最終更新日: 2020.10.16 公開日: 2020.10.18
年金

将来、私が受給できる〈年金〉はいくら?  ねんきんネットを活用方法を紹介

執筆者 : 柘植輝

自身の年金の状況を手軽に知ることができる「ねんきんネット」をご存じですか? ねんきんネットは今若い世代や年金の受給が近づいた世代を中心に話題を集めているサービスです。
 
今回は今話題のねんきんネットについてご紹介します。
 
柘植輝

執筆者:

執筆者:柘植輝(つげ ひかる)

行政書士

2級ファイナンシャルプランナー
大学在学中から行政書士、2級FP技能士、宅建士の資格を活かして活動を始める。
現在では行政書士・ファイナンシャルプランナーとして活躍する傍ら、フリーライターとして精力的に活動中。
広範な知識をもとに市民法務から企業法務まで幅広く手掛ける。

詳細はこちら
柘植輝

執筆者:

執筆者:柘植輝(つげ ひかる)

行政書士

2級ファイナンシャルプランナー
大学在学中から行政書士、2級FP技能士、宅建士の資格を活かして活動を始める。
現在では行政書士・ファイナンシャルプランナーとして活躍する傍ら、フリーライターとして精力的に活動中。
広範な知識をもとに市民法務から企業法務まで幅広く手掛ける。

詳細はこちら

 

ねんきんネットとは?

ねんきんネットとは、ねんきん加入者がインターネットを通じて自身の年金に関する情報を確認することができるサービスです。インターネットに接続できる環境があれば、24時間いつでもお手持ちのスマートフォンやパソコンなどから利用することができます。
 
利用料金は無料であり、利用者に費用の負担は発生しません。
 

ねんきんネットでできることは?

ねんきんネットを利用することで、いつでもどこでも年金の状況について確認できるようになります。毎月の支払い状況の確認はもちろん、年金についてのお知らせや将来受け取れる年金の見込み額なども確認することができるようになります。具体的には次のような事項について確認することができます。
 
・自身の年金記録の確認
・将来の年金見込み額の確認
・電子版の「ねんきん定期便」の閲覧
・年金を受給中の場合における年金振込通知の確認
・その他日本年金機構から送られてくる各種通知の確認など

 

ねんきんネットの利用には登録が必要

ねんきんネットを利用するには登録ページ(※)より登録をしなければなりません。登録に必要なものは基礎年金番号と任意のメールアドレスです。基礎年金番号は年金手帳や年金証書などに記載されています。メールアドレスについては特に指定はなく、普段お使いのアドレスで登録できます。
 
なお、登録に際してはアクセスキーがあると便利です。アクセスキーは原則全ての年金加入者に割り当てられている17桁の番号です。アクセスキーは毎年誕生日の月に送られてくるねんきん定期便を見ることで確認することができます。
 
万が一アクセスキーが不明という場合でも、ねんきんネットの登録ページから再発行ができるようになっているのでご安心ください。ただ、再発行したアクセスキーの通知は郵送にて行われます。申し込みから5営業日程度で郵送されることになっており、すぐに手元にアクセスキーが届くわけではないことに注意してください。
 

ねんきんネットを利用する上で注意事項はありますか?

ねんきんネットを利用できるのは昭和61年4月以前に年金受給権が発生していない方です。それ以降に受給権が発生した方であれば誰でも登録の上、ねんきんネットを利用することができます。
 
パスワードの管理についても気を付けるようにしてください。パスワードが他人に知られてしまうと不正利用をされてしまう可能性があります。また、パスワードを忘れてしまうと再度パスワードを設定しなければならなくなります。
 
なお、ねんきんネットでは年金手帳の再発行や住所氏名の変更といった手続きはできないことも覚えておいてください。
 

ねんきんネットは年金を身近にする便利なシステムです

ねんきんネットは年金に関する情報をいつでもどこでも確認できる便利なツールです。ねんきんネットに登録することで、今まで遠いものに感じた年金がより一層理解でき、身近に感じられるようになります。
 
まだねんきんネットを利用したことがないという方はぜひ一度登録してみてください。
 
出典
日本年金機構 ねんきんネットとは?
(※)日本年金機構 ねんきんネットの利用を始める(ご利用登録)
 
執筆者:柘植輝
行政書士
2級ファイナンシャルプランナー
 

関連記事

読み流していませんか?ねんきん定期便で見ておいたほうがいいこと
【FP解説】年金の「知らないと損!」 「ねんきんネット」で記録を早めにチェックしておいた方がいい理由って?
あるかもしれない年金の記録漏れ! 年金記録の確認方法と対処要領を解説



▲PAGETOP