CLOSE

キーワードで記事を検索

更新日: 2021.08.18 審査

カードローンの在籍確認について徹底紹介! 電話内容や電話を回避する方法まで

執筆者 : 鴨志田 大輔

カードローンの在籍確認について徹底紹介! 電話内容や電話を回避する方法まで
鴨志田 大輔

執筆者:鴨志田 大輔

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している

公式サイトで申し込み

SMBCモビット

おすすめポイント


「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし
お申込から契約後の借入まで誰とも顔をあわせません
・お近くの銀行、コンビニ、ネットで24時間ご利用可能

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 10秒簡易審査
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 即日融資

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 
 
冠婚葬祭などが続いて出費がかさむと、お給料日までの生活資金が苦しくなることは誰しもあります。そのような時にローンカードを1枚持っておくと、利用限度額内で自由にお金を借りられ非常に便利です。
 
しかしカードローンを利用するためには、審査に通らなくてはなりません。初めてカードローンに申し込む人にとっては、審査時に行われる「在籍確認」に不安があるのではないでしょうか。しかし「在籍確認」の内容や目的を正確に把握していれば、不安は軽減されます。
 
そこで在籍確認の電話の内容や回避する方法を詳しく解説します。
 

カードローンの「在籍確認」とは?

 
カードローンの在籍確認とは、申込時に申告した勤務先に本当に在籍しているかの確認を行うものです。在籍確認はほとんどのカードローン会社で実施されており、審査に通るために欠かせません。
 
通常、カードローン会社の担当者が申込者の勤務先に電話をして在籍確認を行います。文字通り在籍を確認するための電話のため、あれこれ質問されることもなく完了します。
 

在籍確認を行う理由

 
カードローンの審査では、「勤務先」は非常に重要な要素といえます。勤務先は毎月の収入に直結するためです。審査では返済能力の有無がみられます。お金を貸したものの、返済が滞ったり返済ができなかったりすると、カードローン会社はビジネスが成り立ちません。そのため「毎月、定期的に安定した収入があるかどうか」を慎重に審査するのです。
 
申込時に申告した勤務先に虚偽があると、毎月の返済がきちんと行われないリスクが高まります。例えば「実際はもっと小規模な会社に勤めている」や「実際は働いていない」などの場合、毎月きちんと返済できないとみなされます。そのため電話で申告した勤務先に在籍しているかの確認が必要なのです。
 
カードローンの審査に通りたいからといって、虚偽の勤務先を申告するのは絶対に避けましょう。在籍確認の電話があれば、うそはすぐにバレてしまいます。虚偽の申告があった場合、カードローン会社からの信用がなくなり、いくら年収が高くても審査に通過することは難しくなります。
 

在籍確認の流れ

 
カードローンの審査は仮審査と本審査に分かれており、在籍確認は本審査の最終段階で行われます。仮審査では申込者の住所や家族構成、年収、他社からの借り入れ状況などあらゆる情報を点数化して返済能力の有無をはかるのです。当然、仮審査を通過しなければ、カードローンの利用はできません。
 
次の本審査では、申込者が申告した個人情報などに誤りや虚偽がないかをチェックしていきます。さらに信用情報機関に申込者の信用情報を照会して、過去に金融事故がないかなどを確認してから、最終的に電話で在籍確認を行うのです。
 
参考記事:在籍確認なしでお金は借りられる?カードローン審査の在籍確認の流れを解説
 

在籍確認の電話内容や会話例

 
初めてカードローンに申し込む場合、在籍確認で何を聞かれるのか不安に感じる人が多いでしょう。電話の受け答えでカードローンに申し込んだことがまわりに知られてしまうのでは?と懸念する人が多いのは事実です。勤務先への電話ならなおさらでしょう。
 
そこで在籍確認の具体的な内容について解説します。さらに次のようなケースを想定して、実際の会話例をご紹介します。
 

●本人が電話に出た場合
●不在の場合
●休みの場合

 
いずれの場合も在籍確認は、あっけないほど簡潔に済みます。あれこれ心配して電話の受け答えや勤務先の人への態度が不自然にならないよう注意しましょう。在籍確認の内容を知っておけば対策もとりやすくなります。
 

聞かれるのは勤務先に在籍しているかのみ

 
前述したように在籍確認の目的は「申告した勤務先に本当に在籍しているかどうか」を確認することです。電話で聞かれるのは申込者がその勤務先に在籍しているかのみです。
 
外出中や休みなどで在籍確認の電話に申込者本人が出られない場合でも、その勤務先に申込者が在籍していることがわかれば、在籍確認をクリアできます。また、どのカードローン会社も申込者のプライバシーに配慮してくれます。
 
会社名を名乗らずに、カードローン会社の場合は個人名、銀行系カードローンの場合は銀行名で電話をかけてくるため、その電話がカードローンの在籍確認だとまわりに気づかれることもありません。他の人が電話に出てもカードローンの審査だと用件を伝えることもないため、安心しましょう。
 

会話例1:本人が電話に出た場合

 
申込者本人が電話に出た場合でも、在籍確認の内容はいたってシンプルです。本人が出たからといって、電話でカードローンの審査に関する質問をされることはありません。落ち着いて普段通りに対応すれば簡潔に済みます。
 
具体的な会話例をご紹介しましょう。
 

担当者「〇〇(担当者の名字)と申しますが、△△さん(申込者の名字)はいらっしゃいますでしょうか?」
申込者本人「私が△△です」
担当者「この度はお申し込みをいただき、ありがとうございます。ご勤務先での在籍確認ができましたので、審査を進めさせていただきます」
申込者本人「よろしくお願いします」

 
※あくまでも一会話例のため、カードローン会社によっては多少内容が異なる場合があります。
 
申込者本人が電話に出れば在籍確認は完了です。
 

会話例2:不在の場合

 
営業職など職種によっては勤務先のオフィスにいることが少なく、在籍確認の電話に出られない人もいるでしょう。しかし申込者が不在の場合でも在籍確認はパスできます。
 

担当者「〇〇(担当者の名字)と申しますが、△△さん(申込者の名字)はいらっしゃいますでしょうか?」
勤務先の社員「△△はただいま外出しており、不在です」
担当者「わかりました。また後ほど連絡します」

 
※あくまでも一会話例のため、カードローン会社によっては多少内容が異なる場合があります。
 
このように本人が不在でも勤務先に在籍していることがわかれば、在籍確認は完了します。もし勤務先の人に用件を聞かれたとしても「個人的な内容です」など、うまくごまかしてくれるので安心しましょう。
 
ただ、どうしても在籍確認に不安がある場合は、カードローン会社に相談してみましょう。カードローン会社によっては在籍確認の次のような点を指定できるところがあります。
 

●時間指定…勤務先に電話をかける日や時間をある程度指定できる
●事前連絡…勤務先に電話をかける前に申込者の携帯電話などに連絡を入れる
●性別指定…在籍確認の電話をかける性別(男性 or 女性)を指定できる

 
その他にも細かなニーズに対応してくれるカードローン会社があるため、勤務先にいないことが多い人は、一度窓口や電話などで相談してみましょう。ただし「〇〇という名前で電話してください」などの要望は、指定できません。
 

会話例3:休みの場合

 
在籍確認の日が休みにあたる場合も、不在の時と同様です。
 

担当者「〇〇(担当者の名字)と申しますが、△△さん(申込者の名字)はいらっしゃいますでしょうか?」
勤務先の社員「△△は本日体調不良で休みをいただいております」
担当者「わかりました。また後日連絡します」

 
※あくまでも一会話例のため、カードローン会社によっては多少内容が異なる場合があります。
 
在籍していることがわかれば在籍確認は完了するため、急な体調不良で会社を休んだ時も安心です。有給などであらかじめ休みの日がわかっていれば、前述したような日時指定をするのも良いでしょう。
 

大手カードローン6社の在籍確認方法を比較

 
大手カードローン会社6社の在籍確認の方法を比較してみましょう。
 

カードローン会社名 在籍確認方法
アイフル 原則として自宅・勤務先への電話連絡はなし
プロミス 勤務先への電話確認
楽天銀行スーパーローン 勤務先への電話確認
アコム 勤務先(または自宅)への電話確認
J.Score(ジェイスコア) 勤務先(または自宅)への電話確認
SMBCモビット 勤務先への電話確認

 
アイフルでは原則として勤務先や自宅への電話連絡はありませんが、例外的に勤務先への在籍確認が行われる場合があります。念のために在籍確認があることを想定して、対策をとっておくと良いでしょう。
 
また、SMBCモビットではカードローンの申し込み方法として「WEB完結」を選択すると、勤務先への電話連絡がありません。ただし次の条件を満たしている場合に限ります。
 

●三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかに口座を保有している
●全国健康保険協会発行の保険証(社会保険)・組合保険証・船員保険証・国民健康保険証のいずれかを保有している

 
条件に該当しない場合、在籍確認は行われますが、指定すれば携帯電話への連絡でも可能です。申込時の「希望連絡先」に携帯電話を選択しましょう。
 
出典:キャッシングのアコム | カードローン、キャッシングならアコム
出典:新規お申込み | キャッシング・消費者金融のプロミス公式サイト
出典:楽天銀行カードローン
出典:カード申込:カードローン、キャッシング、ローンはSMBCグループのSMBCモビット
 

公式サイトで申し込み

アコム

image

おすすめポイント


最大30日間金利0(ゼロ)円 サービス!
・カンタン3項目入力の ≪3秒診断≫でスグわかる
・パソコン、携帯から24時間お申込み受付

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 最短即日融資

 

在籍確認の電話を回避する方法

 
カードローン会社がプライバシーに配慮してくれるといっても、できるだけ勤務先への電話連絡は避けたいものです。個人名で電話がかかってくること自体が少ない職場の場合は、在籍確認だけでも不審に思われる可能性があるでしょう。また、勤務先によっては社員のプライバシー保護のために個別の電話をとりつぎしない会社もあります。
 
そのような場合、カードローン会社によっては個別の事情に配慮して、在籍確認に代わる方法を提示してくれます。また、在籍確認自体がない申し込み方法もあります。
 
そこで在籍確認の電話を回避する方法について解説します。どうしても在籍確認の電話を避けたい人は、参考にしてください。
 

必要書類を提出してフリーコールに連絡

 
本来、勤務先への在籍確認が行われるカードローン会社でも所定の手続きをとれば、回避できる場合があります。例えばアコムでは、次のような書類を提出すれば在籍確認を回避できることがあるようです。
 

●社会保険証と直近1ヶ月分の給与明細
●写真入りの社員証
●雇用契約書の写し

 
その他のカードローン会社でも個別の事情に配慮して、在籍確認をなくせる場合があります。必要な書類や方法はカードローン会社によって異なります。どうしても在籍確認を避けたい人は、カードローン会社が設けているフリーコールなどに相談してみましょう。
 

在籍確認の電話がない申し込み方法を選択する

 
在籍確認を回避する最も確実な方法は、在籍確認がない申し込み方法を選択することです。例えばSMBCモビットの「WEB完結」で申し込めば、電話による在籍確認もなく、審査結果もメールで届きます。
 
ただし書類に不備があったり、審査の過程で申込者に確認が必要になったりすると、電話による連絡があります。申し込み方法や注意点などを正確に確認して、書類の不備などがないよう注意しましょう。
 
出典:カード申込:カードローン、キャッシング、ローンはSMBCグループのSMBCモビット
 
 

カードローンの在籍確認についてQ&A

 
勤務先への在籍確認は、電話自体は簡潔に完了しますが、勤務形態や勤務先によってはなかなか判断が難しいケースがあります。在籍確認に関する疑問について解説します。
 

在籍確認はいつかかってくる?

在籍確認の電話は、仮審査が終わって本審査の過程でかかってきます。申し込みから審査までがスピーディーなWEBでの申し込みの場合、申し込み後すぐにかかってくる可能性もあります。
 
カードローン会社によって在籍確認のタイミングが異なりますので、時間やタイミングを知りたい場合は各カードローン会社に直接問い合わせてみましょう。時間の目安などを教えてもらえる場合があります。
 

会社が休みの土日はどうなる?

会社が休みの土日祝日などは、カードローン会社の審査も休業であれば在籍確認もありません。しかし、土日祝日も受け付けをしている場合は、在籍確認が完了せずに審査に時間がかかってしまいます。また、平日でも遅い時間の申し込みの場合は、在籍確認が翌日に持ち越されることもあるので注意が必要です。
 
申し込みから借り入れまでをスムーズに済ませたい人は、できるだけ会社の営業時間内に在籍確認が終わるように、平日の早い時間帯に申し込みをしましょう。
 

うその勤務先を書いたらどうなる?

審査をパスするために、うその勤務先を書くことは絶対に避けましょう。うそを書いても在籍確認で「△△(申込者の名字)という者は在籍していません」と答えられ、すぐにバレてしまいます。在籍確認ができないと審査に通らないばかりか、信用情報に「虚偽の申告をした」という記録が残る点も注意が必要です。
 
信用情報は一定の期間、信用情報機関に履歴として残り、各カードローン会社が共有できる仕組みになっています。審査に落ちた後に期間をあけて再度申し込みをしたり、別のカードローンに申し込んだりしても、審査に影響を及ぼしかねないのです。
 
また、虚偽の申告でなくても勤務先の電話番号の記入や入力ミスにも注意しましょう。単なる記入ミスでも虚偽の申告とみなされる可能性があります。申込時に書く情報は慎重に誤りのないようにしましょう。
 

勤務先の電話番号はどこを指定すればいい?

カードローンに申し込む時には必ず勤務先の名称や電話番号を申告します。電話番号は申込者本人につながる番号を指定しましょう。多くの従業員が働いている会社の場合、代表番号に加えて内線番号や直通番号を加えて指定しておくと、在籍確認がスムーズに進みます。
 
また大きな会社で同じ名字の人が2人以上いる場合は、フルネームで呼び出してもらえるよう事前にカードローン会社に連絡しておきましょう。
 
雇用形態が派遣社員や出向社員の場合は、派遣元や出向元の会社名や電話番号を申告します。毎月、お給料をもらっている人材派遣会社などが該当します。実際に働いている勤務先ではないため、在籍確認では別の人が対応することになりますが、在籍していることを確認できれば良いのです。
 
もし派遣元や出向元の会社が個人情報保護の観点から在籍確認が難しいと考えられる場合は、事前にカードローン会社にその旨を相談しましょう。カードローン会社によってはケース・バイ・ケースで対応してくれるため、別の方法で在籍確認ができる場合があります。
 

アルバイトやパートの在籍確認は?

在籍確認があるのは正社員に限りません。アルバイトやパートなどの非正規雇用の場合でも勤務先に在籍確認があります。正社員と同様にその勤務先で実際に働いていることの確認のみですので、休みの日であっても在籍確認は完了します。
 
自分で対応したい場合は、働いている曜日や時間などをカードローン会社に申告しておきましょう。連絡がとりやすくなり、審査もスムーズに進みます。
 

自営業の場合の在籍確認は?

自営業の場合は、個人事務所や自宅、個人の携帯電話などで在籍確認が行われます。つながりやすい電話番号を申告しておきましょう。自宅への在籍確認で家族に知られると困る場合は、事務所の電話や携帯電話がつながりやすい時間帯を申告しておくとスムーズです。
 

もし在籍確認の電話でカードローンがバレたら?

カードローン会社は、申込者の事情やプライバシーに細心の注意をはらい、個人名や銀行名を名乗り、在籍確認だとはわからないように配慮してくれます。それでも普段勤務先に電話がかかってこない人の場合、まわりから用件を聞かれて困ることもあるでしょう。
 
万が一、カードローンの在籍確認だと会社にバレてしまっても、それが理由で解雇や減給などの処罰がくだされることはまずありません。不当な理由での処罰は労働法で禁止されているのです。
 
事前に「クレジットカードをつくった」という言い訳を用意しておくのも良いでしょう。クレジットカード会社によっては、カードローンと同様に勤務先への在籍確認があります。クレジットカードなら「お金を借りている」というイメージはなく、1人で複数枚持っていても不自然ではありません。
 
どうしても在籍確認の電話だと勤務先に知られたくない人は、在籍確認のないカードローン会社を検討しましょう。
 

公式サイトで申し込み

プロミス

image

おすすめポイント


WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!

融資上限額 金利 審査時間
最大500万円 4.5%~17.8% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 即日融資

 

心配な人は在籍確認がないカードローンを選ぼう

 
カードローンを利用するためには、在籍確認が不可欠です。在籍確認が完了しないと、審査がスムーズに進まないばかりか、審査に落ちることもあり得ます。しかし在籍確認は、勤務先に在籍していることが確認できれば良いのです。
 
それほど難しく考えすぎないことも必要といえます。カードローン会社も利用者のプライバシーに慎重に配慮してくれますし、個別相談もできるのです。
 
しかし、どうしても在籍確認に不安が残る人もいるでしょう。その場合は、在籍確認がないカードローン会社や申し込み方法を選びましょう。在籍確認をパスすれば、審査はスムーズに進みます。審査に通れば即日借入も可能です。
 
便利にカードローンを使いこなすためにも、在籍確認について正確な知識を身につけて対策を練っておきましょう。
 
出典:カード申込:カードローン、キャッシング、ローンはSMBCグループのSMBCモビット
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー
 

【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット
【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット