更新日: 2021.10.04 借入

アコムから増額の案内メールがきたときの選択肢|増額の手順や申請前の注意点

[PR]

執筆者 : 鴨志田 大輔

アコムから増額の案内メールがきたときの選択肢|増額の手順や申請前の注意点 [PR]
鴨志田 大輔

執筆者:鴨志田 大輔

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している

アコムから突然、契約極度額の増額を案内するメールが届いたことがあるアコム利用者もいるのではないでしょうか。「何かリアクションするべき? 」「増額申請をしないといけないの? 」と困惑した人もいるのではないでしょうか。   アコムからの増額案内メールは、増額申請を勧誘するのが目的であり、必ず手続きをしなければならないものではありません。ここでは、アコムから増額に関するメールがくる理由や対応方法、増額申請をする際の手順や審査のポイントをまとめました。   アコムから増額案内メールがきて戸惑っている人や、メールを受けて増額申請を検討している人は、ぜひ参考にしてください。  

アコムから増額の案内メールがくる理由

アコムのカードローンを利用していると、アコムから契約極度額の増額を案内するメールが届くことがあります。実際にメールが届き、増額の申し込みをしたわけでもないのになぜ? と思われた人もいるでしょう。   実はアコムからの増額案内のメールは「限度額が引き上げられました」「限度額が増額できます」という類いのお知らせではありません。「増額申請をしてみませんか? 」という勧誘のメールです。   そのため、増額案内のメールが届いたからといって極度額の増額が確約されているわけではなく、案内に従って申し込んだ結果、増額不可と判断されることもあります。  

 

 

アコムから増額メールがきたときの選択肢

契約極度額の増額の案内は、メールで送られてくるほか、電話でくるケースもあります。増額の案内がきたからといって、必ず増額の申し込みをしなければならないわけではありません。現状の契約極度額をキープする選択肢もあります。   現在の利用状況や収入などを考慮して増額の申し込みをするかどうかをよく検討し、メールや電話への対応を決めましょう。   増額の意思がない場合は、案内メールを無視しても構いません。電話で案内がきた場合は、増額申請はしない旨を伝えれば大丈夫です。   メールや電話で繰り返し案内がきて煩わしい場合は、増額の意思がないこと、今後メールや電話での勧誘を控えてほしいことを、アコムの担当者に伝えましょう。   増額したい場合は、契約極度額増額の申し込みをしましょう。増額の手続きについては、以下で詳しく説明します。  

 

 

アコムで増額・増枠を申し込む方法

アコムの増額・増枠申請の方法は、次の5とおりです。  

・アコム総合カードローンデスク(0120-629-215)に電話する(受付時間:平日 9:00~18:00)  
・WEBの会員ページから申し込む(受付時間:24時間)  
・アコムのATMで申し込む(受付時間:24時間)  
・自動契約機(むじんくん)で申し込む(受付時間:9:00~21:00(年末年始休業))  
※営業時間は⼀部異なる場合もございます。
・店頭窓口で申し込む(受付時間:9:30~18:00(土日祝日休業))

  増額・増枠申請をしてから追加借り入れをするまでの手続きは、おおよそ次のような手順で進みます。  

  • 1.増額申し込み・書類提出
  • 2.申し込み内容の確認電話
  • 3.増額審査
  • 4.結果通知・限度額再設定
  • 5.追加借り入れ

  それぞれの行程について、準備することや必要な手続き、行われることなどを詳しく見ていきましょう。  

1.増額申し込み・書類提出/2.申し込み内容の確認電話

申込時には、新規契約時と同様に個人情報や勤務先情報などの申告が必要です。もれや間違いがないように正確に記入または入力をしましょう。また、本人確認書類(運転免許証、個人番号カードなど)の提出も求められます。   次のような場合は、収入証明書も必要です。  

・アコムの利用限度額が50万円を超える場合 ・アコムの利用限度額と他社からの借入金額の合計が100万円を超える場合 ・すでに提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合

  次のいずれかの収入証明書を準備しましょう。  

・源泉徴収票(最新年度のもの) ・直近2ヶ月分の給与明細書(賞与がある場合は直近1年分の賞与明細書もあわせて提出) ・市民税・県民税額決定通知書(最新年度のもの) ・所得証明書(最新年度のもの) ・確定申告書の第一表(最新年度のもの)

  書類の提出方法は、以下のいずれかです(申し込み方法による)。  

・「会員ページ」からアップロード ・FAXで送信(0120-32-2345) ・店頭窓口・自動契約機(むじんくん)に持参 ・郵送

  申し込みが完了すると、アコムから確認電話がかかってくることがあります。  

3.増額審査

増額申込時に申告した内容や信用情報機関に照会した信用情報をもとに、増額の可否や金額を決める審査が行われます。信用情報とは、信用情報機関のCICやJICC(日本信用情報機構)に登録される、個人のローンやクレジットの申し込み、契約、借り入れ・支払い状況などの情報です。   信用情報では特に、新規契約時から増額申請までの取引状況などが判断材料となります。アコムで返済の遅延などがなく良好な取引をしていても、他社での借り入れが増加していたり、遅延があったりすると審査ではマイナスです。   このほか、増額申込時の就業状況や提出した収入証明書などの情報も加味して「増額してもきちんと返済ができるか」が総合的に判断されます。  

4.結果通知・限度額再設定/5.追加借り入れ

増額審査の結果は、原則として申し込みの当日に通知されます。申し込んでから増額審査の結果が分かるまでの時間は申し込み方法によって異なりますが、インターネットなら比較的早く通知がくるようです。   ただし、申し込んだ内容や時間帯によっては、翌日以降の回答となる場合もあるため注意しましょう。例えば会員ページやアコムのATMは申し込みを24時間受け付けていますが、21:50~8:00の申し込みは審査結果の通知が9時以降になります。   また、「原則1日」をうたってはいるものの、実際には限度額の増額審査は契約時の審査と比べて時間がかかるともいわれています。増額・増枠となると契約時の限度額の枠より金額が大きくなることから、慎重に審査する必要があるためです。   場合によっては審査に2日~1週間かかる可能性もあるため、余裕をもって申請することをおすすめします。   審査に通って、限度額の再設定をすれば増額の手続きは完了です。増額手続きが完了すると同時に、増額された利用限度額までの追加借り入れが可能になります。  


 

 

アコムで増額できない人の特徴

アコムの増額・増枠申請に落ちる人の共通項目として、以下の点が挙げられます。  

・アコムへの返済が遅れている ・返済能力が不足している ・他社の借り入れが増えている ・信用情報機関に金融事故情報が載っている

  アコムの返済が遅延したことがある人は要注意です。特に繰り返し返済遅延を起こしている場合、審査に通過できる可能性は極めて低いといえるでしょう。   また、新規申込時と比べて返済能力が落ちている人も、審査に通りにくくなります。例えば、転職などの理由で収入が下がった人は、返済能力を危惧される可能性があるでしょう。   他社の借り入れが増加している人も、審査に通りにくいといえます。借入件数や借入総額が増えていると、返済能力不足と判断される可能性が高まるためです。   最後に、アコム以外のカードローンやクレジットカードなどで金融事故を起こしている場合、まず審査に通らないでしょう。金融事故は、事故情報として信用情報機関に登録されます。信用情報は、審査において重要なポイントです。信用情報に傷がないかどうか、自分自身で振り返ってみることも大切です。  

 

 

アコムで増額審査に通るためのポイント

アコムの増額審査では、これまでのアコムカードローンの利用状況についてチェックされます。これまで返済をきちんとしてきているか、遅延や滞納がないかなどを確認するためです。   信用情報も、増額の審査ポイントです。複数社への申し込みや多額の借り入れといった情報が登録されていると、増額審査に落ちる可能性が高くなります。   また、返済能力の有無や総量規制に抵触しないかどうかを判断するために、年収も確認されます。アコムのカードローンの増額の審査ポイントについて、さらに詳しく見ていきましょう。  

アコムの返済で延滞・遅延がないか

アコムカードローンの利用状況に返済遅延などの問題がある場合は、返済能力がないとみなされ、増額審査に通るのは難しくなるでしょう。反対に利用状況に何も問題のない優良な利用者であれば、増額審査が有利に進む可能性があります。   利用状況といっても、直近1~2ヶ月の情報だけで判断されるわけではありません。少なくとも半年以上の借り入れや返済実績をもとに、審査されるといわれています。   増額審査のためにあわてて利用状況を正すのではなく、日頃から契約に従ってきちんと返済を継続することが大切です。  

信用情報に問題ないか

信用情報に問題があると、増額審査では不利になります。例えば次のような履歴があれば、十分な返済能力がないと判断され、増額審査に落ちる可能性が高まるでしょう。  

・増額審査前に複数社に申し込みをしている ・他社借り入れが急激に増えている ・他社で返済遅延がある

  信用情報機関に開示請求をすると、自身の信用情報を確認できます。不安な場合は、信用情報を開示して、問題がないことを確認してから増額を申し込むのも手です。  

増額に見合う年収かどうか(総量規制に抵触しないか)

アコムの増額審査では、利用者の年収もチェックされます。増額をすれば返済の負担が増える可能性が高く、増額に見合った年収がないと返済が難しくなるためです。   また、アコムでの借り入れは総量規制の対象となるため、年収の3分の1を超える金額は借り入れられません。したがって、他社の借入金額や増額の希望額と年収との兼ね合いによっても、希望どおりの増額ができない可能性があります。   例えば、年収300万円の人が現在の契約極度額100万円を150万円に増額したいと考えても、これ以上の増額は総量規制に抵触するために認められません。年収と借り入れのバランスを考えて、増額の申し込みをするかどうかや希望金額を検討しましょう。  

他社からの借り入れはないか

他社借り入れが多いと「他の借り入れを返済できず自転車操業になっているのでは? 」などと判断され、返済能力に疑いを持たれかねません。また、他社借り入れが多いと、総量規制に引っ掛かる可能性も高まります。   他社借入状況は、信用情報に登録されていますので、審査で隠し通すことはできません。アコム以外に多額の借り入れがある人は、返済を進めて残債を減らしてから増額を申し込むなどの対策が必要です。  

 

 

増額を受ける際の注意点

増額・増枠審査を受ける際には、審査の結果希望どおりの増額がかなわない場合もあることに加えて、次のようなデメリットが生じるケースもあることを念頭に置く必要があります。  

・限度額が下げられる可能性がある ・借りすぎてしまう可能性がある

  特に1つめのデメリットについては、増額を見込んで申し込んだにもかかわらず反対の結果になるわけですから、注意が必要です。   2つのデメリットについて、以下でそれぞれ詳しく説明します。  

限度額が下げられる可能性がある

以下のようなケースに該当している場合、増額できないだけでなく、限度額が引き下げられる可能性が高いため注意しましょう。  

・他社の借入額が増加している ・クレジットや他社の返済で金融事故を起こしている ・減給、ボーナスカットなどにより総量規制に抵触する

  例えば、新規申込時に年収が900万円あり、300万円の契約極度額が設定されたとしましょう。増額申請時に何らかの理由で年収が減少して600万円になっていた場合、借り入れできる上限金額は200万円に減少した状態です。そのため、契約極度額は総量規制に抵触しない200万円以内に、引き下げられることになるでしょう。   また、総量規制は1社のカードローンだけではなく、他社の借入残高との合計額で考えます。他社の借り入れが増加している場合、アコムで増額できる枠はすでにないばかりか、反対に契約極度額の減額が必要な状態であるケースもあり得るのです。   また、このようなケースに該当した場合、限度額引き下げにとどまらず、アコムカードローンの利用停止となるケースも考えられます。増額審査の申し込み前に、該当する状況ではないかしっかり確認しましょう。  

借りすぎてしまう可能性がある

増額・増枠審査に通ると、借入可能額に余裕ができます。そのため、つい必要以上の借り入れをしたくなりがちです。   追加で借り入れをすると、そのぶん支払利息も増え、毎月の返済額が増加します。家計を圧迫したり、最悪、返済が困難になったりすることも、十分に考えられるでしょう。   増額・増枠申請をする際は、本当に増額・増枠が必要かをよく考えたうえで実行しましょう。また、増額・増枠申請が認められたからといって、必要以上の借り入れは行わないようにすることが大切です。  

 

 

アコムの増額に関するQ&A

アコムの増額に関してわからないことが多く、増額案内にどう対応するか迷っているという人も多いでしょう。そこで最後に、アコムの増額に関する以下の疑問点をピックアップして、Q&A形式にまとめました。  

・増額案内のメールを断っても今後増額できるか

  増額の案内メールがきた際の対応や、増額審査の申し込みの検討に役立ててください。  

案内のメールを断ると、今後増額はできない?

アコムから届く増額案内のメールや電話は、あくまで「アコムの取引状況が良好な人」にあてて届くものです。増額案内を断ったからといって、今後一切の増額ができないというわけではありません。増額をしたいと思ったときに所定の方法で申し込みをすれば、増額の審査を受けられます。   また、増額案内のメールや電話がきたからといって、申し込めば必ず増額審査に通るというわけではないことには注意が必要です。  

 

 

アコムからくる増額メールに備えよう

アコムからの増額の案内メールは、増額申請を勧誘する目的で送られるものです。そのため、増額の意思がない場合は放置しても問題ありません。メールをきっかけに増額申請を検討する場合は、申し込みの手順や増額審査の注意点をしっかり確認しましょう。   増額審査には他社借入状況や信用情報などいくつかのポイントがあり、マイナスな点があると審査に通らないばかりか、契約極度額を引き下げられるケースもあります。   また、軽い気持ちで増額をすると、必要以上の借り入れをしてしまう危険もあるでしょう。増額を案内されたからといって安易に申し込まず、自身の収入や借り入れの状況を省みて、申し込みをしても問題ないかよく考えることが大切です。
 

 
執筆者:鴨志田 大輔 ファイナンシャルプランナー  

■アイフル
※商号:アイフル株式会社
※登録番号:近畿財務局長(14)第00218号
※貸付利率:3.0%~18.0%(実質年率)
※遅延損害金:20.0%(実質年率)
※契約限度額または貸付金額:800万円以内(要審査)
※返済方式:借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
※返済期間・回数:借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)
※担保・連帯保証人:不要
■アコム
※ファイナンシャルフィールドでは、アフィリエイトプログラムを利用し、アコム社から委託を受け広告収益を得て運用しております。
■dスマホローン
※1 優遇適用後金利 0.9%~17.9%(実質年率)/基準金利 3.9%~17.9%(実質年率) ドコモ回線などのご利用状況に応じて、最大年率3.0%の金利優遇が適用。適用条件はdスマホローン公式サイトでご確認ください。