可能」「家族であれば使用可能」といったルールが決められている場合もあるため注意が必要です。
 
上記のようなケースでなければ、株主優待券を友人からもらい、使用することは問題ないといえるでしょう。
 

「本人のみ」「家族のみ」の株主優待券を他人が使うとばれる?

もし「本人のみ」「家族のみ」の株主優待券を使うと、対象者であることがばれてしまう可能性があります。
 
阪急百貨店などを展開する「エイチ・ツー・オー・リテイリング株式会社」では、株主優待の注意点として「利用時に身分証明証の提示などにより本人確認する場合がある」との記載があります。ばれてしまった際の罰などについて記載はありませんが、場合によっては株主優待券をくれた友人にも迷惑がかかってしまう可能性もあるため、よく確認してから使用することをおすすめします。
 

株主優待券を転売するのはアウト?

次に、株主優待券を転売することについて考えていきます。
 
株主優待券に「有償譲渡は禁止する」と記載されているケースがある場合は、基本的にはできないと考えていいでしょう。また一部のアプリ・サイトでは株主優待券の出品を禁止しているケースもあるため、転売する際はよく確認しておく必要があるでしょう。
 
例として、東映株式会社では、株主優待制度について「営業に支障のない範囲でご利用になられることで当社の事業活動をよりご理解いただくことを目的としております。そのため株主優待券綴の金券ショップ、ネットオークション等の転売市場への有償譲渡は固くお断りいたします(一部抜粋)。」と記載されています。
 
あくまでも株主または家族、友人が利用することを目的として優待制度を設けているようです。なお、有償譲渡された株主優待券綴であることが判明した場合には入場を断られる場合もあるので注意が必要です。
 

株主優待券をもらうことは企業のルールにのっとる

株主優待券を友人にもらうことは、企業のルールで禁止されていない場合は問題ありません。
 
ただし「本人のみ」「家族まで使用可能」といったルールがある場合は、使用時に本人確認されてしまうケースもゼロではないため、使用しない方がいいでしょう。しかし問題がないとはいえ、基本的には企業やお店が定めたルールにのっとることが望ましいとされています。
 
頂いた株主優待のサービスは、特別な内容がほとんどなので、お得に利用することをおすすめします。
 

出典

エイチ・ツー・オー・リテイリング株式会社 株主優待 発送時期
東映株式会社 株主優待
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
ファイナンシャルプランナー

ライターさん募集