更新日: 2023.04.17 消費者金融

アイフルはバレにくくて使いやすい?メリット・デメリットや利用手順を徹底解説

[PR]

執筆者 : 七海 碧

アイフルはバレにくくて使いやすい?メリット・デメリットや利用手順を徹底解説 [PR]
「アイフルって消費者金融だし取り立てとかやばそう」
「名前は聞いたことあるけど、どんな会社なのかよく分かっていない」
「お金を借りたら信用情報に傷がつくんでしょ?」
 
アイフルといえば大手消費者金融のひとつで、テレビCMも流れていることから多くの人に認知されています。
 
しかし、消費者金融と聞くと怖い人が取り立てにくるイメージを持っていて、敬遠している人も多いのではないでしょうか。どこからも借り入れができなかった人のお金を借りる最終手段と勘違いされがちですが、そんなことはありません。利用者の大半は正社員です。
 
今は利便性も高く、お金を借りるまでの手続きをWEBで完結させることもできます。スマホアプリなど、WEBを通じてお金の受け取りや返済、期日の変更ができます。
 
利用する人の多くが懸念を抱くプライバシーの配慮も十分になされていて、必要書類を提出する、期限内に返済するなど、基本的なルールを守れば、家族や職場にバレる可能性は低いでしょう。自宅や勤務先(在籍確認)に原則連絡しないことは、アイフル公式ホームページ内に明記されています。
 
本記事ではアイフルの概要、メリット・デメリット、利用する注意点、お金を借りるまでの手順を説明していきます。返済が苦しくなったときの対応方法についても紹介していきますので、ぜひご一読ください。
 

執筆者:七海 碧

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー。大学の授業がきっかけで金融に興味を持つ。自分自身でも株式、暗号資産、NFT、DiFi等に投資し、30代前半で約2500万円を運用中。大手金融メディアでの執筆、金融系YouTuberや金融系インスタグラマーの企画やライティングなど、幅広く活動している。自分自身の投資体験をもとに、初心者でもわかりやすいように説明することが得意。

公式サイトで申し込み

【PR】アイフル

aiful

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短18分(※)でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 最短18分(※)
WEB完結 無利息期間 融資スピード
※融資まで 30日間 最短18分(※)
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
※診断結果は、入力いただいた情報に基づく簡易なものとなります。

アイフルとは

アイフルとは有名タレントのCMでもおなじみの大手消費者金融です。   「消費者金融」は、法律に基づいてお金を貸していて、借りすぎを防ぐなどのルールもしっかりと整備されています。上限を超えの金利で貸し付けを行う違法な業者であるヤミ金融業者(ヤミ金)とは異なります。   現在では賃金業法の規制により、多くの人が心配するような恫喝まがいの取り立ては禁止されています。そのため、安全面での心配はいらないでしょう。融資申込から返済まで、店舗に出向かずにWEBで完結させる方法もあり、手続きの手軽さも人気の秘訣となっています。   アイフルは大手消費者金融のうち、唯一、銀行のグループ傘下ではなく、独立系消費者金融と呼ばれています。そのため、銀行系グループとは異なる独自の審査基準を設けています。   基本的な金利など、借りるための条件は後ほど紹介します。  

アイフルでできること

ATMの前でお札を持っている男性の手
  アイフルはキャッシングサービス(カードローンを含む)などのローン事業と、事業サポートプランなどさまざまな融資に関する商品を用意している会社です。分かりやすくいうと、条件を満たせば、お金が必要な人がすぐに借りられるサービスの運営です。   カードローンとはお金を借りることに特化した、個人向け融資サービスのことで、貸金業者や金融機関が提供しています。コンビニのATMや銀行口座から借り入れができるなど、利便性はかなり高いです。   キャッシングとは「現金を借りられるサービスの総称」です。アイフルでは「キャッシングローン」と「ファーストプレミアムカードローン」といった名称の違い、借入額や金利などの違いがあるものの、基本的な借入機能はほぼ同じと思っておきましょう。本記事ではどちらの商品もまとめてカードローンと表記して説明します。   では、実際にアイフルでできることをいくつか紹介していきます。  

・初めて利用する場合、最短18分(※)で融資が受けられ、30日以内に返済すると手数料がかからない。 ・原則土日祝含めて24時間いつでもWEBやスマホアプリから申し込みができる。 ・アイフルの会員ページやスマホアプリにログインすると、利用残高・融資余裕額・返済日の確認や、限度額の増額の申し込みなどができる。 ・年会費や使用手数料はかからない。 ・スマホアプリを利用すると、カードを使わずにお金の借り入れや返済ができる。 ・原則、自宅や会社に電話がされないため、消費者金融を利用していることが周りの人にバレにくい。

※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。

 

お金の使い道は自由

アイフルを含め、カードローンでは、期限までに返済をすれば、どのような用途でお金を借りても問題ありません。   例えば、以下のようなケースでも借り入れができます。  

・水光熱費が払えないとき ・急に現金が必要になったとき ・今すぐ欲しいものを購入するとき ・冠婚葬祭が続いていて、お金がないとき ・高額な医療費が必要なとき

  上記は一例にすぎず、その他のシーンでもお金が必要になれば借りられます。用途を問われない自由度の高さはカードローンの大きな魅力といえるでしょう。   個人的な支出を理由にお金を借りていいのだろうかと悩んでいる人も多いかもしれません。しかし、使い道が不問であると公式ホームページでも記載されているため気にしなくていいでしょう。ただし、滞りなく返済することは必須条件になります。  

\【PR】最短18分融資も可能/

(公式)アイフル お申し込みはこちら

※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。

借り入れの条件

商品によって、貸付利率や借入限度額、対象者に違いがあることを知っておきましょう。どの商品を選択するかは実際に借り入れする際に決めておけばいいので、現段階ではさらりと目を通しておけば問題ありません。  

  キャッシングローン ファースト プレミアム カードローン SuLaLi
貸付利息 (実質年率) 3.0%~18.0% 3.0%~9.5% 18.0%
ご利用限度額 1万円~800万円 100万円~800万円 1万円~10万円
使い道 不問 不問 不問
対象者 ・満20歳以上69歳までの方 ・定期的な収入と返済能力を有する方 ・アイフルの利用が初めての方 ・満23歳以上59歳までの方 ・定期的な収入と返済能力を有する方 ・女性向け ・満20歳以上の方 ・定期的な収入と返済能力を有する方
担保・連帯保証人 不要 不要 不要
その他   WEB申込限定 男性でも利用可能

※1  

銀行との違い

近年は銀行カードローンも人気で、世間体やイメージから消費者金融より銀行カードローンを選択する人も一定数います。   どちらも資金用途は自由であり、担保を必要としない点など、商品の内容はほとんど同じです。お金を借りたら、あらかじめ決められた金利を払いながら返済します。   いくつか異なる点を説明します。  

基になる法律が異なる

銀行は「銀行法」、消費者金融は貸金業者なので「貸金業法」と根拠とする法律が異なります。   銀行と消費者金融の一番の違いは借りられる金額に差が出てくる総量規制です。総量規制がある消費者金融では利用限度額は年収の3分の1までと決められています。例えば年収が300万であれば、借り入れの最高額は100万までになります。   一方で銀行にはこのような規制はありません。ただし、返済できる金額かどうかしっかりと審査されます。そのため銀行でも年収が借入限度額の決定に大きな影響を与えるでしょう。  

保証会社の有無

万が一のときに代位弁済(代わりにお金を返す)する保証会社が銀行カードローンのバックについています。   消費者金融の場合は保証会社のバックがないため、貸し倒れのリスクも自ら背負って、自社で審査を行っています。リスクが高い分、消費者金融は金利が高く設定されるケースが多いのです。   逆に銀行カードローンはこの保証会社をバックにつけることでリスクを抑えているため、金利は消費者金融と比べて安くなっています。   

申し込みから借り入れまでの時間

消費者金融は審査が最短で30分を切るスピード感なのに対し、銀行カードローンは外部のデータベースへの確認もあるため、最短でも翌日になります。急いでお金が欲しい人にとっては即日か翌日以降かは大きな差になるでしょう。   消費者金融で審査がスムーズに進めば、借り入れの申請から1時間以内で現金を手にできます。  

アイフルでお金を借りるメリット

スーツ姿の若い男性がマルのプラカードを掲げている

【1】申し込みからお金を借りるまでのスピードが速い

アイフルの審査スピードはとても速く、WEBで申し込むと最短18分(※)で融資可能です。すぐに現金が欲しいときに1時間以内に手に入るスピード感は大きなメリットに感じるでしょう。   ただし、必要書類の不備や、審査受付時間【9:00~21:00(土日祝含む)】外など。また、審査受付時間内であっても申し込みが混雑することもあるため、状況によって審査にかかる時間は変わります。   アイフルを含めた一部の金融機関では最短〇〇分と表記していますが、この時間で必ず審査が完了するという意味ではなく、あくまで「最短」です。申し込む人の属性等によっては、審査に数時間~1日以上かかる場合もあります。  

※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。

【2】無担保や保証人なしで借りられる

不動産や定期預金などの金融資産の担保や保証人を必要とせずにお金を借りることができます。担保となる資産を保有していない方や、誰にもバレないよう保証人を立てずに借りたい方でもアイフルのローンサービスは利用できます。   申し込みからお金の受け取りまでの時間が銀行と比べて速いのは、担保や保証人確認の時間が不要という側面もあります。  

【3】初回限定で30日間利息がかからない

初めての利用者限定で、契約から最大30日間は無利息で借り入れができます。つまり、アイフルでお金を借りてから30日以内に返済すれば、利息を支払う必要がありません。   無利息期間をうまく利用すれば、初回のみほとんど費用をかけずにアイフルのサービスを体験できます。多くの人にとって非常に満足度の高いサービスとなるでしょう。   例えば、給料日あるいは売り上げ等の入金される日が決まっていて、それまでの短期間だけお金を借りる場合などで無利息サービスは活躍するでしょう。  

【4】女性でも利用しやすい

アイフルは女性オペレーターが対応する専用ダイヤルや女性向けの商品も用意されていて、女性でも安心して利用できます。実はアイフルの女性利用者の約3割は女性なのです。   お金を借りるという内容だと、男性には相談しづらいと思う方も少なくないでしょう。その点、女性オペレーターが対応する専用ダイヤルであれば相談もしやすく安心ですね。   なお、この女性専用ダイヤルは男性も利用することができます。  

【5】職場や家族など知られたくない人にバレにくい

住宅ローンを銀行から借りるのであればともかく、アイフルからお金を借りることに後ろめたさを感じる人は多いでしょう。職場や家族に内緒でお金を借りたいというニーズが少なくありません。   アイフルでは、電話や郵便物などで連絡をしなければいけない状況でも、家族や職場にバレないよう配慮してくれます。特に在籍確認は細心の注意を払っているようです。   在籍確認に関しては原則、電話が職場や自宅にかかってくることはありません。   ただし、審査状況によっては電話をすることもあります。その場合は、プライバシーに配慮し、アイフルと名乗らずに担当者個人名で連絡してくれます。   会社の定休日や都合の悪い時間があっても、事前にアイフルの担当者に伝えておけば、電話のタイミングをある程度調整できます。   在籍確認が必要な場合は、確認がとれないと審査が先に進まない可能性があることを覚えておきましょう。  

【6】スマホアプリ利用でカード不要

アイフル公式スマホアプリを利用すれば、アイフルカードがなくても借り入れや返済が完結でき、とても便利です。   入金や出金の際の手数料はかかりますが、スマホアプリがあれば、セブン銀行ATMやローソン銀行ATMで取引できます。この2つ以外の提携ATMを使いたいときはアイフルカードが必要になります。   利用状況や利用残高などもアプリで把握でき、利用限度額引き上げの申し込みもアプリから可能です。アプリアイコンも4種類の中から選べるので、目立たないアイコンに変更すれば、他の人に画面を見られてもそこまで気になりません。  

【7】利用目的に縛りがない

利用目的に制限がないことも大きなメリットです。住宅ローンや自動車ローンなどのローン商品は、使い道が明確に定められているため、借りたお金を別の用途で利用できません。借入金額も住宅ローンや自動車ローンの場合、契約書等の書類で確認されるため、多めに借りることもできません。   一方、アイフルで借りたお金は利用目的が自由なローン商品です。何かを購入したいときだけでなく、家賃の支払いや引っ越し、家具の修理費用などにも利用できます。万が一のために現金を持っておきたいというようなニーズにも対応可能です。   使用用途の縛りがなくお金を借りられると知っておくだけで、有事の際は安心できるのではないでしょうか。例えば、将来の急な出費に備えて、審査をしてアイフルを使える状態にしておくという考え方もできます。  

【8】申し込み~借り入れ~返済までがWEBで完結

店舗に出向くことなく、即日融資から返済までできます。現金を受け取る際も提携先ATMで下ろす、自分の銀行口座に振り込むなど、アイフルの店舗に足を運ぶ必要はありません。   例えば、スマホアプリを選択すれば、アイフルのカードを必要としないため、郵便物も一切ありません。ただし、返済が遅延したなど対応が遅れると督促状が郵送される可能性があります。その場合、封筒ではアイフルからの郵便物だと見分けがつきませんが、中身を見られたらアイフル利用者だと分かってしまいます。   また、アイフルカードを利用する際は、受取方法を郵送・来店(無人店舗)から選べます。バレたくないときは同居人の有無などの状況に応じて判断しましょう。   インターネット(スマホ・パソコン)・スマホアプリ経由のどちらでも原則24時間365日受付をしていて、WEBで手続きが完結できることは大きなメリットといえるでしょう。  

【9】用途に縛られずに何度も借入可能

一度審査が通ってしまえば、特に手続きなどを行わずに再度お金を借りられます。   他のローン商品では、お金を借りた後にまた借りたい場合は、再度審査が必要になるなど、借りるまでに時間がかかってしまいます。   ただし、アイフルで借りる場合でも利用限度額範囲内にとどめなければいけません。   例えば、50万円の利用限度額があると、以下のように利用することもできます。   ■利用限度額50万円の場合 (1)30万円を借りる…

利用限度額50万円の借入例の図(1)。借入残高30万円、利用可能額20万円
  (2)10万円を返す…
利用限度額50万円の借入例の図(2)。借入残高20万円、利用可能額30万円
  (3)20万円を借りる…
利用限度額50万円の借入例の図(3)。借入残高40万円、利用可能額10万円
  また、すべての返済を終えた状態から5年以内であれば、審査なしでまたお金を借りられます。  

【10】借り入れ・返済が簡単

借り入れ・返済の手段が豊富に用意されているので、自分の都合に合わせて選べます。  

〈借り入れ〉

銀行口座振込・スマホアプリ・提携先ATM

〈返済〉

口座振替(自動引落)・振込・スマホアプリ・提携先ATM

  各項目の詳しい内容については後ほど触れますね。  
例えば、自宅から一歩も出たくない人は借り入れは自分の口座へ入金してもらい、返済は振り込みか口座振替、あるいは口座に履歴を残したくない人はスマホアプリ経由で提携先ATMの借り入れ・返済を行うなど、自分にとって都合の良い方法で利用できるでしょう。  

\【PR】最短18分融資も可能/

(公式)アイフル お申し込みはこちら

※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。

アイフルでお金を借りるデメリット

若いスーツ姿の男性が左手でバツのプラカードを掲げ、右手は手のひらを広げて「NO」のポーズ
  メリットはここまで説明してきたとおりですが、もちろんデメリットもあります。実際にアイフルでお金を借りるときはこのデメリットをしっかりと理解してから利用するようにしましょう。  
多くの人にとっては、アイフルの利用を断念するほどの致命的なデメリットにはならないでしょう。  

【1】ほかのローン商品と比べて金利が高い

アイフルの金利は3.0%~18.0%となっていて、他の大手消費者金融と比べてほとんど違いはありません。  
しかし、他のローン商品と比較すると高めの設定になっています。そのため完済までの期間が長くなれば、総返済金額が大きくなり、返済の負担が重くのしかかります。  
使途自由で、担保や保証人が不要な点は魅力的ですが、その便利さ故に、返済能力を超えた金額を借りてしまう人も一定数出てきます。消費者金融は保証会社を入れていないため、返済できない人が増えてしまうと、運営が困難になってしまいます。そのリスクヘッジの意味もあり、金利が高めに設定されているのです。  

【2】ついつい借りすぎてしまう

利用者の年収などの属性に応じて、利用限度額が決まります。返済が滞るなどのトラブルがなければ、その限度額の枠の中で、いつでも繰り返しお金を借りられてしまう便利さがあります。  
まだ借り入れが残っている状態でも利用限度額に達していなければ、追加でお金を借りられます。加えて、いったんすべて返済をしても、5年以内であれば審査不要で借り入れが可能です。  
追加でお金が必要なときに審査もせずにATMからすぐ借りられるのは大きなメリットです。しかし、借りすぎてしまう傾向にある人は、返済管理ができなくなるリスクにもなりうると頭に入れておきましょう。  
それを防ぐためには、アイフルの返済シミュレーションであらかじめ計画を立てておくのがおすすめです。「借入ご希望金額」、「貸付利率」、「ご返済回数」の項目にそれぞれ数字を入力すると、毎月の返済金額などが一目で分かります。   無理のない借り入れにならないか事前にチェックしておくのがおすすめです。   返済シミュレーション ※2 遷移先:https://www.aiful.co.jp/repay/simulation/  

【3】住宅購入時などほかのローン審査に影響する

住宅や自動車など大きな買い物をするときはお金を借りる人がほとんどでしょう。その際に返済が残っていると借入可能な金額が減らされるなど、審査に悪影響が及ぶ可能性があります。   これはアイフルなどの消費者金融に限った話ではなく、他のローンでも同じことがいえます。例えば、自動車ローンの有無によって、住宅ローンでの借りられる金額に差が出るのは自然なことでしょう。   そのため、近い将来に大きな買い物を予定しているのであれば、アイフルでの借り入れが悪影響をおよぼすかもしれないことは覚えておきましょう。  

【4】大半のATMで手数料がかかる

多くの人が利用する提携ATMでは出金・入金ともに1万円以下で110円、1万円超で220円かかります。  
提携銀行は以下のとおりです。  

・セブン銀行 ・ローソン銀行 ・イオン銀行 ・三菱UFJ銀行 ・イーネット銀行 ・西日本シティ銀行 ・十八親和銀行 ・ゆうちょ銀行

 

アイフルでお金を借りる場合の注意点

スーツ姿の男性がタブレットで検索している
  次に、アイフル利用の際に注意しておくべきことを3点お伝えします。思わぬところでアイフルの利用がバレるなど、想定外のアクシデントを減らすためにも今から紹介する3つを心にとどめておきましょう。  

【1】個人用の口座を登録しよう

家族にも絶対にバレたくないと考えているならば、自動引落のときに登録する口座は家族に見られない個人口座で登録しましょう。家族と共有している口座を登録してしまうと、履歴でバレてしまう可能性があります。   引き落とし名は「アイフル」と明記されませんが、使途不明な入出金履歴が家族に見つかったら間違いなく怪しまれるでしょう。名称は以下のとおりで記載されます。   引き落とし名) WEBで登録:ライフカード(カ 郵送で登録:SMBCファイナンスサ、SMBCファイナンス自払   もし家族に見られない個人口座を持っていないなら、スマホアプリを使い、ATMで返済する方が見つかりにくいかもしれません。  

【2】必ず審査に通るわけではない

お金を借り入れする前に審査は避けて通れません。消費者金融であれば、金利が高い代わりに誰でも借りられると勘違いしている人もいますが、しっかりと審査が行われます。   審査基準は明確に示されていませんが、安定した収入があるか、他社の借入状況はどうか、信用情報に傷がついていないかなどが総合的に見られるといわれています。   貸金業法では、アイフルのような貸金業者に返済能力の審査を義務付けているので、しっかりとチェックされます。  

【3】最大でも年収の3分の1までしか借りられない

多額のお金が必要になった場合でも、貸金業法の規制により年収の3分の1までしか借りることができません。この規制を総量規制といい、お金を借りすぎて生活が破綻することを防ぐ意図で2010年に制定されました。   これは「借入総額」について定められたルールなので、複数の会社で借りようとした場合でも合計で年収3分の1となる点に留意しましょう。   また、年収3分の1は法律の上限です。そのため、実際に借りられる限度額は総量規制の範囲内で、アイフルが借り手の収入や借入状況を見て判断します。そのため、希望金額が年収の3分の1以下であっても、必ず借りられるとは限りません。  

借りる手順

スーツ姿の男性が階段をかけ上がっている
  これまでメリット・デメリット、そして注意点について詳しく説明していきました。消費者金融と聞くと、あまり良いイメージがなかったかもしれません。しかし、即日お金を借りられて、身近なコンビニで受け取りができるなど想像以上に便利な一方、デメリットはそこまで大きくないと感じた人も多かったのではないでしょうか。   実際に利用するとき、どのようなステップを踏めばいいのか疑問に思う人も多いでしょう。   具体的な手順を詳しく説明していくので、借りる際の参考にしてみてください。   大きく4ステップあります。  

  • (1)融資の申し込み
  • (2)審査に必要な書類の提出
  • (3)融資の審査
  • (4)契約手続き

 

【1】融資の申し込み

まずお金を借りるための最初のステップは申し込みです。申込方法は4種類の中から選べます。  

WEBからの申し込み

・申し込みは24時間365日受付しています。 ・インターネットを使って、スマホ・パソコン・タブレットから申し込みができます。 ・申し込みから融資まで最短18分(※)です。 ・カードのありなしを選択できます。  

※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。

スマホアプリからの申し込み

・アプリをダウンロードして申し込みをします。(タブレットのアプリからも申込可能です) ・申し込みは24時間365日受付しています。 *運転免許証から読み込みをすると本人情報入力が短縮できます。 ・申し込みから融資まで最短18分(※)です。 ・カードのありなしを選択できます。  

※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。

電話からの申し込み

・専用の電話番号に連絡をして申し込みを行います。 ・受付時間は9:00~18:00(土日祝も営業)です。 ・アイフルカードの受け取りは無人店舗か郵送になります。  

無人店舗

・全国にある無人店舗にて申し込みを行います。 ・営業時間は9:00~21:00(土日祝も営業)となります。 *店舗によって異なる場合があるため事前に確認しましょう。 ・操作方法が分からない場合も備え付けの受話器でオペレーターに聞きながら手続きをすすめられます。 ・審査が通れば、その場でカード発行されます。  

【2】審査に必要な書類の提出

審査に必要な書類は申込時に選択する本人確認方法により異なります。  

WEBの場合

スマホで簡単、本人確認の場合は次のいずれか1点が必要です。  

・運転免許証 ・住民基本台帳カード ・特別永住者証明書 ・在留カード ・個人番号カード(表のみ)

  次に、銀行口座で本人確認をする場合は希望の金融機関を選択すると、金融機関のサイトへ飛びます。口座情報を入力し、問題なく登録できれば本人確認は完了です。  

無人店舗の場合

顔写真付き本人確認書類で現住所が一致している場合は、以下のAの中の書類が1点あれば大丈夫です。もしない場合は2点提出が必要になります。   また、Aの書類と現住所が一致しない場合には、Bの書類も合わせて提出が必要です。  

A B
・運転免許証  ・運転経歴証明書 ・パスポート (※所持人記入欄があるもの) ・住民基本台帳カード ・個人番号カード(表のみ) ・在留カード ・特別永住者証明書 ・各種保険証 ・国民年金手帳 ・母子健康手帳 ・住民票 ・戸籍謄本 ・住民票記載事項証明書 ・公共料金領収書(電気・ガス・水道・NHK・固定電話) ・国税・地方税の領収書 ・納税証明書

※3   また、本人確認の方法に関わらず、以下に該当する場合は追加で収入証明書を求められます。  

●アイフルの利用限度額が50万円を超える場合 ●アイフルと他社からの借入総額が100万円を超える場合 ●その他、審査の過程でアイフルが必要だと判断した場合

  借入金額が大きくなる場合は、源泉徴収票などの収入証明書類を用意しておくとスムーズでしょう。  

【3】融資の審査

申し込みが終わると融資の可否がアイフルによって審査されます。その間、申込者は審査結果を待つのみで、特にやることはありません。   ここで融資の審査についてのポイントを解説します。   例えば、アイフルのキャッシングローン(カードローン)では申込対象者を*「満20歳以上69歳までの定期的な収入がある方」としていて、年収は〇〇万円以上といった基準は示されていません。年齢と働いていることが条件であるため、申込対象の間口は広いといえるでしょう。*商品によって対象年齢は異なります。   もし審査に落ちた場合でも理由は教えてはもらえません。そこでアイフルの審査落ちを防ぐためにも、申込対象者の条件や一般的にカードローンの審査落ちする理由と考えられているところからポイントをいくつか説明していきます。審査を受けるときの参考にしてくださいね。  

安定した収入がない

「定期的な収入がある方」とアイフルの公式ホームページにも明記されているので、一時的ではなく継続的に収入があることが条件になります。   年収が多くても、月収のバラつきが大きい、転職したばかりであるなど、一定の継続的な収入であると認められなければ、審査に落ちる可能性もあります。  

申告内容に虚偽や不備がある状態で提出した

必要書類や情報の漏れなどの不備があると、アイフルから確認の連絡が入ります。その際に、正しい情報で修正をすれば、審査に通る可能性はありますが、審査時間が余計にかかってしまいます。   年収を多めに申告、あるいは年齢の詐称などうその情報を申告した場合、発覚した時点で審査落ちの対象となり、通過は困難になってしまいます。  

信用情報に傷がついている

アイフルのような消費者金融だけでなく、銀行でもローンを組む際には必ず信用情報機関へ確認を行います。お金を借りた際の情報はすべて信用情報に記録されており、借入金やクレジットカードの支払い状況、トラブルまで残ってしまいます。   トラブルが記録されていると審査に通りづらくなってしまうかもしれません。その中でも特に債務整理、延滞、強制解約、代位弁済などの記録が残っていると、審査通過が非常に困難になるといえるでしょう。  

過去にアイフルとトラブルを起こしている

過去にアイフルとトラブルを起こした場合、「社内事故」として記録が残り続けます。アイフルでは、社内事故と認定された人に対しては融資しないこととなっています。   信用情報機関での事故情報のほとんどは5年で消えることになっています。万が一、信用情報に傷がついてしまったら、5年間はどこの金融機関の審査でも通過が厳しくなると覚えておきましょう。  

同時に複数社に申し込みをする

同時あるいは短期間に、複数の消費者金融等に申し込みをした情報は、信用情報機関を通じて審査担当者に把握されてしまいます。そのため、審査担当者に「他社で借りられない事情があるのではないか?」と勘繰られてしまい、審査にとって不利に働くでしょう。   審査落ちする可能性が高まってしまうため、焦らずに1社ずつ申し込みしましょう。  

【4】契約手続き

審査が無事完了したら、次は契約手続きに移ります。ここでは契約内容の確認や、今後の返済、借り入れの設定等の簡易的な確認になります。WEBやスマホアプリから申し込みを行った場合には、審査結果のメールと一緒に送られてくるURLから契約手続きをします。この簡易的な手続きを終えたら契約完了です。   以上が借り入れの申し込みから契約までの流れになります。  

\【PR】最短18分融資も可能/

(公式)アイフル お申し込みはこちら

※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。

現金の受け取り方

スーツ姿の若い男性が腕を組んだ状態で左手に扇型に広げた1万円札を持っている
  契約が完了するといつでもお金が引き出せます。お金の受け取り方ですが、3つあり事前に選べます。申込方法によって、選択に制限がかかります。   例えば、電話申込の場合にはアイフルカードを用いた取り引きになるため、スマホアプリを用いた借り入れ・返済はできなくなります。  

  振込 スマホアプリ (セブン銀行ATM・ ローソン銀行ATM) 提携先ATM (コンビニ/銀行)
土日祝日 借入OK
カード不要  
深夜でもOK*  
手数料0円  
千円単位で 出金可能

※4  

振込

・指定した銀行に「アイフル㈱」または「AIセンター」の振込名義で入金されます。  振込名義は選択できるので、万が一通帳を見られたときを心配するなら「AIセンター」にしておくといいでしょう。また、振込手数料は無料(アイフル負担)になります。   ・24時間365日基本的にはいつでも借入可能です。 インターネットから申し込みできます。電話でも振り込みの受付は可能ですが、受付時間は平日9~18時に限られます。ただしメンテナンス時間や年末年始およびゴールデンウイークは振込受付が停止になります。   ・最短10秒で振り込みが完了します。 ただし、金融機関の振込可能時間や接続時間によっては時間が変わりますので、利用する金融機関で確認してみましょう。多くの人が利用する時間帯では着金までに少し時間がかかるかもしれません。  

スマホアプリ

・カード不要でスマホのみで借り入れができます。 「郵送物からバレたらどうしよう」、「アイフルカードを人に見られたくない」という人におすすめです。カードの持ち歩きが不要なのもメリットですね。   ・セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMからお金を引き出せる 全国各地にあるセブン銀行ATM・ローソン銀行ATMから千円単位でお金を借りられます。借り入れ、返済ともにATM手数料がかかります。利用可能な時間は以下をご確認ください(※5)

提携先ATM

・一部のATMは借り入れのみの対応に限られる。 福岡銀行と熊本銀行は借り入れのみです。それ以外の提携先ATMは返済も対応しています。   ・土日や深夜も借り入れができます。 詳細の利用可能時間は提携先によって変わります。また借り入れ・返済ともに手数料がかかります。詳しくは以下をご確認ください(※5)

返済について

次に返済日と返済方法についてです。   WEBやスマホアプリで申し込みから借り入れ・返済をすれば、誰にもバレずにアイフルを利用することも可能です。しかし、返済遅れなどのトラブルがあると、電話や督促状の郵送などにより、他の人にバレやすい状況になってしまいます。そのため、返済日と返済方法は事前にしっかり把握しておきましょう。  

返済日

返済日の設定は2パターンあります。   1つめは毎月1回(約定日制)です。分かりやすく説明をすると、毎月あらかじめ決めた日までに返済する方式です。返済日は借り手が決めることができ、その指定した期日を含む11日間に入金が必要になります。毎月返済日が一定であるため、返済忘れが起こりにくいことがメリットです。   返済日を25日(平日)とした場合、返済期間は15日〜25日となります。14日以前に入金した場合は、繰り上げ返済とみなされ、直近の15〜25日に再度返済が求められるので気をつけましょう。   なお、指定した期日が土日祝と重なった場合は直後の平日まで返済期日が延長されます。   例えば、25日を返済期日とし、25日(土)、26日(日)、27日(月・祝)の場合は、28日(火)まで期限が延長されます。そのためこの月に限り、返済期間は15~28日の14日間となります。   2つめは35日ごとに返済するサイクル制です。初回返済時期は借り入れの翌日から35日後、それ以降は返済の翌日から35日後が返済日になります。約定日制と異なり、返済期日前ならいつでも返済可能で、繰り上げ返済とみなされることもありません。   約定日制と比べて返済のペースが緩やかにはなりますが、その代わり長くお金を借りることになるため利息が増えるので注意しましょう。返済期日が土日祝日など、アイフルの休業日の場合には、翌営業日が返済期日となります。   返済日が毎月一定でないため、返済を忘れないよう注意しましょう。支払い忘れを防ぐために「aiメール」送信サービスもあります。aiメールは返済期日の3日前にメールでお知らせしてくれるほか、新サービスや新商品の案内などの連絡がくる無料サービスです。メールは月1~2回の頻度なので、迷惑メールのように毎日くることもありません。返済忘れが不安なら、登録しておきましょう。  

返済方法

申込時の方法によって制限がありますが、返済方法は全部で4つになります。  

  口座振替 (自動引落) 振込 スマホアプリ コンビニ/銀行 (提携先ATM)
カード不要 〇 (スマホアプリ利用時)
手数料0円      
土日返済OK    
24時間    

※6  

口座振替(自動引落)

手数料0円で毎月自動で引き落としされます。返済忘れを防げるため、忙しい人にはぴったりの返済方法でしょう。   振込名義は、「アイフル」とは記載はされません。ライフカード(株)または、SMBCファイナンスサービス(株)を通じての引き落としになるため、振込名義は「ライフカード(カ」もしくは「SMBCファイナンスサ」「SMBCファイナンス自払」になります。   アイフルを想像させる単語は入っていないため、見られた瞬間にアイフルでの借り入れがバレることは防げそうですね。   ただし、口座振替の手続きから自動引落が開始されるまでは40日ほど時間がかかります。それまでは、返済日までに各自での返済が必要になるので忘れないように注意しましょう。  

振込

全国の金融機関の窓口・ATMから返済できます。振込金額を会員ページあるいはスマホアプリから確認をしてから振り込みをしましょう。  

スマホアプリ

アイフルカード不要で全国各地のセブン銀行ATM・ローソン銀行ATMから返済できます。 所定のATM手数料がかかりますが、土日や深夜でも返済可能です。ただし、利用可能な時間は異なるので、返済前に確認しておきましょう。  

コンビニ/銀行

アイフルカードを使って全国各地の提携先ATMから返済できます。所定のATM手数料がかかりますが、土日や深夜でも返済可能です。ただし、利用可能な時間は異なるので、返済前に確認しておきましょう。  

返済が苦しくなったら

空の財布を広げる男性の手
  借り入れをしている状態で、予想外の急な出費が発生したら、一時的に返済ができなくなることもありえるかもしれません。   もし、期日内での返済が厳しくなったら、スマホアプリ、WEBの会員サービスあるいは電話で返済期日の変更手続きをしましょう。ただし、自動引落の場合は手続きをしても銀行口座への引落請求は停止できないので注意してください。   勘違いされがちなのですが、返済期日の延長や延滞をしてもすぐに以下のようなことは起こりません。  

・自宅に取り立てがくる ・深夜に取り立ての電話がくる ・自分ではなく実家の両親に取り立てがくる

  電話以外でもオペレーターチャットやメールでも問い合わせが可能です。   連絡をせずに返済期日を遅れてしまったときでも、すぐに取り立てがくることはないものの、そのまま放置していると督促状が送られてしまう可能性があります。   返済が難しいと気づいたら、期日の変更や電話で相談するなどして対応しましょう。  

まとめ

本記事ではアイフルの概要からメリット・デメリットに加え、利用する際の申し込みから返済までの手順まで詳しく解説しました。利用者のデータについても紹介したので、実際の利用者もイメージできたのではないでしょうか。   消費者金融と聞くとかつては怖いイメージがありましたが、今は法の整備もあり、期日通りに返済すれば、自宅への取り立てなどはありません。WEB完結でカードレスの選択肢も準備するなど、家族や職場にもバレにくくして使いやすくする配慮も随所に感じられます。   審査スピードも速く、セブン銀行ATMなど身近な場所で借り入れ・返済ができるなど、利便性はとても高いです。返済できる範囲で計画的に借りれば、不安要素はあまり大きくないといっても過言ではないでしょう。   完済してから5年間は審査を受けずにお金を借りられるというのも大きなポイントです。一度利用して5年間はいつでも借りられる状態を作っておくと、いざというときでも安心ですね。   アイフルでは初回は30日間利息無料のサービスもあるので、30日以内に返済する前提であれば、ほとんど費用をかけずに借り入れ~返済を済ませられます。いざというときにスムーズに借り入れするためにも利用を検討してみるのもいいでしょう。  

出典

※1 アイフル公式ホームページ「商品のご紹介」 ※2 アイフル公式ホームページ「ご返済シミュレーション」 ※3 アイフル公式ホームページ「本人確認書類(WEB)」 ※4 アイフル公式ホームページ「お借入方法」 ※5 アイフル公式ホームページ「ATMの利用可能時間(よくあるご質問)」 ※6 アイフル公式ホームページ「返済方法」 ※7 アイフル公式ホームページ 利用客データ   執筆者:七海 碧 ファイナンシャルプランナー  

公式サイトで申し込み

【PR】アイフル

aiful

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短18分(※)でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 最短18分(※)
WEB完結 無利息期間 融資スピード
※融資まで 30日間 最短18分(※)
※お申込み時間や審査状況によりご希望にそえない場合があります。
※診断結果は、入力いただいた情報に基づく簡易なものとなります。
■アイフル
※商号:アイフル株式会社
※登録番号:近畿財務局長(14)第00218号
※貸付利率:3.0%~18.0%(実質年率)
※遅延損害金:20.0%(実質年率)
※契約限度額または貸付金額:800万円以内(要審査)
※返済方式:借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
※返済期間・回数:借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)
※担保・連帯保証人:不要
■アコム
※ファイナンシャルフィールドでは、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運用しております。
■dスマホローン
※1 優遇適用後金利 0.9%~17.9%(実質年率)/基準金利 3.9%~17.9%(実質年率) ドコモ回線などのご利用状況に応じて、最大年率3.0%の金利優遇が適用。適用条件はdスマホローン公式サイトでご確認ください。