更新日: 2023.08.03 銀行カードローン

バンクイックの金利は低い? 利息の計算方法や抑え方の方法もご紹介

[PR]
バンクイックの金利は低い? 利息の計算方法や抑え方の方法もご紹介 [PR]
バンクイックは三菱UFJ銀行のカードローンサービス。銀行系カードローンですが、最短翌日から借り入れることができます。
 
今回この記事では、バンクイックとはどのようなサービスなのか、申込条件やバンクイックの金利などを詳しく解説します。利息の計算方法なども紹介しますので、少しでも金利が低いカードローンを探している方は、ぜひ参考にしてみてください。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店
最短当日 -
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

バンクイックとは

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は、少しお金が足りないときや、まとまった資金が必要なときにとても便利なサービス。
 
三菱UFJ銀行の口座がなくても申し込みができ、入会金・年会費は無料です。
 
まず、この見出しでは、バンクイックの概要と申込条件について詳しく解説します。これから申し込みを検討している方は、必ず確認しておきましょう。

 

バンクイックの概要

まず、バンクイックの概要について見ていきましょう。
 

●金利:年1.8%~年14.6%
 
●利用限度額:10万円~500万円

 
審査結果のご連絡は平日9:00~21:00、土日祝日は9:00~17:00です。パソコン、スマートフォン、アプリからの申し込みは24時間・365日受け付けていますが、審査結果の回答は申込日の最短即日です。
 
急ぎでお金を借りたい場合は、タイミングに気を付けてください。

 

バンクイックの申込条件

バンクイックの申込条件は、以下をご確認ください。
 

●年齢が満20歳以上65歳未満
●日本国内に居住する個人のお客様
●原則安定した収入があること
●保証会社(アコム(株))の保証を受けられるお客様

 
外国人の場合は、永住許可を受けている方が対象となります。条件に当てはまらないと申し込みを断られるため、必ず事前に確認しておきましょう。

 

バンクイックの金利

バンクイックの利用限度額ごとの金利は、以下を参考にしてください。
 

ご利用限度額 お借入利率
500万円以下 400万円超 年1.8%~年6.1%
400万円以下 300万円超 年6.1% ~年7.6%
300万円以下 200万円超 年7.6% ~年10.6%
200万円以下 100万円超 年10.6% ~年13.6%
100万円以下 10万円以上 年13.6% ~年14.6%

 
この見出しでは、バンクイックの金利と、他社銀行カードローンや消費者金融の金利の比較を紹介します。

 

金利は借入限度額ごとに金利が異なる

バンクイックは借入限度額ごとに金利が異なるため、契約時の限度額がいくらかによって大きく変わってきます。
 
10万円以上100万円以下の方は年13.6% ~年14.6%であるのに対して、400万円以上500万円以下の方は年1.8%~年6.1%です。
 
また、利率は金融情勢等により随時変動するため、最新の借入利率が知りたい方は商品専用の第二リテールアカウント支店か窓口で確認しましょう。

 

他社銀行カードローンと消費者金融と金利比較

バンクイックと他社銀行系カードローンや消費者金融では、金利はどのように異なるのでしょうか。以下の表を見てみましょう。
 

会社名 金利
バンクイック 年1.8%~年14.6%
楽天銀行スーパーローン 年1.9%~年14.5%
みずほ銀行カードローン 年2.0%~年14.0%
アイフル 年3.0%~年18.0%
レイク 年4.5%~年18.0%

 
バンクイックの最低金利は年1.8%と、ここで挙げた金利のなかでは一番低いことがわかりました。このことから、まとまった資金を調達したい場合は、バンクイックがお得です。

 

利息の計算方法

バンクイックの利息は、借入日翌日から発生して、付利単位を1円として365日計算で算出されます。
 
仮にバンクイックで10万円を30日間借り入れた場合、適用金利が年14.6%で計算すると、計算式は以下のように表されます。
 
●10万円×14.6%÷365×30=1200円
 
この見出しでは、利息を抑える方法やバンクイックの返済シミュレーションについて紹介します。カードローンを利用するにあたり、金利計算はとても重要となるため、しっかりチェックしていきましょう。

 

返済シミュレーション

バンクイックでは、公式サイトで「ご返済額シミュレーション」と、「ご返済期間シミュレーション」の2通りのシミュレーションができます。借入期間が長くなれば、それだけ計算も複雑になるため、自分で利息計算するのは面倒ですよね。
 
シミュレーションを使えば、お借入金額・予定返済期間(毎月の返済額)・金利を入力するだけで、簡単に返済額や返済期間がわかります。
 
ぜひ、積極的に活用して、ご自分の返済計画に役立ててください。

 

利息を抑える方法は?

バンクイックの利息を少しでも抑えたいという方は、随時返済を積極的に利用しましょう。ATM利用手数料・時間外利用手数料が無料なので、毎月何回振り込みしても手数料はかかりません。
 
また、三菱UFJダイレクト(インターネットバンキング)を利用して振込返済する方法もあります。ご自分の都合のよい方法を選んで、返済はしっかりと行いましょう。

 

バンクイックの申込方法

バンクイックの申込方法は、大きく分けてWEB申込・電話申込の2種類があります。それぞれの申込方法によって、申込可能時間などが異なるため、しっかりと特徴を押さえておきましょう。
 
この見出しでは、それぞれの申込方法の特徴について紹介します。

 

申込方法の種類

バンクイックの申込方法は、大きく分けて2種類あります。それぞれ受付時間が異なるため、下記を参考にしてください。
 

パソコン、スマートフォン、アプリ 24時間365日受付
電話 平日9:00~21:00
土日祝日:10:00~17:00

 
パソコン・スマホ・アプリを使った申し込みは、24時間365日受け付けています。また、申し込みまではWEB完結なので、仕事で忙しい方などに特におすすめです。

 

バンクイックのメリット・デメリット

三菱UFJ銀行のバンクイックにはメリットがたくさんありますが、デメリットがまったくないわけではありません。それぞれのメリット・デメリットを知っておくことで、より自分に合った使い方ができるでしょう。
 
バンクイックの申し込みを検討している方は、ぜひ両方ともしっかりとチェックしておいてください。

 

メリット

バンクイックのメリットは、主に以下の2つがあります。
 

1.三菱UFJ銀行ATM、提携コンビニATM手数料が無料
 
2.返済日を自分の都合で指定できる

 
バンクイックは、三菱UFJ銀行ATMやセブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATMで利用できますが、ATM利用手数料・時間外利用手数料すべて無料です。
 
そして、返済日は「35日ごとにご返済」か「毎月ご指定日にご返済」の2つから選べます。35日以内に都合のよい日を決めて入金しても大丈夫ですし、ご希望の返済日を指定してのご返済も可能。
 
自分に合った使い方ができるのが魅力です。

 

デメリット

バンクイックのデメリットは、無利息期間がないことです。借入日翌日から利息が発生するため、他社で設定されている無利息期間内に全額返済できる方にとっては、利息がかかる分損になるでしょう。
 
しかし、バンクイックは決して金利が高いというわけではないため、長期間利用することを考えればバンクイックのほうがお得です。
 
無利息期間があったほうがよいかは、自分の使い方に合わせて決めるとよいでしょう。

 

バンクイックに向いている人

バンクイックが向いている人は、主に以下で挙げる人です。
 

●借り換えをしようと思っている人
 
●まとまった資金の借り入れを検討している人
 
●金利が安いカードローンを探している人
 
●24時間365日申し込みできるカードローンを探している人

 
バンクイックの金利は年1.8%~年14.6%で、ご利用限度額に応じて金利が変わります。借り換えしたり、まとまった資金を借り入れたりすると、金利が低くなる可能性があるため、低金利でお金を借りたい方におすすめです。

 

バンクイックの最低金利は低い! まとまった資金が必要な方は借り入れを検討しよう

バンクイックは銀行系カードローンで、利息が年1.8%~年14.6%とほかのカードローン会社と比べると最低金利が低いという特徴があります。まとまった資金が必要な方などにおすすめです。
 
また、お金の借り入れ・返済にATMを利用する方は、利用手数料・時間外手数料も無料なのがとても便利です。
 
三菱UFJ銀行のカードローンということもあって、安心して利用できるのもうれしいポイント。カードローン会社を探している方は、ぜひ今回の記事を参考にしてバンクイックを検討してみてください。

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 

公式サイトで申し込み

【PR】みずほ銀行カードローン

mizuho

おすすめポイント

・<金利年2.0%~14.0%
・ご利用限度額は10万円から最大800万円
・さらに入会金・年会費は無料!24時間、WEB申込受付中!

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 年2.0%~14.0%※1 最短当日
融資まで 来店
最短当日 -
※1 住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
■アイフル
※商号:アイフル株式会社
※登録番号:近畿財務局長(14)第00218号
※貸付利率:3.0%~18.0%(実質年率)
※遅延損害金:20.0%(実質年率)
※契約限度額または貸付金額:800万円以内(要審査)
※返済方式:借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
※返済期間・回数:借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)
※担保・連帯保証人:不要
■アコム
※ファイナンシャルフィールドでは、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運用しております。
■dスマホローン
※1 優遇適用後金利 0.9%~17.9%(実質年率)/基準金利 3.9%~17.9%(実質年率) ドコモ回線などのご利用状況に応じて、最大年率3.0%の金利優遇が適用。適用条件はdスマホローン公式サイトでご確認ください。