最終更新日:2019.01.10 公開日:2018.06.24
資産運用

投資をこれから始める「投資初心者必見」の3つの掟

「投資を始めたいのですが、どうすればいいですか?」と聞かれることが多くあります。
 
一言に「投資」といっても、いろいろな手法がありますし、その方の目的や目標とする金額、年数などを総合的に考える必要があります。なので、一概にコレが良い!とは断言できません。
 
しかし、投資を始める時に知っておくといいことがいくつかあります。投資初心者の方のために、主な3つをご紹介します。
 

1.投資の敷居は全然高くない。

相談を受ける際に私はこう聞きます。
 
「投資はどれくらいの金額からできると思いますか?」
 
お客さまによっては、「100万円」、「1万円」、「500円」‥さまざまな答えがあります。実は「投資」というと「お金持ちがやること」や「敷居が高い」イメージがありますが、実はそんなことはありません。
 
「100円」から始めることができるのです。100円ショップでの買い物と同じくらい、気軽に誰でもできることです。
 
もちろん、100円ですと運用収益はほとんど期待できませんが、100円からでも始めてみることはファーストステップとしては上出来ですし、一歩踏み出すことで、将来へ必ず繋がっていきます。
 

2.バイブル本となる本を購入する。

「投資を始めたい」と思ったら、ネットで情報を収集するのも一つですが、書店等で「バイブル」となる本を買ってみるといいでしょう。
 
最近、筆者が読んだ「世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめました」(投資ブロガーNightWalker著)は、これから投資を始めたい方にオススメの一冊です。
 
NightWalker氏が実践しているのはインデックスファンドに投資する、「インデックス投資」です。
 
この本には、著者のNightWalker氏の実体験や考え方が書かれています。授業料は1500円程度、それで一生モノの知識を得ることができます。
 

3.習うより慣れろ。

バイブルとなる本を購入したら、まず一通り読んでみます。読み終わった後、実際にそこに書いてあることをマネして、実践してみるといいでしょう。本の著者は実際に投資で成果を上げていらっしゃる方ですので、モデルとして理想的です。
 
余談ですが、筆者はモーニング草野球プレイヤーです。打撃があまり得意ではなく、いくらYouTubeでプロ野球選手の打撃フォームを見て研究しても、ヒットを打てるようにはなりません。
 
ヒットを打てるようになるには、数多く打席に立ち、実際の投手が投げる生きた球を打たないと打てるようにはなりません。
 
やはり、実践経験に勝るものはありません。まずはバイブル本の通りに実践してみる。「習うより慣れろ」です。
 

「経済成長の源泉は人間の欲」、欲がある限り経済は成長する。

「新しい車がほしい」、「新しいスマホがほしい」、「どこかに行きたい」、「マイホーム」‥と人間は常に豊かな生活を求めます。
 
当然世の中の会社もそれに答えようと、次々と新しいモノを世に送り出します。そこには、お金の流れが発生します。
 
これを繰り返していくのが人間の経済活動です。
 
人間が豊かな生活を求め、欲望を持ち続ける限りお金の流れは途切れません。もちろん、点で見れば経済が上向いたり、下向いたりします。その動きは誰にも分かりません。
 
しかし、お金の流れが続く限り、経済は成長していくのだと思います。お金に対して、ネガティブに考えるよりも、ポジティブに考える。私はそれが大切だと考えています。
 
現在、金融庁を始め、国全体で「貯蓄から投資へ」の流れが加速しています。投資は100円から、誰でも始めることができます。
 
この記事をご覧になった方は、まず口座を開設し、ファーストステップを踏んでみてください。皆さんの投資ライフに幸多からんことをお祈りします!
 
Text:大場 脩(おおば しゅう)
山形をベースに全国で活動するファイナンシャルプランナー。

大場脩

執筆者:大場脩(おおば しゅう)

ファイナンシャルプランナー。

山形をベースに全国で活動する。
本人が地方在住、そして独身のため、独身向けのマネープラン、地方ならではのマネープラン実情に精通している。
得意分野は、専門用語を使わないお金の話、資産運用、確定拠出年金、保険の見直し、地方在住者の教育資金など身近なお金に関わること全般。
お金のことは前向きにシンプルに考えることがモットー。
ブログはほぼ毎日更新、専門用語を使わないわかりやすい説明を心がけている。
地元山形の金融リテラシー向上のために日々奔走中。
https://fp-syu.com/

商品比較
商品比較


▲PAGETOP