CLOSE

キーワードで記事を検索

更新日: 2021.08.17 借入

すぐに現金を用意する方法とは? 入手までのスピードや解決策を紹介

すぐに現金を用意する方法とは? 入手までのスピードや解決策を紹介
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

急な用事でまとまったお金が必要になり、「すぐに現金が欲しい」と悩んだ経験のある方は多いのではないでしょうか。冠婚葬祭や病気、急な引っ越しなど現金が求められる状況はたくさんあります。
 
この記事では、すぐに現金を用意する方法をスピード別に詳しく解説します。現金が必要になるシーンや現金不足の予防法まで分かりやすく紹介しますので、この記事を読んで悩みを解決しましょう。
 

すぐにお金が必要なシーンは多い

ある程度貯金がある人でも、急にお金が必要になることは少なくありません。お金に困っているという悩みは、なかなか周りの人に打ち明けにくく、急な出費に慌ててしまう人はたくさんいます。
 
ここからは、すぐに現金が必要になるシーンについて解説していきます。
 
あらかじめ急な出費に備えておきたい、という人もぜひ参考にしてください。
 

お金が必要になるとき

お金が急に必要になることは少なくありません。特に以下のようなタイミングには、急な出費が発生して悩むことがあります。
 

●結婚・出産
●急病
●親族の病気
●引っ越し
●家具・家電の買い替え
●退職

 
大きなライフイベント以外でも、賃貸契約の更新や保険料、旅行代金などまとまったお金が必要になることは十分考えられます。
 
また、複数の出費が重なり、一時的に貯金が底をついてしまうこともあるでしょう。
 

現金の用意が必要になることも

昨今はキャッシュレス決済が浸透してきましたが、どうしてもまとまった現金が必要になることもあります。現金が必要になるのは、以下のような費用です。
 

●ご祝儀
●香典代
●医療費(保険適用のもの)
●学校関係費(給食費など)

 
貯金はあるものの、ATMが閉まっていて現金が引き出せない、というトラブルは少なくありません。すぐに現金が欲しいときは、次で紹介する方法を試してみてください。
 

公式サイトで申し込み

プロミス

image

おすすめポイント


WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!

融資上限額 金利 審査時間
最大500万円 4.5%~17.8% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 即日融資

 

すぐ現金を用意する方法7選

「数日以内に現金を用意しないといけない」「クレジットカードはあるけど現金がない」という悩みを抱える人は少なくありません。ここからは具体的に、すぐに現金を用意する方法を7つ解説していきます。
 

●知人や家族に借りる
●持っているものを売る
●短期アルバイトをする
●給料を前借りする
●公的機関から融資を受ける
●カードローンを利用する
●クレジットカードのキャッシングを利用する

 
現金入手までのスピードも一緒に紹介していくので、いつまでにいくら現金が必要なのか整理した上で試してみてください。
 

知人や家族に借りる

知人や家族が近くにいれば、最も早く現金が手に入ります。親しい家族であれば、貸し借りという形ではなく無償で助けてくれる可能性もあるので、どうしても困ったら一度相談してみてもよいでしょう。
 
ただし、お金の貸し借りをきっかけにして関係が悪化してしまうことも少なくありません。
 
もし、知り合いとお金の貸し借りをするのが嫌な場合は一緒に食事をした後、代金をクレジットカードで支払い、友人や家族から割り勘分の現金を受け取るのも1つの方法です。
 
せっかく築き上げた関係を壊してしまわないよう、お金の話は慎重に進めていきましょう。
 

持っているものを売る

その場でお金を受け取れるリサイクルショップなどで不用品を売却すれば、当日にすぐ現金を用意できます。受け取れるお金は売却する不用品にもよりますが、ブランドバッグであれば数万円の価格がつく可能性もあるので検討してみてください。
 

短期アルバイトをする

日払いの短期アルバイトなら、その日中に現金を手に入れることができるでしょう、ただし、単発バイトの中には後日銀行振込のところもあり、給与が受け取れるまでに1週間から1ヶ月かかることもあります。
 
すぐに現金が欲しいときは、即日払いの単発アルバイトを探すのがおすすめです。
 

給料を前借りする

安定して同じ仕事を続けている場合、上司や事業主に相談して給料を前借りするのもよいでしょう。もし1ヶ月分の給料が前借りできれば、かなりの現金を得られるので大きな出費にも対応できます。
 
しかし、給与を前借りさせてもらえるかは職場によって異なります。また、給料分以上は貸してもらえないので前借りを検討する際はまず職場の担当者に相談しましょう。
 

公的機関から融資を受ける

手続きに時間がかかる可能性はありますが、公的機関から融資を受けることもできます。公的な融資制度には、以下のようなものがあります。
 

●緊急小口資金貸付
●総合支援資金

 
その他、事業者向けの貸し付けもあるので、制度について詳しく知りたい人は厚生労働省のコールセンターから相談してみましょう。
 

カードローンを利用する

消費者金融等のカードローンを利用すれば、コンビニATMなどからすぐに現金を引き出すことが可能です。
 
ただし、新規でカードローンに申し込むには審査があります。審査は最短即日で終わるところが多いですが、場合によっては翌日以降になることもあるので現金が手に入るまでの時間が長くなる可能性もあるでしょう。
 

クレジットカードのキャッシングを利用する

すでにクレジットカードを持っている場合、キャッシングが利用できます。キャッシングを使えばカードローンと同様にコンビニATMなどからすぐに現金を借りることが可能です。
 
ただし、キャッシングでお金を借りるとその分ショッピングで使える金額が減ってしまいます。また、すでに限度額ギリギリまでクレジットカードをショッピングに使っている場合、キャッシングができないこともあるので注意が必要です。
 

現金不足に備えてローンに申し込んでおこう

現金がすぐに手に入らず、精神的に大きな負担を感じている人は少なくないでしょう。現金不足の悩みを解決するには、あらかじめすぐに現金を引き出せる手段を用意しておくのがおすすめです。
 
十分な貯金をする、家にある程度現金を置いておく、など方法はさまざまですが、まとまった現金をすぐ用意するならカードローンがおすすめです。普段あまりお金に困っていない人も、もしものときに備えてローンカードを持っておくと安心でしょう。
 
ここからは、カードローンのメリットや選び方を解説していくので、ぜひ参考にしてください。
 

カードローンのメリット

カードローンなら、現金の用意が必要なときが来ても慌てず対処することができます。カードローンに申し込んでおくメリットは、以下のとおりです。
 

●限度額内なら何回でも借りられる
●コンビニATMなどから気軽に引き出せる
●使い道が制限されない
●返済額が分かりやすい
●アプリなどで返済額をチェックできるサービスもある

 
カードローンはどうしてもお金が足りない場合には頼れる存在です。今後現金が必要になりそうな人はあらかじめカードローンに申し込み、審査を受けておきましょう。
 

カードローンの選び方

カードローンのサービスを提供している金融機関は非常に多いため、どこで申し込みをすべきか分からず悩んでしまう人も多いでしょう。
 
自分に合ったカードローンを選ぶポイントは、以下のとおりです。
 

●使えるATMの種類
●借り入れの手数料
●審査完了までの速度
●融資までのスピード
●金利

 
すぐに現金を用意することを重視する場合、審査が早く最短即日融資が狙える金融機関がおすすめです。一方、今後も長く利用する金融機関を選びたい場合は、使えるATMの種類や手数料、金利を慎重にチェックするのがよいでしょう。
 
ただし、カードローンで借りたお金は必ず返済をしなければいけません。カードローンは誰でも使いやすいサービスですが、使い方を誤ってしまうと返済が大きな負担になるので、無理のない範囲で利用してください。
 

公式サイトで申し込み

アイフル

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短1時間でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 1秒診断(※)
WEB完結 無利息期間 融資スピード
※融資まで 30日間 最短25分

※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
※診断結果は、入力いただいた情報に基づく簡易なものとなります。
 実際の審査では、当社規定によりご希望にそえない場合もあります。

 

自分にあった方法で現金を用意しよう

誰にでも急にまとまった現金が必要になるシーンはあります。現金が必要なときは慌てず、この記事で紹介した方法を試してみてください。
 
現金を用意できる方法は複数あるので、自分にできる方法を少しでも早く始めることが大切です。ただし、方法によって現金を入手するまでのスピードが違います。緊急度に合わせ、最適な方法を選択しましょう。
 
また、あらかじめ現金不足に備えるにはカードローンの利用がおすすめです。今後お金が必要になりそうなときは、早めにカードローンに申し込んでおきましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 

【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット
【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット