CLOSE

キーワードで記事を検索

更新日: 2021.08.17 返済

レイクALSAで滞納してしまった場合の対応は?

レイクALSAで滞納してしまった場合の対応は?
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

 
レイクALSAで返済が間に合わず、滞納してしまった場合はどうなるのか。利用者にとっては気になる部分かと思います。滞納しないことがベストではありますが、もしも滞納してしまったときのために、どうなるのかも把握しておきましょう。
 

レイクALSAで滞納した場合に起きること

レイクALSAで滞納してしまった場合どうなるのかは、人には聞きにくい部分なのではないでしょうか。しかし、忘れてしまったり、経済的な負担から返済できなかったりなど、やむを得ず滞納してしまう場合もあるでしょう。そこで、滞納したときに何が起きるかについて見てみましょう。

 

電話がかかってくることがある

レイクALSAが入金を確認できない場合、本人の携帯電話や自宅、あるいは職場に電話がかかってくるケースがあります。返済日に返済できなかった場合、レイクALSA側もすぐに把握できます。
 
ただし、どれくらい返済が遅れたら電話がくるのかは正式に条件等がアナウンスされているわけではありません。周囲にバレないようレイクALSAを利用している人は、返済日を厳守した方がよいのは言うまでもありません。

 

請求書が送られてくる場合もある

レイクALSAで滞納すると、自宅に請求書が送られてくる場合もあります。「入金が確認できないので至急振り込んでください。行き違いで既に振り込んでいる場合にはご了承ください」といった内容です。こちらも電話同様、どれだけの滞納日数で請求書が送られてくるのかまではアナウンスされていません。

 

ブラックリストに掲載されることもある

滞納していると電話や請求書で返済の督促が行われますが、それらを無視して返済を行わない場合、俗にブラックリストと呼ばれる信用情報機関に名前が記載される可能性があります。
 
信用情報機関には、金融事故者の名前が記載されます。指定期日までに返済を行わず、かつ督促を無視し続けていれば、金融業界にとって「好ましくない消費者」となりますので、ブラックリストに掲載されてしまうのです。

 

レイクALSAが会員を滞納させないために用意しているサービス

レイクALSAとしてもできる限り滞納をしてもらいたくないと考えています。そのために、いくつかサービス・対策を用意してくれていますのでそちらもチェックしてみましょう。

 

返済日前お知らせメール

返済日当日の3日前にメールで知らせてくれるので、返済日を忘れてしまう「うっかり」を回避できます。経済的な理由ではなく、単純に振込日を忘れていた、忙しくて振り込みできなかったという人は、返済日前お知らせメールを設定しておくことで、うっかりを防げるでしょう。
 
ただし、メールフィルタの設定によってはせっかくのお知らせメールが確認ができません。お知らせメールを利用する場合、受け取るメールアドレスのメールフィルタの設定も見直しておきましょう。

 

専用フリーダイヤル

レイクALSAでは専用フリーダイヤルで返済の相談を受け付けています。返済日までの支払いが難しい場合、専用フリーダイヤルで相談すると、何らかの方法を提案してもらえる可能性があります。無断で滞納するよりは、一度相談してみるとよいでしょう。ちなみに専用フリーダイヤルのオペレーター対応時間は平日の9:00~18:00です。

 

会員ページからの返済日変更

レイクALSAの会員ページでは、返済日を変更できます。返済日の変更は、返済日の3日前から可能です。取引状況によっては変更できないケースもあるようですが、返済日までの返済が難しい場合には、会員ページにアクセスして、改めて返済期日を入力しておきましょう。

 

レイクALSAで滞納してしまうデメリット

レイクALSAで滞納してしまった場合、どのようなデメリットがあるのかも覚えておきましょう。

 

利息が増えてしまう

滞納した場合、遅延損害金が発生します。こちらは年率20.0%と一般的な金利よりも高率です。また、遅延損害金の発生のみならず、返済していないことで元本が減りません。結果、返済することで減るはずの元本が減らず、元本にかかる利息も返済したときよりも高くなってしまいます。

 

周囲に利用がバレてしまうリスク

レイクALSAは、滞納すると自宅に電話したり請求書を送ったりします。これにより、周囲にバレてしまう可能性があります。これまで周囲にバレないよう利用していたとしても、滞納することで露呈してしまう可能性があります。できる限り周囲にバレずに利用したいと思っている人は、これらの点もデメリットになるのではないでしょうか。

 

ブラックリストに掲載されると以降のライフプランに影響が出る

滞納を続けていわゆるブラックリストに記載されると、以降金融サービスを受けられなくなります。自動車や住宅ローンが組めないだけではなく、クレジットカードも作れなくなってしまいます。
 
不便な生活を強いられるうえに、マイカーやマイホームも現金一括以外での購入ができなくなるため、ライフプランの見直しに迫られる可能性があるでしょう。ちょっとした滞納が、その後何年もの間、不便を強いられることにもなりかねませんのでマイホームやマイカーの予定がある方は気を付けましょう。

 

レイクALSAは滞納せずに返済を行おう

レイクALSAで滞納すると、大きなデメリットがあります。しかし、レイクALSAは利用者が滞納しないようにと配慮しています。用意してくれているさまざまなサービス・システムを活用して、できる限り延滞しないよう心がけましょう。

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部