CLOSE

キーワードで記事を検索

更新日: 2021.11.25 返済

レイクALSAの返済が遅れたら起こることとは? 返済遅れを防ぐ方法も解説!

レイクALSAの返済が遅れたら起こることとは? 返済遅れを防ぐ方法も解説!
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

レイクALSAの返済遅れに不安を感じる人は少なくありません。もし返済が遅れてしまったら、どのようなことが起きるのでしょうか。
 
この記事では、レイクALSAの返済が遅れたときに起こることと、その後の対応を解説していきます。返済遅れを防ぐポイントも紹介していくので、円滑にレイクALSAを利用したい方はぜひ参考にしてください。
 

レイクALSAの返済が遅れたら起きること

漫画やテレビドラマなどの影響で、レイクALSAをはじめ消費者金融の返済遅れに恐怖感を抱いている人は多いでしょう。しかし、返済期日に少し遅れたからといって、いきなり怖い人が来ることはありません。
 
実際に返済に遅れてしまった際、起こるのは以下の通りです。
 

●遅延損害金を払わなければいけなくなる
●レイクALSAから催促の連絡が来る
●他社での借り入れが難しくなる

 
返済が間に合わないのではと不安になっている人は、ぜひ参考にしてください。

 

遅延損害金を払わなければいけなくなる

返済が遅れた期間分、借りたお金に加え遅延損害金が発生します。損害遅延金とは、規定の返済日に返済ができなかった場合に損害賠償として借り手が支払うお金のことです。
 
レイクALSAの損害遅延金は年利20.0%となっており、返済遅れなしでお金を借りるよりも高くなっています。損害遅延金は1日ごとに増えていくので、返済日を過ぎたら少しでも早く返済をすることが大切です。

 

レイクALSAから催促の連絡が来る

返済が遅れてしまうと、レイクALSAから電話やメールで返済の催促が来ます。催促の電話は丁寧なものなので恐怖心を抱く必要はありませんが、返答するまで何度も連絡が来るので怖いと感じる人は少なくありません。
 
また、あまりにも電話やメールを無視した場合、請求書が自宅に郵送されてくることもあります。家族に相談せずお金を借りている人は、家に届いた請求書から家族に事情がバレてしまう可能性が高いでしょう。
 
さらに、催促の連絡を無視し続けていると、職場にも連絡が行くかもしれません。もし職場の人にバレれば、消費者金融でお金を借りたものの返済できなかった人として、職場内で信用を失うこともあります。

 

他社での借り入れが難しくなる

レイクALSAで返済に遅れると、信用情報に傷がつき、他社で今後借り入れをするのが難しくなります。また、返済能力がないと判断される可能性が高まるため、レイクALSAでも追加の融資が難しくなるでしょう。
 
返済日までにお金を用意できず、返済遅れになってしまう人は少なからずいます。しかし、返済に遅れればどんどん借り入れは難しくなり、今後数年間は全くお金を借りられない状況になりかねません。
 
生活資金を消費者金融から借りたお金で捻出していた場合、お金を借りられずこれまでの生活を維持できない可能性もあるでしょう。

 

増額審査が難しくなる

レイクALSAの返済が遅れてしまうと、増額が難しくなる可能性があります。増額とは、カードローンの利用途中で利用限度額を増やすことです。
 
増額を希望する際は、審査を受けなければいけません。返済が遅れたことはレイクALSAに記録として残るため「約束を守らない人」「返済能力が低い人」と評価されてしまいます。カードローン会社が最も嫌がるのは貸し倒れリスクが高い人です。お金を貸して返済が滞ってしまったら、カードローン会社が赤字になるからです。
 
そのため、返済が遅れた人が増額を希望していても、審査に通らない恐れがあります。また、返済遅延の期間が長いと信用情報に登録され、増額審査どころか他のローン審査も通らなくなるため注意してください。
 

無利息期間が終了する

返済が遅れてしまうと、レイクALSAの無利息サービスが終了する可能性があります。
 
レイクALSAでは、初めて利用する方を対象として、以下のような無利息期間が選べます。
 

●60日間利息0円(契約金額1〜200万円の人)
 
●180日間借入金額のうち5万円まで利息0円(5万円超部分は通常利息)

 
これらの無利息サービスを活用することで、お得に借り入れが可能です。
 
しかし、返済が滞った場合は無利息期間が終了します。無利息期間が終了した場合は、返済日翌日以降の遅延損害金もしくは利息を負担しなくてはなりません。お得な無利息期間が終了してしまいますので、返済に遅れないようにしましょう。
 

利用停止や強制解約の可能性

カードローンの返済が遅れてしまうと、最悪の場合、利用停止や強制解約になる恐れがあるため注意してください。利用停止や強制解約になると、借入金額の完済や遅延損害金の支払いを求められるうえに、レイクALSAのカードローンで借り入れができなくなります。
 
また、返済遅れや利用停止・強制解約になったことが信用情報機関に登録され、今後のローン利用も難しくなります。レイクALSAはもちろんのこと、他のカードローンでも審査に落ちる可能性が高くなるでしょう。利用停止や強制解約になることも考えられますので、甘い考えで返済遅れにならないように気をつけてください。
 

督促の連絡を無視し続けるとどうなる?

レイクALSAに限らず、カードローン会社からの督促の連絡を無視し続けると、督促状や催告書が届きます。さらに無視をしていると、内容証明郵便による一括返済の請求や裁判所から支払いの督促があります。
 
カードローンは強制解約され、信用情報機関に事故情報が載ってしまい、他のローン審査にまで影響するため注意が必要です。場合によっては法的措置や差し押さえのリスクもあります。
 
督促の連絡があったら無視せず、すぐに対応することが大切です。ここでは、督促の連絡を無視し続けた場合にどうなるのか確認していきましょう。
 

督促状や催告書が届く

レイクALSAからの督促の連絡を無視し続けると、自宅に督促状や催告書が届きます。自宅に届くため、家族や同居人に内緒でレイクALSAを利用していても、カードローンを使っていることがバレてしまいます。
 
督促状や催告書が届いたら、すぐに対応しましょう。さらに無視を続けていると、内容証明郵便による一括返済の請求がきたり、裁判所から支払いの督促が送られてきたりします。
 
内容証明郵便に法的な拘束力はありませんが、次に法的な手続きに進むことの意思表示として使われます。
 
なお、督促については、電話や訪問の時間帯が法律で定められています。そのため、脅迫のような取り立てがあるわけではありません。しかし、督促状や催告書が届いても無視していると、法的措置に進んでしまうため迅速な対応が必要です。
 

強制解約され、ブラックリストに載る

レイクALSAのカードローンを返済せず、督促の連絡を無視し続けると強制解約されてブラックリストに載る可能性があるため注意してください。つまり、延滞・滞納などの事故情報がCICやJICC、KSCなどの信用情報機関に載るということです。
 
事故情報が信用情報に登録されると、他のローン審査が通らなくなります。信用情報機関にもよりますが、延滞情報は1〜5年程度記録されるため、その間他のローンを新たに利用できません。
 
レイクALSAから督促の連絡がきても無視していると強制解約でカードローンが使えなくなるだけでなく、信用情報機関に事故情報が載り、これから先の住宅ローンや教育ローンなどの審査にも影響が出るため気をつけましょう。
 

法的措置や差し押さえの可能性もある

レイクALSAや裁判所からの督促の連絡を無視し続けていると、法的措置や差し押さえになる可能性もあります。
 
返済遅延の状態で3ヶ月以上経過すると、訴訟リスクが高まることが考えられますので注意してください。内容証明郵便が届いた場合は、訴訟に発展する可能性が高いです。
 
訴状が届き、出廷した後は裁判所の決定次第で財産の差し押さえが行われます。差し押さえられた財産で、借入金額や遅延損害金が相殺されたらこの問題は解決とみなされます。
 
ただし、法的措置や差し押さえまで発展してしまうと、事故情報が信用情報機関に記録され、他の審査に影響が出るだけでは済みません。親戚や近所、勤務先に知られてさまざまな問題が生じる恐れもあります。
 
法的措置や差し押さえになってもよいことは何一つありませんので、督促の連絡は無視せず、迅速に対応するようにしてください。
 

レイクALSAの返済に遅れた後すべき対応

もしレイクALSAの返済に遅れてしまったら、借り手としてどう対応すればよいのでしょうか。ここからは、返済日に遅れてしまったときにすべき対応を解説していきます。
 

●フリーダイヤルに電話をする
●メールや電話には必ず返答する
●すぐに返済を進める

 
返済に遅れると焦ってしまう人が多いですが、冷静に対処することが大切です。まずはレイクALSAに連絡を取り、今後のことについて話し合っていきましょう。

 

フリーダイヤルに電話をする

返済に遅れたことに気づいたら、自分からレイクALSAのフリーダイヤルに連絡をしましょう。返済遅れにより下がってしまった信頼を回復するには、早く連絡をして返済の意志があることを伝えることが大切です。
 
フリーダイヤルでは、オペレーターと返済計画について相談することができます。今の状況を話し、無理のない返済日を新しく設定しましょう。

 

メールや電話には必ず返答する

レイクALSAからメールや電話が来たときは、必ず最優先で返答をしてください。いくら返済に遅れて気まずいからといって、レイクALSAからの連絡を無視するのは最もよくない対応です。
 
連絡を無視すれば自宅や職場に連絡が来る可能性もあるので、早めに返答しましょう。また、すぐ返事をすることで、返済の意志があるとレイクALSAに伝わります。今後もレイクALSAを利用していくため、電話やメールで返済の意志があることを伝えましょう。

 

すぐに返済を進める

レイクALSAへの返済をどんどん遅らせれば、その分遅延損害金が増えていきます。そのため、少しずつでも早めに返済することが大切です。また、電話でオペレーターと相談して決めた返済期日は必ず守ってください。
 
何度も返済期日を過ぎると、さらに信用が失われてしまいます。最終的には、クレジットカードを発行したり、ローンを組んだりすることができなくなります。他にお金を使う予定があっても、レイクALSAへの返済を優先した方がよいでしょう。

 

レイクALSAの返済遅れを防ぐ方法3つ

レイクALSAでは、返済遅れを防ぐためのポイントをいくつか解説しています。今まで何度も返済を忘れてしまった、1ヶ月先の自分が返済日を覚えているとは思えない、という人は、今のうちに対処をしておきましょう。
 
レイクALSAでは、会員ページや電話から返済日の変更や返済日のリマインドをお願いすることも可能です。自分の性格に合わせて対処法を取り入れ、返済遅れを防ぎましょう。

 

返済日を返済可能な日に変更する

自分で決めた返済日に遅れてしまいそうな場合、フリーダイヤルへ電話をして返済日の変更を行いましょう。
 
返済日をどこまで伸ばせるかは、設定した返済日と借り入れをした日によって変わります。返済日を制限なく伸ばせるわけではありませんが、オペレーターと相談しながら無理のない返済日を設定できるでしょう。

 

返済を自動引落にする

返済日を忘れてしまうのが不安なら、銀行口座からの自動引落を返済方法に設定しましょう。自動引落なら、指定した返済日に自動でお金を引き落としてくれるので、返済忘れを防げます。返済の際に手数料もかかりません。
 
自動引落は、パソコンやスマートフォン、または郵送で申し込みできます。すぐに設定を変えたいなら、会員ページにアクセスしてインターネットで申込をしましょう。
 
ただし、口座にお金がないと返済できず、返済遅れとなってしまいます。返済用の口座には、余裕を持ってお金を入れておくようにしましょう。

 

返済日をメールで連絡してもらう

自動引落以外の返済方法を使うなら、メールお知らせサービスを活用しましょう。レイクALSAのメールお知らせサービスでは、返済日が近づくとメールを送って返済額のリマインドをしてくれます。
 
期日前のリマインドメールだけでなく、期日後の案内メールも受け取れるので、すでに返済日に遅れてしまったときも早く気づけるようになるでしょう。メールお知らせサービスは、会員ページに登録して通知をONにすることで受け取ることが可能です。自分がお知らせをONにしているか確認するため、一度会員ページを確認してください。

 

レイクALSAでの返済遅れはすぐに連絡をして対処しよう

レイクALSAの返済に遅れたら、すぐに電話をして最適な対処法を聞きましょう。何度もレイクALSAから電話やメールが来て、「なんとなく怖い」「担当の人から怒られるんじゃないか」と感じる人は多いですが、返済に遅れたからといって、連絡を無視するのは悪手です。
 
返済が遅れれば遅れるほど遅延損害金は大きくなり、今後お金を貸してもらえる可能性も下がるので、返済の金額を抑えるためにも、すぐに連絡をしてください。電話では、オペレーターと今後の返済計画について話すことができます。返済が難しい場合も、正直に事情を話していつなら返せるのかはっきりと伝えてください。

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 
【レイクALSAに関して】
※Web以外の無人店舗やお電話で申込むと、お借入額全額30日間無利息またはお借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。
※60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。
※30日間無利息、60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。
※初回契約翌日から無利息
※無利息開始日はご契約日の翌日からとなります。
※無利息期間経過後は通常金利適用。
貸付条件
ご融資額 :1万円~500万円
貸付利率(実質年率): 4.5%~18.0%
※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。
ご利用対象 :満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)
遅延損害金(年率): 20.0%
ご返済方式 :残高スライドリボルビング方式/元利定額リボルビング方式
ご返済期間・回数: 最長5年・最大60回
※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。
必要書類 :運転免許証等
※収入証明(契約額に応じて、レイクALSAが必要とする場合)
担保・保証人: 不要
商号・名称:(新生フィナンシャル株式会社)
貸金業者の登録番号:(関東財務局長(10) 第01024号)