CLOSE

キーワードで記事を検索

更新日: 2021.08.18 審査

キャッシングにある独自審査とは?審査内容と対策を徹底解説

執筆者 : 鴨志田 大輔

キャッシングにある独自審査とは?審査内容と対策を徹底解説
鴨志田 大輔

執筆者:鴨志田 大輔

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している

カードローンを申し込む際に審査は必ず行われます。実は、審査には2つの種類があることをご存じでしょうか。
 
今回は、法定審査と独自審査、2つの審査についてそれぞれ解説するとともに、独自審査がどういった流れで行われるかをご紹介します。また、厳しめに設定されている独自審査に通るための対策方法も紹介。カードローンに申し込みたいけど、審査に通るか不安な人はぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
 

キャッシング審査にある2つの審査とは?

カードローンや、キャッシング枠のあるクレジットカードの申し込みをした場合必ず行われる審査。そういった審査は、2種類あることをご存じでしょうか。1つは、貸付金法に基づく「法定審査」、そしてもう1つはカードローンサービスを提供する金融機関が独自の規定に基づいて行う「独自審査」です。
 
法定審査と独自審査、どちらも金融機関が行う審査ですが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。こちらで解説していきます。

 

貸金業法による調査「法定審査(法定途上与信)」

法定審査は、金融庁が定める貸金業法に従って行われます。貸金業法とは、多額の借金を抱える人が多発したことが社会問題になったことから、問題解決のために定められた法律です。平成18年に大規模な法改正が行われました。貸金業者はこの貸金業法を順守する必要があり、法改正以前よりも審査が厳しくなったと言えます。
 
貸金業法の法改正によって新しくなった主なポイントは、以下の3つです。
 

●上限金利引き下げ
 
●貸金業者への規制強化
 
●総量規制

 
「上限金利の引き下げ」は、法改正前は29.2%だった金利が15%~20%に引き下げられたことを指します。また、「貸金業者への規制強化」は、必ず貸金業者に国家資格を持つ「貸金業務取扱主任者」を置かなければいけなくなったことを指します。
 
そして、法定審査に直接関わりがあるのは、最後の「総量規制」です。総量規制は、個人が借り入れできる金額に上限を設けることを指します。総量規制が実施されたのは、平成22年6月18日から、10年以上適用され続けている規制です。
 
総量規制は、利用者の返済能力を超えた額の借金を防ぐことを目的としています。その基準とは、利用者の年収の3分の1を超える借り入れをしないこと。もしくは金利などを含めた借入残高が利用者の年収の3分の1を超えないこと。
 
これは、全ての借り入れの総額に適用されるため、1つの金融機関からの借入希望額が年収の3分の1以下であっても、他で借りているお金と合わせて3分の1を超える場合は借入不可となります。
 
利用者個人にどれだけの借入金があるかは、「信用情報機関」に「信用情報」として保管されています。金融機関は、カードローンサービスなどの申し込みがあった際、信用情報機関に問い合わせて申込者の信用情報を開示してもらうのです。そうして年収の3分の1を超えない額として算出された上限額が、法定審査によって算出された額となります。
 
また、返済額が50万円を超える場合や他社の借入金と合わせて100万円を超える場合には「収入証明書」や「源泉徴収票」などの収入を証明する書類の提出が貸付金法により義務化されています。
 
こういった貸付金法に従って審査を行うことが、「法定審査」なのです。
 
また、「法定途上与信」という言葉を聞いたことはないでしょうか。こちらも、貸付金法に基づいて行われる審査のことを指します。端的に言うと、ローン申込時に行われる審査ではなく、返済期間の間に定期的に行われる審査です。
 
貸付金法によって、どれだけの借金が残っていた場合にどのくらいの頻度で審査をしなければいけないかが定められており、それに従って定期的に審査を行う必要があります。定められた残高と期間は以下の通りです。
 

●借入残高が10万円以上ある場合は3ヶ月ごとに審査
 
●借入残高が10万円以上かつ、1ヶ月の借入合計額が5万円以上の場合は毎月審査

 
以上の定期的な審査によって万一、借入合計額が年収の3分の1を超えていることが分かった場合は対処しなければなりません。

 

各社が独自で行う「独自審査」

「法定審査」とは貸付金法に基づいて行われる審査ですが、カードローンサービスを行っている金融機関は、それぞれが定めたルールにより「独自審査」を行っています。各社が独自のノウハウで審査内容を決定しているのです。
 
各社の審査ポイントには大きな違いはないと言われていますが、それぞれのポイントをどの配分で重視するかは差がでるところでもあります。そのため、A社の審査は落ちたけど、同条件でB社の審査は通った、ということも起こりうるのです。

 

キャッシングが通らない?独自審査の基準

カードローンサービスを提供する金融機関が独自に設けたルールによって行う独自審査。法定審査上問題なくても、独自審査によって審査に通らない人は数多くいます。こちらでは、独自審査で落ちるその理由を例をあげて解説します。
 
また、消費者金融によっては独自審査がゆるいことを売りにしているところもありますが、そのような業者から借り入れるのは大変危険です。こちらで独自審査がゆるい消費者金融が危険な理由も解説していきます。
 

法定審査が通っても独自審査で落ちることも

法定審査が通っても、独自審査で落ちる、ということは十分にあり得ます。
 
例えば、年収120万円のCさんが35万円の借り入れをD社に希望したとします。35万円は、年収120万円の3分の1である40万円を下回っているため、法定審査だけに基づけば審査に通るはずです。
 
しかし、D社が設けている独自審査のルールでCさんを審査した結果、最高25万円までしか貸し付けできないという結果になりました。そうすると、CさんはD社の独自審査によって落とされることになるのです。
 
独自審査の基準は、法定審査の基準よりも厳しく設定されています。そして大手の消費者金融ほど、独自審査は厳しい可能性があるので注意しましょう。なぜなら、大手消費者金融は、中小の消費者金融と比べて利用者が大勢います。
 
消費者金融の収入源は、利用者が支払う利息。つまり、大手消費者金融ほど、収入源が豊富にあると言えるでしょう。そのため、少しでも返済能力の有無に疑問がある申込者には貸し入れを断る傾向があるのです。

 

独自審査がゆるいのは要注意!

独自審査がゆるいことを売りにしてカードローンサービスをあっせんしてくる消費者金融には注意しましょう。当然ですが、独自審査が法定審査よりゆるいことはあり得ません。法定審査よりもゆるい基準で貸し付けをしたら、法律違反になるからです。
 
審査基準がゆるいということは、返済能力に不安のある利用者にも貸し付けを行うということ。消費者金融は利用者にとって無理のないカードローンサービスを提供しなければいけません。たとえ利用者に返済能力がなく将来的に多額の負債を抱えることになっても、かまわず貸し付けて金利を徴収する業者は貸付金法の意に反しています。
 
貸付金法が改定されたきっかけとなった多重債務問題。多重債務者の多くは決して浪費家だったり、自己管理ができない人だったりするわけではありません。多重債務におちいった人の多くは、収入の減少や低収入がきっかけで借り入れをはじめた人なのです。
 
貸付金法は、そういった人たちを守るためにあります。貸付金法を守らない消費者金融は、いわゆる「闇金」と呼ばれる危険な業者かもしれません。くれぐれも独自審査のゆるさにつられて利用しないようにしてください。

 

キャッシング審査の内容を確認しよう

法定審査と独自審査の違いや重要性についてご理解いただけたのではないでしょうか。こちらでは、キャッシングを申し込んでから審査を受けるまでの手順をご紹介します。
 
キャッシングの申し込み方法や必要書類について解説し、どういった審査が行われるかも解説。審査には信用情報機関への照会や金融機関独自のスコアリング、在籍確認などがあり、それぞれの審査方法についてもご紹介します。
 

申し込み

まずは申し込みを行います。金融機関は申込時に記入・申告した情報に基づき審査をはじめるので、うそや漏れがないように気を付けましょう。申込時に必要な情報は下記の通りです。
 

・申込者情報
・勤務先について
・他社借入状況
・希望限度額

 
申込者情報は、氏名や年齢、性別、最終学歴などです。他にも自宅住所や連絡先電話番号なども必要になります。
 
勤務先についての情報は、勤務先の住所や電話番号、会社の規模(社員数)や業種などです。また、申込者がいつ働き始めたか、勤務形態(正社員・パートなど)は何か、なども聞かれます。
 
他社借入状況は、他社でローンを組んでいるかどうかを聞かれます。奨学金や住宅ローンなども対象となるので忘れず申告しましょう。希望限度額も聞かれます。できるだけ低めに設定しておいた方が、審査に通りやすくなります。
 
申し込みには、必要書類の提出も求められます。主な必要書類は下記の通りです。
 

・本人確認書類
・住所確認書類
・収入証明書類

 
本人確認書類は、どういった内容の借入時でも必ず提出しなければいけません。運転免許証やパスポート、マイナンバーカード、健康保険証、また、外国籍の場合は在留カードや特別永住者証明書などが対象です。
 
本人確認書類が健康保険証のように顔写真が無い場合、もしくは本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合などは、合わせて住所確認書類も必要です。住所確認書類は公共料金の領収書か、印鑑登録証明書や住民票の写しなどの公的機関が発行した書類が対象になります。いずれも原本で、かつ過去6ヶ月以内に発行されたものでなければいけません。
 
希望限度額が50万円を超える場合や、既に借り入れている他社の利用額と希望額が合わせて合計100万円を超える場合は、収入が証明できる書類が必要です。所得証明書や確定申告書、源泉徴収票など収入を証明するものを用意しましょう。

 

信用情報機関への照会

前述の通り、審査の際、信用情報機関への情報照会は欠かせません。信用情報機関には、これまでの借入歴などのデータが保存されています。保存されるデータと期間は主に、下記の通りです。
 

・クレジットカードやローンサービスの申し込み情報(照会日より過去6ヶ月間)
・クレジットカードの支払い歴・ローンサービスの利用歴(契約期間中と契約終了後5年間)
・クレジットカード会社や金融機関が情報を確認したこと(照会日より過去6ヶ月間)
・その他信用情報機関が独自で収集した情報

 
つまり信用情報を照会することにより、申告を隠していても支払い中のローンがあったり、直近6ヶ月以内にさまざまな金融機関にローンサービス利用を申し込んでいることが分かったりする、ということです。

 

スコアリングによる評価

数多い新規案件を公正かつ迅速に処理するために、貸金業者などはキャッシングの審査にスコアリングを導入しています。スコアリングとは、審査項目を1つずつ点数で評価し、そのトータルで結果を出すシステムです。審査の自動化とも言えます。年齢、職業、年収、住居などの基本情報のほか、信用情報機関の各種情報も審査項目です。
 
例えば会社員の場合、正社員か契約社員であれば正社員の方がスコアが高くなります。また、勤めている企業が大手企業であったり、公務員として働いたりしている方が高スコアです。また、勤続年数は長ければ長いほどスコアが上がります。もちろん、年収によっても大きくスコアは左右されます。
 
簡潔に言うと、社会的ステータスが高いほどスコアリングによる評価が高くなると言えるでしょう。

 

在籍確認(省略されるケースあり)

キャッシングの審査も最終段階に入ると、それまでチェックした人物が本人かどうか、書類に書いてある職場にちゃんと勤務しているかどうかの確認が行われます。これが在籍確認です。確認方法は、職場に「〇〇(申込者)様はいらっしゃいますでしょうか。」といった内容の電話をかける場合がほとんど。
 
キャッシングの審査で会社に電話がかかるのを嫌がる人もいますが、審査の一環であるため、我慢するしかありません。業者側は社名を出さず、担当者の名字だけ名乗るなどの配慮をしてくれるので、安心してください。
 
どうしても電話がかかってくるのが嫌な場合は、あらかじめコールセンターに相談して、自分が電話をとれる時間帯にしてもらったり、他の方法で在籍証明ができないか相談したりしてみましょう。原則として在籍確認の電話はしなければならないものですが、状況によっては対応してくれる金融機関も一部あります。

 

キャッシングの独自審査を通りやすくする対策

信用情報を照会したり、スコアリングによる評価基準を設けたりと、決してゆるくない金融機関の独自審査。それでは、独自審査を通りやすくするには、どうすればよいでしょうか。こちらで、独自審査を通りやすくするための対策方法を紹介します。

 

短期間の複数申し込みを避ける

信用情報機関に長期延滞などのブラックな記録もないのに、審査落ちするケースはよくあります。その理由の1つが短期間の複数申し込みです。信用情報機関は、カードローンやクレジットカードの申し込みを行った時点でその記録も登録されています。
 
次から次へとキャッシングを申し込んだ履歴があれば、よほどお金に困っていると思われて当然です。また、キャッシングの返済をキャッシングに頼る自転車操業も疑われます。そんな経済状態の悪い人にお金を貸しても回収できないと判断されるため、審査落ちとなるのです。
 
対策としては連続してキャッシングを申し込まないことです。目安としては6ヶ月待つこと。信用情報機関に申し込み履歴が登録されている期間が6ヶ月間であることから、登録が消えるのを待つ作戦です。

 

書類の不備や誤記を防ぐ

書類の不備や誤記がなるべく無いように、書類提出の際は何度もチェックするなどして慎重になりましょう。書類の不備や誤記なんて、修正するかやり直せばよいと考える方もいるかもしれません。
 
しかし、基本的な部分でしっかりしていない人物・注意事項をしっかり読まない人物とみなされる危険性を考えてください。書類1つ不備なく提出できない人が、月々の返済を滞らせずに終えられるのか疑問に持たれる可能性もゼロではありません。注意すれば誰でもできることは、きちんとやるのが審査落ちを防ぐ方法です。

 

クレヒスも重要な審査項目

現代に生きる大人なら、キャッシングはなくてもクレジットカードを使っていたり、スマホの分割払いをしていたりするため、決して信用情報と無縁ではありません。その取引は当然、信用情報機関に登録されています。クレジットカードの支払いとして登録されている取引履歴がクレジットヒストリー、略してクレヒスです。
 
さて、信用情報に傷のある、いわゆる「ブラック」という状態に対して、「ホワイト」と呼ばれる状態があります。文字通りシロ、まっさらな状態という意味です。借りた分を約束通り返済しており「問題がない」意味でのホワイトなら信頼が置けます。
 
しかし、クレヒスの1つもない、本当に何の登録もされていない状態は俗に「スーパーホワイト」と呼ばれ、かえって危険視されるため、注意が必要です。何の取引も登録がないのは、信用取引が一切できない状態だったからではないかと疑われるためです。
 
例えば、債務整理をした情報が消えるまでキャッシングもできず、クレジットカードも作れずの生活を送っていれば、過去の負の情報が消えたときの状態はスーパーホワイトになります。
 
スーパーホワイト状態を解消するには、信用取引をするしかありません。いきなり多額のキャッシングはハードルが高すぎますので、例えばスマホの分割払いや、キャッシング枠のない低ステータスのクレジットカードに申し込むなどしておきましょう。

 

公式サイトで申し込み

プロミス

image

おすすめポイント


WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!

融資上限額 金利 審査時間
最大500万円 4.5%~17.8% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 即日融資

 

審査対策をして申し込み!おすすめカードローン3選

それではここで、おすすめのカードローンを3つご紹介します。どれも大手と言われる金融機関のカードローンのため、決して独自審査はゆるくありません。利用を希望する際は先ほど紹介した対策方法をふまえ、無理のない返済プランをたてて計画的に利用しましょう。

 

アイフル

アイフルは、最短25分で融資可能なカードローンです。金利は3.0%~18.0%で、初回にかぎり30日間無利息のサービスも行っています。アイフルは定期的な収入を得ている69歳までの成人なら申し込み資格があります。
 
もし、独自審査に通るかどうか心配な人はまず、公式ホームページ上の「1秒診断」を利用してみましょう。AIが借入可能かどうかを判断してくれます。1秒診断を受けて、融資可能と結果が出たら、本審査の登録をはじめましょう(※)。

 
(※)ただし、診断結果は、入力いただいた情報に基づく簡易なものとなります。実際の審査では、アイフルの規定によりご希望にそえない場合もあります。
 
参考記事:アイフル
出典:アイフル
 

公式サイトで申し込み

アイフル

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短1時間でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 1秒診断(※)
WEB完結 無利息期間 融資スピード
※融資まで 30日間 最短25分

※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
※診断結果は、入力いただいた情報に基づく簡易なものとなります。
 実際の審査では、当社規定によりご希望にそえない場合もあります。

 

SMBCモビット

SMBCモビットは、事前審査は最短10秒、本審査は最短30分と審査の早さが魅力のカードローンです。申し込みのタイミングにもよりますが、即日融資も可能。申し込みは全てネットで完結し、コールセンターに電話をすると審査のスピードをアップしてくれるサービスも行っています。
 
とにかく早く審査の結果をしりたい人におすすめです。金利は3.0%~18.0%で、返済ごとにTポイントが貯まるサービスも。ホームページ上の返済シミュレーションを利用して、無理のない借り入れプランをたてましょう。

 
参考記事:SMBCモビット
出典:SMBCモビット
 

公式サイトで申し込み

SMBCモビット

おすすめポイント


「WEB完結」申込みなら、電話連絡なし
お申込から契約後の借入まで誰とも顔をあわせません
・お近くの銀行、コンビニ、ネットで24時間ご利用可能

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 10秒簡易審査
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 即日融資

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

アコム

アコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループを親会社に持つアコム株式会社が提供しているカードローンサービス。3つの項目を入力すると3秒で仮審査ができる「3秒診断」を行っているので、独自審査に通るか不安な人はまず利用してみましょう。
 
アコムの金利も3.0%~18.0%で、ネットやATMで24時間返済可能です。借りた日数分だけ利息がかかるシステムなので、24時間いつでも前倒し返済ができるのはうれしいポイント。メールで事前に返済期日を教えてくれるサービスも導入しています。

 
参考記事:アコム
出典:アコム
 

公式サイトで申し込み

アコム

image

おすすめポイント


最大30日間金利0(ゼロ)円 サービス!
・カンタン3項目入力の ≪3秒診断≫でスグわかる
・パソコン、携帯から24時間お申込み受付

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 最短即日融資

 

キャッシングの独自審査のために対策を

今回は、キャッシングには法定審査と独自審査があることを解説するとともに、独自審査の流れや、独自審査に通る対策方法もご紹介してきました。カードローンサービス利用者を守るためにある独自審査。やや厳しいところが多いですが、それは信頼してお金のやりとりができる証しです。ぜひ、今回ご紹介した対策方法を実践し、安心できるカードローン利用をしてください。

 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット
【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット