更新日: 2019.01.10 資産運用

「新たな仮想通貨の情報収集方法とは? 」 ~仮想通貨を学ぶには正しい情報を収集することが第一歩~

「新たな仮想通貨の情報収集方法とは? 」 ~仮想通貨を学ぶには正しい情報を収集することが第一歩~
資産運用の1つとして仮想通貨は気になるものの、過去の悪いニュースがどうも脳裏をよぎってしまう方が多いのではないでしょうか。
 
仮想通貨の良し悪しを判断するためには、仮想通貨の仕組みやテクノロジーについて正しい情報を集めることが第一歩です。
 
これまで仮想通貨に関する情報を得るには、セミナー、インターネット検索、YouTube、そして書籍が主な情報源でした。
 
しかし、これらの情報収集にはそれぞれ一長一短があります。
 
 

Text:

Text:佐藤美輪 (さとう みわ)

2級ファイナンシャル・プランニング技能士

会計事務所勤務を経て、中小企業のFP分析を行う企業に勤務。
一般の家計にも投資を取り入れる投資コーチとして活動中。
特に、今後、無視できない金融商品となる仮想通貨への安全な投資を広めるために、仮想通貨のファンダメンタルズ分析の実現に向けて研究しています。

執筆者:

Text:佐藤美輪 (さとう みわ)

2級ファイナンシャル・プランニング技能士

会計事務所勤務を経て、中小企業のFP分析を行う企業に勤務。
一般の家計にも投資を取り入れる投資コーチとして活動中。
特に、今後、無視できない金融商品となる仮想通貨への安全な投資を広めるために、仮想通貨のファンダメンタルズ分析の実現に向けて研究しています。

セミナーからの情報収集について

まず、セミナーを受講する前には、仮想通貨に関する正しい知識を身に付けておくことが必須と言えます。
 
なぜなら、仮想通貨はクレジットカードや電子マネーとは、全く別のテクノロジーだからです。
 
つまり、仮想通貨は、フィンテックと呼ばれる現代の金融システムやそれを発展させたIT技術の集合体なのです。
 
セミナーでは専門用語やIT用語を多用した説明が多く、仮想通貨の基礎的な知識を身に付けておかなければ、説明される内容を正確には理解できません。
 
また、基礎的な知識がないと不正確な情報や詐欺のような取引などを見抜けなくなることもあります。
 

インターネット検索やYouTubeからの情報収集について

インターネットやYouTubeでは、仮想通貨に関する情報がトレンドである場合が多いですが、発信された内容の真偽を判断することが難しかったり、セミナー同様に仮想通貨の専門用語やIT用語が多用されているため、理解が難しかったりする側面があります。
 
情報の真偽を判断する際に大事なことは、そのサイトが「定期的に更新されているか? 」「他のサイトと比較し掲載されている情報が正確であるか? 」などです。
 
その他、インターネットへアクセスした際に、信用できるサイトであるかの判断材料として、URLの左側に「鍵」マークが付いていることも、大事な要素です。
 
この「鍵」マークが付いているサイトは、セキュリティが施されているため、信用できるサイトであると判断できます。
 
なぜなら、「鍵」マークが付いているということは、データ通信が暗号化されており、第三者からの不正アクセスによる情報の流出を防ぎ、偽サイトへの誘導を抑止していることを意味しているからです。
 

書籍からの情報収集について

書籍に書かれている内容は正確であり信頼できるものですが、原稿の作成から販売までに時間が経過しているため、内容が少し古い場合があります。
 
しかし、時間の経過が影響しにくい普遍的な技術に関する書籍であれば、信頼できるものと判断してよいかと思います。
 

これからの情報収集について

情報を集める新たな方法として、今年11月から衛星放送で始まった仮想通貨の情報番組があります。
 
番組が進行する際の会話や説明には、仮想通貨の専門用語やIT用語が出てきますが、視聴者が理解しやすい番組構成になっています。 
 
仮想通貨について正しい知識を身に付けたい方や、仮想通貨の現在の実態・今後の動きなどの最新情報を得たい方には、ひとつの選択肢となりそうです。
 
Text:佐藤 美輪 (さとう みわ)
2級ファイナンシャル・プランニング技能士
 

auじぶん銀行