最終更新日:2019.07.08 公開日:2019.06.24
借入

申し込み前に確認したい!楽天銀行スーパーローンでお金を借入する方法を徹底解説!

楽天銀行スーパーローンは、サービス開始から利用者が急増しているローンの一つです。消費者金融と比べれば金利が安く、月々の最低返済額も2000円から。
 
しかも、ネット銀行が提供するサービスですので、ほとんどの手続きがネット上で完結します。とにかく気軽に利用できるところが人気の要因でしょう。
 
今回はそんな楽天銀行スーパーローンについて、申し込みから借り入れの方法、返済方式、楽天ポイントサービスとの連携まで、徹底的に解説していきます。
 

楽天銀行スーパーローンの申し込み方法

楽天銀行スーパーローンへのお申し込みは、パソコンまたはスマートフォンから24時間いつでも行うことができます。
 
まず、楽天銀行のホームページを開き、上部メニューから「カードローン・ローン」の項目を選んでください。概要の説明と申し込みページへのリンクが表示されます。
 
申し込み時に求められる項目は、就業状況によって多少異なりますが、氏名や連絡先、住居、勤務先や年収についてなど、ごく一般的なものです。
 
申し込み後、最短1日で審査結果のメールが届きます。審査に通過していれば、担当者から連絡がきて、その後の説明を受けることができます。
 
この電話連絡から3日以内に、本人確認書類、および収入証明書類の提出する必要があります。書類をスマートフォンで撮影し、その画像を楽天銀行のアプリから送信すればお手続き完了となります。
 
なお、楽天銀行には店舗がなく、電話でのローンの申し込みも受け付けていませんので、上記の他に申し込む方法はありません。
 

楽天銀行スーパーローンで使える本人確認書類

楽天銀行スーパーローンの手続きに使える本人確認書類、収入証明書類は以下の通りです。
 

本人確認書類
①運転免許証
②パスポート
③個人番号カード
④住民票
⑤印鑑登録証明書
⑥住民基本台帳カード(顔写真のついたもののみ可)
⑦健康保険証(公共料金の請求書等、追加書類の提出を要する)

 

収入証明書類
①課税証明書
②源泉徴収票
③給与明細書
④確定申告書

 
提出が求められるのは、本人確認書類いずれか1点、収入証明書類いずれか1点です。
 

楽天銀行スーパーローンへの申し込みから、融資実行までの所要時間

楽天銀行スーパーローンでは、審査に最短1日、カードの発行に7日程度の日数がかかります。したがって、申し込みから融資実行までの所要時間は最短で8日程度です。
 
もちろん、必要書類の提出に時間がかかれば、その分融資も遅れますので、必要書類等はあらかじめ用意しておくことをおすすめします。
 

楽天銀行スーパーローンの借り入れ方法

楽天銀行スーパーローンの借り入れ方法は、大きく分けて3つあります。
 

ネットキャッシング(パソコンまたはスマートフォンからの借り入れ)

楽天銀行の会員ページにログインし、「融資のお申込み」メニューから希望金額を入力します。
 
24時間申し込み可能で、手数料は無料。登録口座が楽天銀行の場合は、手続き完了後即振り込みされます。その他の金融機関の場合も、基本的には即日振込されますが、金融機関の営業時間の影響を受けます。申し込み手続き完了後に融資予定日が表示されますのでご確認ください。
 

電話からのキャッシング

楽天銀行カードセンター(TEL:0120-730-115)に連絡し、専属オペレーターに直接キャッシングを依頼します。24時間申し込み可能で、手数料は無料。振込までの時間はネットキャッシングの場合に準じます。
 

ATMからのキャッシング

全国のATMから、ATMの案内にしたがって申し込みます。当然ながら、ATMの稼働している時間帯しか利用できません。また、利用するATMによっては手数料がかかる場合があります。
 

楽天銀行スーパーローンでの借り入れ後の返済方法

楽天銀行スーパーローンでは、月々の返済方法として「残価スライドリボルビング返済」または「元利込定額返済」の2種類が用意されています。新規で申し込む場合は、自動的に「残価リボルビング返済」に設定されます。
 
いずれの返済方式においても、引落日は1日、12日、20日、27日から選ぶことができます。(金融機関によっては、指定可能日が限定される場合があります) また、毎月の返済のほか、随時、任意で返済することもできます。
 

残価スライドリボルビング返済

残価スライドリボルビング返済では、利用残高に応じて、楽天銀行が定めた金額を返済します。利用残高と毎月のローン返済額の関係は以下の通りです。
 

 

元利込定額返済

元利込定額返済では、毎月一定の金額を返済しますが、返済額を自分で設定することができます。契約中の利用限度額によって、設定できる返済額の下限が決まっています。利用限度額とローン返済額の下限の関係は下記の通りです。
 

 

随時返済

カードを利用し、提携ATMから随時返済することができます。手数料は無料で、返済は1,000円単位となります。(一部店舗では1円単位の返済も可能)また、楽天銀行スーパーローンのインターネット会員サービス「メンバーズデスク」からも随時返済できます。この場合も手数料は無料。返済は1円単位となります。
 
その他、楽天銀行のカードローン返済用口座に直接振り込むことによっても返済できます。ただしこの場合は、振込手数料は返済者の負担になります。
 

楽天銀行スーパーローンでの最低返済っていくらなの?

残価スライドリボルビング返済

残価スライドリボルビング返済方式の最低返済月額は、前の項目で図示した通りですが、ここでは実際の返済時のお金の動きを解説します。
 
例として、楽天銀行スーパーローンで30万円を借り、残価スライドリボルビング返済方式で最低額づつ返済する場合を考えてみましょう。
 
楽天銀行スーパーローンの金利は最大14.5%、残高10万円以上30万円以下の場合の返済月額が5000円、残高10万円以下の場合の返済月額が2000円ですので、完済までのお金の動きは次のようになります。
 

※上記はあくまでも想定となりますので、参考程度にご確認ください
このように、残価スライドリボルビング返済方式で最低額づつ返済した場合では、返済のほとんどが利息のみとなってしまいます。上記の場合、完済まで160カ月かかり、返済総額は571,894円です。
 
月々の返済が少額とはいえ、13年と4カ月も順調に返済を続けられるとは限りませんし、仮に返済できたとしても、完済時には借り入れの倍近い金額を支払うことになります。
 
なので、ポイントとして最低返済額が低いからといって、最低返済額で返済を続ける計画はやめて、計画的に返済できるように心がける事が大事です。ちなみに、賞与などを利用し、半年に一度5万円を随時返済した場合の、完済までの残高の動きは次の通りです。
 

※上記はあくまでも想定となりますので、参考程度にご確認ください
完済までは30カ月、返済総額は359,731円と、返済期間も返済総額も大幅に圧縮できることがわかりますね。
 

元利込定額返済

同様に、楽天銀行スーパーローンで30万円を借り、元利込定額返済で最低額づつ返済する場合を考えます。金利は最大14.5%、利用限度額50万円以内の場合の最低返済月額が1万円ですので、完済までのお金の動きは次のようになります。
 

※上記はあくまでも想定となりますので、参考程度にご確認ください
このように、元利込定額返済で最低額づつ返済した場合、完済まで38カ月、返済総額は374,817円です。
 

楽天銀行スーパーローンでの借入れがおすすめの人ってどんな人?

楽天銀行スーパーローンは、申し込みから借り入れ、返済まで、ほぼ全てのサービスをwebで、24時間いつでも利用することができます。しかも、返済口座として他行の口座を指定することもできます。そのため、多忙で日中に時間がとれない方、新たな口座を開設せずにローンを利用したい方にはメリットが大きいでしょう。
 
また、楽天銀行は楽天グループですので、利用すると楽天ポイントが溜まります。入会するだけで1000ポイントがもらえるほか、入会月の翌月末時点の利用残高に応じて、さらにポイントが加算されます。ポイント加算額の基準は下記の通りです。
 

※上記はあくまでも想定となります
ポイント付与の対象になるには、楽天銀行スーパーローンに申し込む際に「楽天会員情報を引き継ぐ」または「楽天銀行スーパーポイント口座を登録する」必要があります。
 
楽天グループのサービスを既に利用している方、これから利用する予定のある方は、融資を受けるついでにポイントも獲得できますので、非常にお得なローンだと言えるでしょう。
 
また、楽天銀行は、不定期に金利優遇キャンペーンを開催することがあります。
 
キャンペーン期間中に融資を申し込めば、期間中の金利が優遇されますので、タイミング次第で更にお得に融資を受けることができます。契約から一定期間の利息が優遇されるサービスは他行にもありますが、楽天銀行の金利優遇キャンペーンは、比較的適用期間が長い傾向にあります。キャンペーンの動向をまめにチェックできる人なら、有利な条件で借りられる可能性は高いでしょう。
 
但し、借入れは計画的に行うことをお薦め致します。
 

商品比較
商品比較


▲PAGETOP