最終更新日:2019.07.04 公開日:2018.11.21
年金

副業解禁、働き方の多様化で老後資金準備!ただし、『確定拠出年金』と『小規模企業共済』の併用はできる??

「働き方改革」が推進される中、副業禁止だった会社もOKとなり、今までフリーランスで働いていた優秀な人材を「社員」として雇用するケースもあるようです。
 
そこで気になるのが所得税の控除対象になる制度の併用。
 
フリーランスの人たちは自分のお財布にはとても敏感ですから、節税効果のある制度には積極的にアンテナを張っています。
 
そのため、今までにはなかった角度でのお問い合わせも増えております。
 
寺門美和子

執筆者:

執筆者:寺門美和子(てらかど みわこ)

ファイナンシャルプランナー、相続診断士

公的保険アドバイザー/確定拠出年金相談ねっと認定FP
岡野あつこ師事®上級プロ夫婦問題カウンセラー
大手流通業界系のファッションビジネスを12年経験。ビジネスの面白さを体感するが、結婚を機に退職。その後夫の仕事(整体)で、主にマネージメント・経営等、裏方を担当。マスコミでも話題となり、忙しい日々過ごす。しかし、20年後に離婚。長い間従事した「からだ系ビジネス」では資格を有しておらず『資格の大切さ』を実感し『人生のやり直し』を決意。自らの経験を活かした夫婦問題カウンセラーの資格を目指す中「離婚後の女性が自立する難しさ」を目のあたりにする。また自らの財産分与の運用の未熟さの反省もあり研究する中に、FPの仕事と出会う。『からだと心とお金』の幸せは三つ巴。からだと心の癒しや健康法は巷に情報が充実し身近なのに、なぜお金や資産の事はこんなに解りづらいのだろう?特に女性には敷居が高い現実。「もっとやさしく、わかりやすくお金や資産の提案がしたい」という想いから、FPの資格を取得。第二の成人式、40歳を迎えたことを機に女性が資産運用について学び直す提案業務を行っている。
※確定拠出年金相談ねっと https://wiselife.biz/fp/mterakado/
女性のための電話相談『ボイスマルシェ』   https://www.voicemarche.jp/advisers/781 

詳細はこちら
寺門美和子

執筆者:

執筆者:寺門美和子(てらかど みわこ)

ファイナンシャルプランナー、相続診断士

公的保険アドバイザー/確定拠出年金相談ねっと認定FP
岡野あつこ師事®上級プロ夫婦問題カウンセラー
大手流通業界系のファッションビジネスを12年経験。ビジネスの面白さを体感するが、結婚を機に退職。その後夫の仕事(整体)で、主にマネージメント・経営等、裏方を担当。マスコミでも話題となり、忙しい日々過ごす。しかし、20年後に離婚。長い間従事した「からだ系ビジネス」では資格を有しておらず『資格の大切さ』を実感し『人生のやり直し』を決意。自らの経験を活かした夫婦問題カウンセラーの資格を目指す中「離婚後の女性が自立する難しさ」を目のあたりにする。また自らの財産分与の運用の未熟さの反省もあり研究する中に、FPの仕事と出会う。『からだと心とお金』の幸せは三つ巴。からだと心の癒しや健康法は巷に情報が充実し身近なのに、なぜお金や資産の事はこんなに解りづらいのだろう?特に女性には敷居が高い現実。「もっとやさしく、わかりやすくお金や資産の提案がしたい」という想いから、FPの資格を取得。第二の成人式、40歳を迎えたことを機に女性が資産運用について学び直す提案業務を行っている。
※確定拠出年金相談ねっと https://wiselife.biz/fp/mterakado/
女性のための電話相談『ボイスマルシェ』   https://www.voicemarche.jp/advisers/781 

詳細はこちら

小規模企業共済とは

『小規模企業共済』という制度はご存知ですか!?  
 
国の機関である中小機構が運営する積み立てによる退職金制度のことです。
 
対象者は、小規模企業の経営者・役員・個人事業主などのためのものであり、2017年3月現在で全国133万人が加入しています。
 
この制度の歴史は長く、昭和40年から開始されました。
 
設立の趣旨は、小規模企業の経営者や個人事業主が廃業や退職の際に、その後の生活を安定させたり、再建させたりするための安心材のひとつです。
 
また、小規模企業経営者や個人事業主は、一般企業の会社員に比べて、社会保険や労働保険など各種制度の恩恵が少ないので、保障の不備を補充する機能があります。
 
そんな『小規模企業共済』にはお得なメリットが3つあるのです。
 
(1)掛金は「全額所得控除」
 
特に個人事業主にとっては節税効果が高いありがたい制度です。
 
掛金は1,000~70,000円まで。500円単位で自由に設定ができます。加入後の増減もOK。
 
(2)受取時の税制優遇
 
将来、退職・廃業に受取る際は「一括」「分割」「併用」(一括と分割の併用)が選択できます。
 
「一括」で受取ると退職所得の取り扱いに、「分割」で受取る場合は公的年金の雑所得となるので、税制メリットのおまけも。
 
ここまでは、確定拠出年金に似ていますね。
 
(3)低金利の貸付制度
 
確定拠出年金と大きく違う所は「低金利の貸付制度を利用できる」ところでしょう。
 
小規模企業共済には基本満期はありません。
 
退職時または廃業時に支払われるものですが、事業を運営している中でどうしてもお金が必要な時期というのがあるものです。
 
そのような時、下記の7種類の貸し付けをしてくれます。
 
即日貸し付けも可能。銀行の金利に比べたら大幅に低く、日本政策金融公庫での借り入れは審査が面倒ですから、それらを考えるといざという時の強い味方だと思います。
 

 

小規模企業共済は増えるのか?

低金利時代の今、貯金をしてもちっとも増えない通帳をみても楽しくないですね。
 
かと言って「投資をするのは怖い」という方もまだまだ沢山いらっしゃいます。
 
そんな方がまず一歩踏み出すのにも『小規模企業共済』は良い制度だと思います。
 
ただし注意が必要です。
 
・小規模企業共済は加入後6ケ月未満ですと元本割れが発生
・3年未満だと掛金と同額の払戻金
・3年以上では1.5%の利息がつく(2018年10月現在)
 
「石の上にも3年」ですから、個人事業主として志高く開業をしたのなら、3年は頑張る方が多いでしょう。
 
現在の預金に比べると随分と利率が良いのではないでしょうか。
 

確定拠出年金企業型・個人型(iDeCo)との併用

個人事業主の方にとって心配の種のひとつに、年金問題があるかと思います。
 
会社員の方には厚生年金はあるが、個人事業主にはない。
 
その補充として『小規模企業共済』がありますが、終身保障の厚生年金に比べると弱い。これが「長生きリスク」といわれるものでしょう。
 
その補充として注目を浴びているのが「確定拠出年金」です。
 
会社員の副業がOKになってきたのに並行して、優秀な個人事業主を社員契約する企業もあるようです。
 
もし、それまでに個人事業主として小規模企業共済に加入していた場合はどうなるのでしょうか? 答えは、そのまま継続できます。
 
個人事業主として廃業届を出すまでは小規模企業共済も併用できますのでご安心ください。
 
それに加えて、会社で確定拠出年金の企業型に加入できる場合はそちらへ加入する事もできますし、もちろん、個人型iDeCoへの加入も可能です。
 
併用することで、老後資金も潤沢になりますね。
 

各制度の特徴を活かして賢く増やす

時は既に「お金に働いてもらう」時代となってきました。
 
平成初期までは貯金でも6%位の利息がついていたのですが、今の時代では叶わぬ夢に。
 
個人のライフイベントに応じて、各制度に加入し、節税と資産運用とを賢く掛け合わせて資産を増やす工夫が必要です。
 
老後資金としては、確定拠出年金での運用が「節税・利回り」共に魅力ですが、老後まで引き出すことができません。
 
マイホーム・子供の教育資金・車や旅行などの目的がある人には「つみたてNISA」が魅力的でしょう。
 
また、個人事業主の方はいざという時に融資も受けられる小規模企業共済へ分散することで、投資の解約リスクが回避できます。
 
もうすぐ今年も終わります。
 
来年は年号も変わりますから、短期の予定だけではなく、人生の中長期計画もしっかり立てて、それに合わせた資産運用計画を固めてみてください。
 
Text:寺門 美和子(てらかど みわこ)
ファイナンシャルプランナー
 
関連記事
■銀行から事業融資が受けられない…急遽、資金繰りを乗り越える方法
■理解していないと自宅、事業を失う? 不動産担保ローンのメリットデメリット
■副業解禁、働き方の多様化で老後資金準備!ただし、『確定拠出年金』と『小規模企業共済』の併用はできる??
■高額な先進医療に対する融資や減免の制度があるのはご存知ですか?
■個人事業主は住宅ローンを借りにくい?審査で苦戦するケースとは

商品比較
商品比較


▲PAGETOP