楽天銀行スーパーローン

スマホで申し込み完了!コンビニでのATM手数料0円!

スマホで申し込みが完了するため、わずらわしい申込書類への記入は不要!お近くのほとんどのコンビニエンスストアで利用可能。※一部利用できない時間帯・利用手数料が発生するATMもございます。

  • パート
    OK
  • アルバイト
    OK
  • 主婦
    OK
  • 学生
    OK
  • コンビニ
  • 銀行
実質年率 1.9%~14.5% 審査スピード 最短翌日
融資まで 最短翌日 来店 不要
収入証明書 最高限度額 800万円

スマホで申し込み完了!コンビニでのATM手数料0円!

スマホで申し込みが完了するため、わずらわしい申込書類への記入は不要!お近くのほとんどのコンビニエンスストアで利用可能。※一部利用できない時間帯・利用手数料が発生するATMもございます。

お申し込みはこちら

カードローンの審査基準は各社で異なっており、さらには審査に落ちた理由を教えてくれることはありません。

だからこそ、審査に通るためには申し込んだカードローン会社の審査の特徴をあらかじめ把握しておくことが大切です。

今回は楽天銀行スーパーローンを申し込む際の、審査に通過するポイントなどについて解説します。

楽天銀行スーパーローンのメリット・デメリットを解説

まず、楽天銀行スーパーローンに申し込むにあたり、楽天銀行スーパーローンのメリットおよびデメリットについて確認しておきましょう。

メリット

楽天銀行ならではの楽天ユーザー向けのサービスが充実しているところが最大のメリットです。

入会するだけで楽天ポイントが1,000ポイントもらえることや、楽天銀行の口座を使うことで手数料が無料となるサービスなどが用意されています。

デメリット

楽天銀行スーパーローンは銀行系のカードローンです。

したがって即日融資には対応していないところがデメリットです。他には受付がインターネットのみであることや、借入が1万円以上で1,000円単位となっていることから、1万円以下の少額の借入に対応していないこともデメリットといえるでしょう。

FPから見たポイント

楽天銀行は実店舗を持たないネット銀行であることから、対面での申し込み等には対応していません。楽天銀行の口座を持っている人や楽天ユーザー以外の方にとっては、魅力が少ないと感じるかもしれません。

楽天銀行スーパーローンに向いている人・向いていない人

では、楽天銀行スーパーローンはどんな人に向いており、逆に向いていない人とはどんな人なのでしょうか。

向いている人はこんな人

・楽天ユーザーの方
・楽天銀行に口座がある方
・ポイントやキャンペーンでお得にカードローンを使いたい方

向いていない人はこんな人

・即日融資を希望する方
・他人に知られずにカードローンを利用したい方

FPから見たポイント

コンビニATMを利用する際の手数料が無料であることは魅力といえます。

楽天銀行スーパーローンの申し込みに必要な書類

カードローンの審査の際には、さまざまな書類が必要となります。楽天銀行スーパーローンの審査において必要な書類は以下のとおりです。

・本人確認書類:運転免許証、健康保険証、パスポート、外国人登録証
・収入証明書類:市県民税特別徴収税額通知書、最新の課税および所得証明書、直近3ヶ月以内に発行された給与明細(1ヶ月分)、確定申告書

注意点

インターネットでの申し込みであることから、必要書類の提出もアプリを利用するので、インターネットに慣れていない人には少しハードルが高いかもしれません。

どうしても難しい場合は必要書類の提出については郵送で対応してくれます。しかしその分審査には時間がかかってしまうことを忘れないようにしてください。

FPから見たポイント

審査に必要な書類については、何が必要なのかを事前にきちんと把握し、準備しておくことが審査をスムーズに進めるポイントとなります。また、在籍確認については審査においては避けては通れないところです。

在籍確認前の事前電話はありませんし、会社に直接かかってくることから、不安も多いと思いますが、職場の周りの人に「クレジットカードを申し込んだから電話がかかってくるかもしれない」などを伝えておくと良いでしょう。

楽天銀行スーパーローンに申し込む方法

楽天銀行スーパーローンに申し込む方法は、「インターネット」のみです。流れについては以下を参照にしてください。

楽天カードローンご入会までの流れ
公式サイトより抜粋

注意点

審査内容によっては、必要となる書類が違ってきます。審査を少しでも早く終わらせたいと思うのであれば、上記に記載した必要書類については事前に用意しておくことをおすすめします。

FPから見たポイント

カードローンの審査においては、信用情報機関への照会結果が重要視されます。延滞などの事故情報が信用情報機関に残っている場合は、それが消えるまで待つことが賢明です。

楽天銀行スーパーローンの審査時間

楽天銀行スーパーローンの審査時間は最短翌日となっています。銀行系のカードローンでは保証会社を通すことから、どうしても審査に時間が掛かってしまいます

参考までに代表的なカードローン会社の審査時間について、表にしてみました。

カードローン会社 審査時間
楽天銀行スーパーローン 最短翌日
SMBCモビット 最短30分(公式サイトによる10秒簡易審査あり)
アイフル 最短30分
アコム 最短30分
プロミス 最短30分
J.Score 最短30分


※各社公式サイトデータ抜粋のうえ筆者作成。

審査に通りやすくする方法

1.申込内容は正確に申告し、虚偽の申告は絶対にしない 申し込みの内容に不備があれば、楽天銀行の担当者より確認の連絡が入ります。

うっかりして入力ミスをしただけなら内容の訂正だけでいいのですが、確認の際に虚偽の申告が発覚した場合は、絶対に審査に通ることはありません。

虚偽の申告は絶対行ってはならないことは大前提ですが、確認の手間を少しでも省くためにも、申し込み時の申告内容については、ミスや漏れのないようにきちんと確認するようにしてください。

万が一、申し込んだ後に間違いに気づいた場合は、すぐにコールセンターに連絡し、申し込んだ内容に不備があったこととその訂正内容を伝えるようにしてください。

2.平日の出来るだけ審査が混み合わない時間帯を選んで申し込みを行う まず、楽天銀行では土日に審査を行っていません。

したがって、土日に申し込みを行ったとしても、審査の開始が翌日となります。

ただでさえ即日融資が難しい中、審査の開始が申し込んだ翌日になるのはかなりの痛手です。したがって、申し込みは必ず平日に行うようにしてください。

さらに、審査時間の短縮のためにも、昼休み時間や夕方の業務終了後などの混雑時間を避けた時間帯に、インターネットで申し込むことをおすすめします。最適なのは平日の午前中に申し込みを完了することがいいのではないでしょうか。

3.在籍確認をスムーズに行えるようにしておく 楽天銀行スーパーローンでは在籍確認の電話連絡が必須となっています。

したがって、在籍確認が行われなければ、その分審査時間が延びてしまいます。申し込み時には、必ず在籍確認の取れる勤務先と電話番号を申告することが必要です。

もし大企業であれば、代表電話よりも所属部署直通の番号の方が確認が取れやすくなります。そういったことも念頭において、申し込みを行うようにしてください。これは派遣の方でも言えることです。

派遣であれば正社員とは異なり、代表電話では確認が取れない可能性もありますので、必ず、部署直通の番号を伝えておきましょう。

4.申し込む前に必要な書類を用意しておく 楽天銀行スーパーローンの申込時に必要になる書類は本人確認書類です。

本人確認書類としては、「運転免許証」、「パスポート」など、できれば顔写真付きのものを用意することをおすすめします。またその際、申し込みの住所と本人確認書類の住所が異なるなどのことがないように、きちんと確認しておくことも忘れないようにしてください。

もし、申し込み時の住所と本人確認書類の住所が異なる場合は、公的機関が発行した住民票などの書類を併せて提出する必要があります。

自信のない方は、申し込み前に事前にコールセンターに連絡をして、本人確認書類としてどのような書類を用意する必要があるのか、もれなく確認するようにしてください。

FPから見たポイント

楽天銀行スーパーローンでは契約終了後にカードが郵送され、そのカードでATMからお金を借りる方法と、自分の銀行口座に直接、借りたお金を振り込んでもらう方法を選択できます。その際に、楽天銀行の口座を借入金の受け取り先に指定すると、24時間365日振込融資をしてもらうことが可能です。

また、楽天銀行の口座を返済用口座に指定することで手続きの簡略化にもつながります。楽天銀行スーパーローンは口座開設なしで契約することも可能ですが、先に述べたメリットが大きいことから、できれば事前に口座を開設しておくことをおすすめします。

楽天銀行スーパーローンの金利

では、楽天銀行スーパーローンの金利はどのくらいなのでしょうか?大手消費者金融系とも比較してみましょう。

カードローン会社 下限金利 上限金利
楽天銀行スーパーローン 年1.9% 年14.5%
アイフル 年3.0% 年18.0%
プロミス 年4.5% 年17.8%


※各社公式サイトデータ抜粋のうえ筆者作成。

楽天銀行スーパーローンの金利は、1.9%~14.5%となっており、大手消費者金融と比較してもかなり低い水準に設定されていることが分かります。

注意点

適用される金利は借入限度額や利用実績によって変わりますが、100万円未満の限度額ではほぼ上限金利の14.5%になると思ってください。

FPから見たポイント

消費者金融系のカードローンと比べると銀行系のカードローンは金利が低く設定されているため、もし、希望する借入額が大きく、長期で返済していく予定であれば、銀行系のカードローンを選択することをおすすめします。逆に、10万円以下の借り入れや、1年以内に完済できる見通しがある人は、あまり金利を気にする必要はないでしょう。

楽天銀行スーパーローンの借入方法

楽天銀行スーパーローンの借入方法として、インターネット(メンバーズデスク)、電話、ATMが用意されています。

注意点

楽天銀行の口座を登録している方は24時間借入可能です。それ以外の金融機関の口座に入金してもらう際は、その受付時間および振込時期を確認しておくようにしましょう。

公式サイトより抜粋

FPから見たポイント

楽天銀行スーパーローンの借入については、特にこだわりがないのであればインターネット会員サービス「メンバーズデスク」に登録し、ネットキャッシングを利用するのが一番です。携帯電話からも申し込めるので、手軽に利用できますよ。

カードローン借入方法
公式サイトより抜粋

楽天銀行スーパーローンの返済日

楽天銀行スーパーローンの返済日については、毎月1日、12日、20日、27日のいずれかから選択できるようになっています。

注意点

ただし、27日は楽天銀行の口座を持っている方のみが選択できるところに注意が必要です。

FPから見たポイント

楽天銀行スーパーローン返済金額は、毎月の返済日の15日前(請求確定日)に確定します。 請求確定日時点でご利用状況によってご返済金額が決まることも覚えておきましょう。

楽天銀行スーパーローン返済額

楽天銀行スーパーローンでは、返済方式として「残高スライドリボルビング返済」と「元利込定額返済」が用意されています。

ちなみに新規利用の方は、「残高スライドリボルビング返済」しか選択できません。それぞれの返済方式を利用した場合の最小返済額以下の表のとおりとなっています。

(残高スライドリボルビング返済)
借入残高 最低返済額
10万円以下 2,000円
10万円超 30万円以下 5,000円
30万円超 50万円以下 10,000円




(元利込定額返済)
借入残高 最低返済額
50万円以下 10,000円


※公式サイトの情報を基に筆者作成。

注意点

繰り上げ返済を行う場合、提携ATM利用であれば手数料は不要となっています。

ただし、インターネットでの返済や、銀行振込の場合は、その銀行所定の手数料がかかることになりますので注意してください。ただし、インターネットでの返済の場合、楽天銀行への口座へ返済する場合の手数料は不要となっています

楽天銀行スーパーローンって即日融資可能なの?

カードローン会社 即日融資の可否
楽天銀行スーパーローン 不可
SMBCモビット
アイフル
プロミス


消費者金融系のカードローン会社と異なり、楽天銀行スーパーローンは銀行系のカードローンとなるため即日融資に対応していません。

注意点

現在、即日融資が可能なのは、あくまで消費者金融系のカードローン会社についてのみであり、銀行系のカードローン会社については即日融資を受けることは出来ません。

FPから見たポイント

銀行系のカードローン会社における即日融資が不可能な理由は、「審査時間」です。

銀行系のカードローン会社では、必ず保証会社を通します。

さらには、2018年から、銀行が融資を実行する際には、警察庁の反社会的勢力のデータベースへ照会を行い、融資を実行しようとしている人が反社会的勢力に該当しないかどうか調べることが義務化されたため、審査結果が分かるのは最短で翌日となってしまいます。そのため、結果として即日融資を受けることはできないのです。

楽天銀行スーパーローンを利用する前の注意点

楽天銀行スーパーローンは口座開設なしで契約することも可能ですが、先に述べたメリットが大きいことから、できれば事前に口座を開設しておくことをおすすめします。楽天銀行の口座開設方法については、以下のとおりです。

1.楽天の公式サイトからIDを取得する(楽天の会員となる)
2.パソコンやスマホで口座開設の画面を開く
3.画面の案内に沿って必要事項を入力する
4.楽天銀行アプリから本人確認書類を送信する
5.楽天銀行公式サイト会員ページにログインし、初期設定を完了する

FPから見たポイント

楽天銀行スーパーローンでは契約終了後にカードが郵送され、そのカードでATMからお金を借りる方法と、自分の銀行口座に直接、借りたお金を振り込んでもらう方法を選択できます。

その際に、楽天銀行の口座を借入金の受け取り先に指定すると、24時間365日振込融資をしてもらうことが可能です。また、楽天銀行の口座を返済用口座に指定することで手続きの簡略化にもつながります。

Q&A

フリーターや専業主婦、パート・アルバイトでも借りることはできますか?

A: 満60歳以下であればパート・アルバイトの人のほか、専業主婦の人でも申し込めます。ただし、定期収入がない専業主婦が申し込む際には配偶者の収入を申告する必要があり、借入限度額は50万円までとなっています。

フリーターの方は「安定した収入」がないことからも借りることは難しいと思ってください。

カードローン審査結果はどのくらいでわかりますか?

A: 審査は最短翌日となっていますが、これはあくまでスムーズに審査が行われた場合です。したがって、申し込んでから2~3日程度かかる場合もあると思ってください。

以前、楽天銀行スーパーローンに申し込んで審査に落ちたが、再度申し込みはできますか?

A: 申し込んだ時期が過去6ヶ月以上前であれば、再度申込可能です。ただし審査の結果によっては審査に通らない可能性もあると思っておきましょう。

FPから見たポイント

消費者金融系のカードローン会社に比べ、金利が安いことが魅力であるものの、即日融資に対応できないことは、その日のうちにお金が必要という方にとって使いやすいとは言えないかもしれません。

しかし、キャンペーンなどで楽天グループのポイントを貯めることができたり、楽天ユーザーは会員ランクに応じた審査優遇が用意されているなど、楽天ユーザーならではの使い勝手の良さは評価されるべきところだと言えます。楽天ユーザーの方や、楽天銀行に口座がある方であれば、是非利用を検討してみましょう。

まとめ

即日融資が出来ないというデメリットはあるものの、楽天銀行スーパーローンの申し込み条件は「20歳以上62歳までで、安定した収入があり、楽天銀行の審査に通過できる人」となっています。

したがって、パート・アルバイトの方でも申し込むことは可能です。また、楽天銀行スーパーローンにはポイント付与という最大の魅力があります。楽天銀行スーパーローンに入会するだけで、利用実績がなくてももれなく「楽天スーパーポイント1,000ポイント」が付与されます。

さらに入会だけでなく、楽天スーパーローンの利用残高によってポイントが付与されるなど、期間内に借り入れを行うことでポイントを貯めることができるというメリットがあります。ポイントの利用期間については限定されているものの、メリットとデメリットを総合的に判断し、賢く利用すれば非常にお得に使えるカードローンであるといえます。

基本情報

社名・会社名
楽天銀行株式会社
最大限度額
800万円
実質年率
1.9%~14.5%
特徴
スマホで申し込みが完了するため、わずらわしい申込書類への記入は不要!お近くのほとんどのコンビニエンスストアで利用可能。しかも利用手数料は0円!※一部利用できない時間帯・利用手数料が発生するATMもございます。
申込み資格
以下の全ての条件を満たす方
 (1)満年齢20歳以上62歳以下の方 (※1)
 (2)日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)
 (3)お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方
 (4)楽天カード株式会社またはSMBCファイナンスサービス株式会社の保証を受けることができる方 (※2)
 ※1 但し、パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下
 ※2 楽天銀行が認めた場合は不要です
担保・保証人
不要
来店
不要
返済方法
残高スライドリボルビング返済方式
遅延損害金
年19.9%
会社情報
東京都世田谷区玉川1-14-1 楽天クリムゾンハウス

お申し込みはこちら

融資条件

契約時年齢
満20歳~満62歳
申込資格
以下の全ての条件を満たす方
 (1)満年齢20歳以上62歳以下の方 (※1)
 (2)日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)
 (3)お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方
 (4)楽天カード株式会社またはSMBCファイナンスサービス株式会社の保証を受けることができる方 (※2)
 ※1 但し、パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下
 ※2 楽天銀行が認めた場合は不要です
資金使途
原則自由(事業性資金にはご利用いただけません。)
必要書類
1.楽天銀行スーパーローン申込書兼保証依頼書(インターネット申込の場合は不要)
2.本人確認書類
以下(1)(2)のいずれか
(1)以下のうち1点
・住民票の写し(原本)
・印鑑登録証明書(原本)
(2)以下のうち2点
・運転免許証(裏面に変更情報がある場合、表面及び裏面)の写し
・健康保険証(お名前、生年月日、ご住所欄)の写し
・パスポート(日本国内で発行のもの。顔写真および所持人記入欄)の写し
・その他楽天銀行が指定する本人確認書類
※本人確認書類が1点の場合、当該本人確認書類に加え、申込登録住所が記載された納税証明書または税金の領収書、社会保険料や公共料金の領収書(発行日または領収日が3ヶ月以内)のうち、いずれか1点が必要。
3.収入証明書類
お勤めの方・・・源泉徴収票・課税証明書・給与明細書のいずれかの写し
ご自営の方・・・課税証明書・確定申告書のいずれかの写し
担保
不要
保証人
不要
保証料
不要
対象地域
備考
※本人確認書類に記載の住所が申込登録住所と相違する場合、当該本人確認書類1点に加え、申込登録住所が記載された納税証明書または税金の領収書、社会保険料や公共料金の領収書(発行日または領収日が3ヶ月以内)のうち、いずれか2点が必要。

お申し込みはこちら

申し込み

申込方法
インターネット(パソコン、スマートフォン)
申し込みから借入
(融資)までの流れ
  • STEP1申し込み

    アイコン
    お申込みボタンから申込画面へ進み、必要事項を入力してください。
    お申込み完了後、受付メール(ローンカード発行までのご案内メール)が配信されます。
  • STEP2審査

    アイコン
    入力情報をもとに楽天銀行側で審査を開始します。
    終了後、登録メールアドレスに審査結果をご連絡いたします。
  • STEP3在籍確認・契約内容の確認

    アイコン
    ご勤務先への在籍確認と、ご本人様へご契約内容のご確認をさせていただきます。
    ※いずれもお電話にてご連絡致します。
  • STEP4必要書類のご提出

    アイコン
    証明書類送付アプリですぐに提出できます(郵送も可)。
    ※必要書類はお電話によるご契約内容の確認時にご案内いたします。
  • STEP4手続き完了

    アイコン
    ローンカード発行!
    ※楽天銀行口座情報を引き継いでお申込みされた方以外は、口座振替依頼書の返送が必要です。
土日審査
来店
不要
WEB完結
融資まで
申し込みから借入(融資)までの最短時間
審査時間の目安

お申し込みはこちら

借入

実質年率
1.9%~14.5%
借入限度額別の年率
借入限度額 金利(実質年率)
10万円以上100万円未満 14.5%
100万円以上200万円未満 9.6~14.5%
200万円以上300万円未満 6.9~14.5%
300万円以上350万円未満 4.9~12.5%
350万円以上500万円未満 4.9~8.9%
500万円以上600万円未満 4.5~7.8%
600万円以上800万円未満 3.0~7.8%
800万円 1.9~4.5%
金利体系
金利優遇とその条件
借入限度額
10万円~800万円
契約期間
1年毎の自動更新
お金の借り方
口座振込、ATM(提携金融機関)、ネットキャッシング、コンビニエンスストアに設置のATM等
借入無利息期間
借入無利息期間の条件
備考
審査の結果、ご希望の限度額を減額させていただく場合もあります。
専業主婦の方については、ご利用限度額は50万円となります。

お申し込みはこちら

返済

返済方式
残高スライドリボルビング返済方式
返済金額
ご融資残高に応じて返済額が確定します。
借入残高 金利(実質年率)
10万円以内 2,000円
10万円超30万円以内 5,000円
30万円超50万円以内 10,000円
50万円超100万円以内 15,000円
100万円超150万円以内 20,000円
150万円超200万円以内 30,000円
200万円超250万円以内 35,000円
250万円超350万円以内 40,000円
350万円超400万円以内 45,000円
400万円超500万円以内 50,000円
500万円超600万円以内 60,000円
600万円超700万円以内 80,000円
700万円超800万円以内 100,000円
※掲載情報は2020年10月13日の情報です。
利息の計算方法
付利単位1円とし、1年を365日とする日割計算です。
お金の返し方
ATM(提携金融機関)、口座振込、口座自動引落、コンビニエンスストアに設置のATM等
返済日
1日、12日、20日、27日(※27日は楽天銀行口座をお引き落とし口座にご指定いただく場合のみお選びいただけます。)
繰上返済
無料

お申し込みはこちら

手数料・その他付帯サービス

手数料・年会費等
不要
クレジット機能
その他機能・サービス
会員特典等
WEB証明書
対応
「お取引明細書」「返済予定表」「貸付書面」「受領書面」「重要事項書面」のPDF発行が可能。

お申し込みはこちら

店舗

店舗所在地
無人契約機設置場所

お申し込みはこちら

提携金融機関・利用ATM

提携金融機関
全国100,000台以上
ローソン銀行・E-net・セブン銀行・イオン銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・三菱UFJ銀行(手数料有料)・りそな銀行(手数料有料)・しんきんバンク(手数料有料)など
※カードローン借入時のATM利用手数料は、提携先により無料先、有料先があります。時間外手数料については全提携先とも無料となります。
借入ができるATMやマルチメディア端末等を設置しているコンビニエンスストア
セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなど
返済ができるATMやマルチメディア端末等を設置しているコンビニエンスストア
セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなど

お申し込みはこちら

遅延損害金・注意事項

返済損害金
年19.9%
その他注意事項
ご返済を遅延された場合の損害金は、残元金債務全額に対し、年19.9%の割合により、1年を365 日とする日割計算によって算出された金額とします。(約定返済日の翌日から計算されます。)

お申し込みはこちら

関連記事一覧

記事はありません