CLOSE

キーワードで記事を検索

金利

金利

低金利、無利息期間ありで選ぶ、おすすめのカードローン

「金利」はお金を借りるうえで、とても重要な要素です。カードローンを何度も利用している人も、初めて利用する人も、知っているようで知らない金利について、改めて確認してみましょう。金利を正しく理解すれば、カードローンをスマートに使いこなせます。
 
この記事では、カードローンの金利とは何か、また利息の計算方法や利息を安くする方法についてまとめました。カードローンの申し込みを検討している人は、当記事を参考にしてください。
 

カードローンの金利とは

ここでは、カードローンの「利息」と「金利」の違い、「実質年率」の意味を解説します。
 
また、法律で定められたカードローンの上限金利や、適用される金利が決定される主な要因についてもご紹介するので、カードローンの金利の基礎について知りたい方はぜひ参考にしてください。
 

カードローンにおいて「実質年利=金利」と考えてよい

まず、「利息」と「金利」の違いが分からないという方も多いのではないでしょうか。
 
「利息」は、お金を貸すときのいわばレンタル料を指し、お金の借主が貸主に支払うものです。一方「金利」は、元金に対する利息の割合のことです。金利は%で表されます。
 
「金利」はあくまで割合であることを念頭に置いておきましょう。
 
カードローン会社では「実質年率(年利)」を提示しています。実質年率とは、一般的には手数料や保証料などの諸費用を加えた実質的な金利のことを指し、%で表示されます。実質年率を言い換えると、1年間(365日間、うるう年は366日で計算)カードローンを利用した場合の金利です。
 
各カードローン会社の公式サイトで金利をチェックすると、実質年率を表示していることが分かります。カードローン会社の多くは手数料や保証料を無料としているため、カードローンにおいては「実質年率=金利」と考えてよいでしょう。
 

法律で定められたカードローンの上限金利

利息制限法によって定められた上限金利は「年15~20%」です。
 
カードローン利用者の金利負担を軽減するために利息制限法が改正され、2010年6月に上限金利が引き下げられました。
 
2021年8月現在、上限金利は利用限度額に応じて以下のとおり3段階に分かれています。
 

利用限度額 10万円未満 10万~100万円未満 100万円以上
上限金利 年20% 年18% 年15%

 
信用度(返済能力)が高いとみなされ、利用限度額は100万円と決定された場合には、実質年率は15%以下です。
 
上限金利を年18%より低く設定したり、100万円以上の利用限度額を対象に法定上限金利よりかなり低い金利(実質年率)を提供したりするカードローン会社もあります。
 
金利(実質年率)に関しては、各社横並びではないのでぜひチェックしてみてください。

 

適用される金利が決定する主な要因

カードローンの金利は「○○%~△△%」と幅を持たせて記載されています。適用される金利(実質年率)は、各種法令や融資を受ける金額に影響されるため、申し込み内容によって異なるのです。
 
しかし、初めて消費者金融を利用する人の場合には、上限金利に設定されるケースが多いと言えるでしょう。
 
実際に適用される金利(実質年率)を決定する主な要因は、次のとおりです。
 

●信用度(返済能力)
●利用限度額
●返済期間

 
借り入れを希望した金額が利用限度額となるかどうかは、審査によって決定されます。
 

利息の計算方法

カードローンの利用残高に応じて利息額を算出する際には、実質年率をベースに計算します。
 
具体的な利息の計算方法は次のとおりです。
 
利息=利用残高×金利(実質年率)÷365日×利用日数
 
うるう年は366日で計算し、1円未満は切り捨てです。なお、カードローン借り入れの当日は、利用日数に含まれません。
 
上記の計算式を見ると、「利用残高」「金利」「利用日数」の数値が大きくなればカードローン会社に支払う利息額も大きくなることが分かります。
 
各カードローン会社は返済シミュレーションツールを提供していますが、「利用残高」「金利」「利用日数」が分かれば、誰でも手計算しておよその利息額を把握できるのです。
 
具体的な例で、利息の計算方法をおさらいしましょう。
 
・金利(実質年率)18.0%で1万円を30日間利用した場合
1万円×18.0%÷365日×30日=147円
 
・金利(実質年率)15.0%で1万円を30日間利用した場合
1万円×15.0%÷365日×30日=123円
 
カードローンの基本は「利用金額に応じて決定される一定額を、少しずつ返済する」仕組みです。
 
各カードローン会社によって「借入後残高スライド元利定額返済方式」や「定率リボルビング方式」など採用している返済方式は異なりますが、基本は変わりません。
 
カードローン会社から求められる返済額だけを返済していると、毎月の返済負担は軽いものの、返済期間が長期化し「利用日数」の数値が大きくなります。つまり、結果として高額な利息を支払うことになることを知っておきましょう。
 
次に利息を安くする方法をご紹介しますので、スマートにカードローンを使いこなすためにもぜひ参考にしてください。

 

利息を安くする方法

ここでは、カードローン会社に支払う利息をできるだけ安くする方法をご紹介します。
 
利息を安くする主な方法は、次の3つです。
 

●できるだけ低金利なカードローンを選ぶ
●積極的に随時返済する
●金利が低いカードローンへ借り換える

 
上記の3つ以外にも、消費者金融系カードローンが実施しているサービスの中に「無利息期間サービス」があります。初めて取引する人に限定されますが、無利息期間中は文字どおり利息を支払う必要はありません。
 
では3つの方法について、それぞれ押さえておきたいポイントなどを見ていきましょう。

 

できるだけ低金利なカードローンを選ぶ

できるだけ金利が低いカードローンを選べば、利息を減らせます。利息の計算式には「利用残高」「金利」「利用日数」の3要素が含まれており、金利が低いほど利息を抑える効果があるからです。
 
金利(実質年率)は、カードローンを提供する金融機関の公式サイトで公開されています。
 
カードローンの上限金利は、一般的に銀行系のカードローンのほうが消費者金融系カードローンよりも低い傾向にあるので、目安にしてください。ただし、銀行系カードローンのほうが審査が厳しいという一面もあります。
 
なお個々の利用者に適用される金利(実質年率)は審査で決定されるため、消費者金融系カードローンの適用金利が、必ずしも銀行系カードローンの金利より高くなるとは限りません。消費者金融か銀行かは、金利を確認する際の1つの目安として考えてください。
 
注意点をふまえつつ、カードローンを申し込む前には、必ず金利(実質金利)がどの程度なのかを確認することが大切です。

 

積極的に随時返済する

カードローンの返済額は、利用残高に応じて決められています。カードローンの「利用日数」を減らすことも利息を安くする効果が高いので、カードローン会社が求める返済額よりも多めに返済しましょう。
 
最低返済額よりも多く返済することを、「随時返済」と言います。1日でも早く返済すれば、支払う利息が減るのです。
 
毎月1000円でも3000円でも多く上乗せして返済しつづければ、「利用日数」を減らす効果があります。最終的に支払う利息額に大きな違いが生まれて、結果的に利息が安くなるので試してみましょう。
 
臨時収入などが見込める場合には、「一括返済」という方法もあります。くれぐれも無理のないタイミングで、返済期間を短縮できる随時返済や一括返済を検討しましょう。

 

金利が低いカードローンへ借り換える

現在利用しているカードローンより金利の低いカードローンに借り換えるのも、利息を抑える効果があります。
 
借り換えの手順は、次のとおりです。
 

  • 1.現在利用中のカードローンより金利が低いカードローンに申し込む
  • 2.新たなカードローンで借り入れができたら、利用中のカードローンを完済
  • 3.新たに契約したカードローンに返済する

 
利息の支払いが厳しいと感じたら、金利が低いカードローンに借り入れを1本化する「おまとめローン」という借り換え専用商品もあるのでチェックしてみてください。

 

金利を理解すればカードローンは便利なツールになる

カードローンの金利は実質年率とも呼ばれ、カードローンの商品内容を見ると必ず記載されています。「利用残高」「金利」「利用日数」の3つがあれば、最終的にカードローン会社に支払うおよその利息額を自分自身で把握可能です。
 
金利の仕組みや利息を理解すれば、返済計画も立てやすくなります。「返済がなかなか終わらない」といった気持ちになる前に、随時返済を利用するなどして利息を減らす対策を試すことが大切です。
 
金利の仕組みを理解し、自分にぴったりなカードローンを選べば、自由度が高く便利なツールとして役立つことでしょう。

 

おすすめカードローン一覧

SMBCモビット

mobit

おすすめポイント

「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし
お申込から契約後の借入まで誰とも顔をあわせません
・お近くの銀行、コンビニ、ネットで24時間ご利用可能
融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 10秒簡易審査
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで - 即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

プロミス

promise

おすすめポイント

WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!
融資上限額 金利 審査時間
最大500万円 4.5%~17.8% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 即日融資

アイフル

aiful

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短1時間でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 1秒診断(※)
WEB完結 無利息期間 融資スピード
※融資まで 30日間 最短25分
※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。 ※診断結果は、入力いただいた情報に基づく簡易なものとなります。  実際の審査では、当社規定によりご希望にそえない場合もあります。

アコム

acom

おすすめポイント

最大30日間金利0(ゼロ)円 サービス!
・カンタン3項目入力の≪3秒診断≫でスグわかる
・パソコン、携帯から24時間お申込み受付
融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで(※) 30日間 最短即日融資
(※)在籍確認が行われる場合がございます。

記事一覧