最終更新日:2019.02.20 公開日:2018.02.19
資産運用

金(ゴールド)の相場は10年前の3倍に。今から投資するのは遅すぎ?

金に投資する~実物資産に投資する

「お宅に使っていない金のアクセサリーはありませんか?」こういった電話を受けたことはありませんか?私も、断捨離の為に訪れたブランド品買い取りのお店で、同様の質問を受けたことがあります。
 
金の価格が上昇したので、金のアクセサリーを売った人は、思いがけない収入になったようです。このように金の価格は変動します。
 
10年前の3倍になったと聞くと、運用の対象にするには高くなりすぎて買えない、もしくは高値を付けているので今買っても、値下がって損してしまう、と考えてしまうかもしれません。
 

金の価格推移
出典:田中貴金属工業株式会社ホームページ
http://gold.tanaka.co.jp/commodity/souba/y-gold.php

 
さらに、金に投資する場合、どれくらいの金額が必要なのか気になると思います。
 
まず、金地金。金地金というのは、金ピカの延べ棒で刻印が入っているものと言えば、想像していただけると思います。純度は99.9%で、5g~1kg大きさもいろいろあります。
 
馴染みのあるのは金貨でしょうか。メイプルリーフ金貨など、デザインも綺麗なので、何かの記念に購入して大切にしている方もいらっしゃると思います。1(31.1035g)・1/2・1/4・1/10オンスの4種類があります。
 
1g当たり約4600円で計算してみると、小さいサイズなら、購入できる金額です。参考までに、2005年は1g当たり約1600円でした。
 

今どきの金投資の始め方

金(ゴールド)が欲しい~という方には、先のような金地金や金貨といった商品がありますが、投資商品として金を考えるなら、純金積み立てがお勧めです。
 
「コツコツ毎月決まった金額で買って、積み立てる」という手法は、投資の対象が価格変動する商品の場合、全てにお勧め出来るやり方なのです。これを「ドルコスト平均法」と呼びますが、こちらについては、別タイトルで詳しく説明します。この純金積み立ては、毎月3000円から始められます。また「買い時」にはスポット買い付けもできます。
 
銀行引落にしておけば、手間いらずで続けられるというのもメリットです。コツコツ投資の良いところは、買うタイミングを悩まなくて済むところです。
 
遅すぎることは決してありませんので、気になったら、始めてみてください。純金を手元に置いていたことで、紛失してしまったり盗難にあうといった心配もありません。

\ この記事を共有しよう!/

宮﨑真紀子

ファイナンシャルプランナーCFP(R)認定者
大阪府出身。同志社大学経済学部卒業後、5年間繊維メーカーに勤務。その後、派遣社員として数社の金融機関を経てFPとして独立。大きな心配事はもちろん、ちょっとした不安でも「お金」に関することは相談しづらい…。そんな時気軽に相談できる存在でありたい~というポリシーのもと、個別相談・セミナー講師・執筆活動を展開中。新聞・テレビ等のメディアにもフィールドを広げている。ライフプランに応じた家計のスリム化・健全化を通じて、夢を形にするお手伝いを目指しています。



▲PAGETOP