最終更新日:2019.03.27 公開日:2018.09.13
老後

老後破産の原因は40代にあり!? 老後の貧困を回避するために気を付けることとは

老後破産、老後貧困という言葉を色々なところで目にするようになりました。そうなりたくない・そうなったらどうしようと、漠然とした不安を抱えて家計の相談にいらっしゃる方が多くいます。
 
老後破産の原因はもちろん一つではありませんし、収入だけで決まるものではありません。ただ、老後破産・老後貧困になりやすいポイントはいくつかあります。今回はそのポイントについて考えてみます。

ポイント1:過剰な教育費を出してしまうこと

人生の三大費用は「住宅・教育・老後」だとよくいわれます。この中で唯一避けて通ることができないのが老後費用です。
誰でも老後を迎えますし、公的年金は現役世代にどんなに収入が多くとも、給付には一定の上限があるため、自助努力を避けて通ることはできないからです。そう考えると、残りの住宅資金や教育資金は、老後資金について考えてからバランスを取らなければいけないはずです。
 
とはいえ、こういった住宅や教育費用は、まだ若く老後が想像できない頃に決断が迫られるもの。ついついかけすぎてしまいがちなものです。
 
教育費には最大の投資をしたいという考えももちろんあると思います。それならそれで構いません。ですが、多くの方は生涯年収をそれほど大きく増やすことはできないので、当然ほかの支出をコントロールする必要があります。教育費の比重を高くしたいと思うのなら、生活のダウンサイズを行うなどして、老後に必要になるお金を最低限確保できるようにすることが必須になってきます。
 
>>老後にまとまったお金が必要!そんな時の解決策は?

ポイント2:自立しない子どもにお金をかけ続けること

子育て世帯のご相談に乗っていると、多くの場合、子供にお金がかかるのは「22歳」までだと認識していることが多いように思います。確かにストレートに4年生大学を卒業して就職すると22歳でひと段落することは間違いありませんが、22歳を過ぎればいきなり子供にお金がかからなくなるわけではありません。
 
高学歴で就職できない「高学歴ニート」などと呼ばれる状況も発生していますし、そうでなくとも就職してすぐ家を出て自立する子供ばかりではないはずです。
一昔前なら「パラサイト・シングル」などといわれていましたね。まだ若いうちはともかくとして、子が40代・50代になっても経済的に援助しているようだと、自分たちの老後への影響が心配されます。
 
もちろん何らかの理由から援助が必要な場合は、この限りではありませんが、子供も経済的に自立してもらうことが、最終的に自分たちの老後の自立につながるのかもしれません。

ポイント3:老後のための貯蓄を後回しにすること

先の述べた通り、老後のお金はイメージしにくい。だから対策しない。老後にお金に困りやすい原因は、それに尽きると思います。公的年金に疑問を抱きながら、それを当てにしているという矛盾も感じます。今の高齢者の世帯ですら公的年金では最低限の生活を賄えていない以上、私たちが老後を迎えるころはもっと自助努力の部分の負担が大きくなってくるはずです。
大多数を占める給与所得者は、定年を迎えると収入は著しく減ります。となると、現役世代を退くころに貯金のピークをもっていき、そこから生涯を終えるまで貯蓄を取り崩しながら生きていくようになります。
人生100年時代といわれる昨今、老後の自分のためのお金は他ならぬ今の自分が「仕送り」するほかありません。
 
子供の教育について考えながら、自分の親世代がリタイヤする40代は、老後のことを考える大事なタイミングです。もちろんいつからだって遅くはありませんが、「人生の三大支出」がおおよそ出そろう40代にこの先の人生を眺めて、比重が「今」によりすぎていないかを調整することで、人生100年時代をより充実して過ごせるのではないでしょうか。
 
 
Text:塚越 菜々子(つかごし ななこ)
CFP(R)認定者 1級ファイナンシャル・プランニング技能士
 
関連記事
■老後にまとまったお金が必要!そんな時の解決策は?
■70歳の大先輩は悠々自適な生活!60歳の先輩は苦労・・お金の整理をしないといけない50歳 
■60歳まで秒読みなのに、お金が貯まっていない! 年金は月々5万!どうやって生活するの?
■『貯蓄4000万円』がゆとりある老後生活の基準? 老後破産してしまう人の共通点
■ゆとりある老後生活を望むなら、貯蓄額4200万円?

塚越菜々子

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
お金の不安を賢く手放す!/働くママのお金の教養講座/『ママスマ・マネープログラム』主催
お金を貯める努力をするのではなく『お金が貯まる仕組み』づくりのサポート。保険や金融商品の販売を一切せず、働くママの家計に特化した相談業務を行っている。「お金だけを理由に、ママが自分の夢をあきらめることのない社会」の実現に向け、難しい知識ではなく、身近なお金のことをわかりやすく解説。税理士事務所出身の経験を活かし、ママ起業家の税務や経理についても支援している。
https://mamasuma.com



▲PAGETOP