最終更新日:2019.01.11 公開日:2018.02.19
家計

今年こそ挫折しない! 無料家計簿アプリを使ってカンタン家計管理

今年こそは家計簿をつけよう! と思っていたのに、早くも挫折しかかっている人はいませんか?

毎日忙しくしていると、なかなか家計簿をつける時間をとれませんよね。でも家計簿を上手に活用すれば、ムダ使いを減らし、貯蓄体質な骨太家計を作ることができます。
家計簿をつけていない場合、節約の手がかりとなるのは銀行の通帳だけ。

入出金の確認はできますが、クレジットカード払いの内訳や下ろした現金での支出など、あとから確認するのが難しいものも多いうえに、しかもそういうところほどムダ使いが潜んでいるのです。

自分がなににいくら使っているのか現状を把握するためにも、家計簿をつけてみませんか?
宮野真弓

執筆者:

Text:宮野真弓(みやのまゆみ)

FPオフィスみのりあ代表

1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者
大学卒業後、証券会社で営業部に所属。結婚を機に銀行へ転職し、投資信託や保険商品の販売サポート及び行員教育に携わる。その後独立系FP会社に勤務し、個別相談、家計簿診断、執筆、セミナー講師、資格講座講師などを数多く担当する。不妊治療に専念するために退職し、第一子出産後に独立。妊活、妊娠、出産、育児をハンデにしない社会の実現を目指し、子どもを望む家庭やファミリー世帯に向けたセミナー、執筆、個別相談に注力する。
https://fpoffice-minoria.jimdo.com/

詳細はこちら
宮野真弓

執筆者:

Text:宮野真弓(みやのまゆみ)

FPオフィスみのりあ代表

1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者
大学卒業後、証券会社で営業部に所属。結婚を機に銀行へ転職し、投資信託や保険商品の販売サポート及び行員教育に携わる。その後独立系FP会社に勤務し、個別相談、家計簿診断、執筆、セミナー講師、資格講座講師などを数多く担当する。不妊治療に専念するために退職し、第一子出産後に独立。妊活、妊娠、出産、育児をハンデにしない社会の実現を目指し、子どもを望む家庭やファミリー世帯に向けたセミナー、執筆、個別相談に注力する。
https://fpoffice-minoria.jimdo.com/

詳細はこちら

家計簿アプリって本当に便利?

そうはいっても、面倒くさいのはイヤですよね。そこで便利なのが無料の「家計簿アプリ」です。
 
家計簿アプリの一番のメリットは、手軽さ。スマホ1つで操作できるので、ちょっとしたすきま時間を活用して、手軽に家計簿をつけることができます。しかも面倒な収支の計算や、費目ごとの統計などは自動で計算してくれるので楽チンです。レシート読み込み機能付きのアプリなら、レシートをスマホのカメラで撮影するだけで、内容を自動でデータ化してくれます。
 
これなら続けられそうですね。
 

口座連携機能付きアプリは家計の総合管理に便利

家計簿アプリは大きく分けると、口座連携機能の付いたものと、付いていないものの2つのタイプがあります。
 
口座連携機能付きのアプリとは、銀行口座やクレジットカードなどをアプリと連携することで、残高や明細などの情報を自動で取得してくれるアプリです。クレジットカードでの支払いが多い人や、総合的に家計を管理したい人に特にオススメです。
 
口座連携機能付きの無料家計簿アプリでオススメなのが、「マネーフォワード」と「ドクターウォレット」です。
 
●マネーフォワード
マネーフォワードは、連携できる金融機関の数が多いのが特徴です。銀行口座以外にも、電子マネーやマイル、年金ネットまで登録することができます。レシート読み込み機能もあり便利です。
 
●ドクターウォレット
ドクターウォレットの最大の特徴は、撮影したレシートをオペレーターが目で確認して手作業でデータ化するため、レシートの読み込み精度が非常に高いことです。1つのレシートを複数のオペレーターで担当するなど、プライバシーにも配慮しています。
 
口座連携機能付きの家計簿アプリは、万全のセキュリティ対策がなされています。とはいえ、口座情報などを登録するのに抵抗のある人には不向きです。
 

気軽に始められる口座連携機能付なしのアプリ

まずは気軽に始めてみたいという人には、口座連携機能の付いていないシンプルなアプリがオススメです。なかでもオススメなのが、「かけ~ぼ」と「レシーピ」です。
 
●かけ~ぼ
かけ~ぼはダウンロードしたらすぐに家計簿を始められます。使い方はシンプルなのに、固定費を登録して毎月自動計上したり、複数の家計簿を管理したりすることも可能です。
 
●レシーピ
レシーピは読み込んだレシートの購入食材から、レシピを提案してくれるのが特徴のアプリです。特売日を登録しておくこともできますし、「しっかりモード」を選択すれば口座連携も可能です。
 
家計簿はまずはつけてみることが一番ですが、そのあとの振り返りも大切です。家計簿アプリを使えば、家計の状況をグラフ化してくれるので、振り返りも簡単です。自分に合った家計簿アプリを使って、今年こそ手軽に賢く家計管理を始めましょう。
 
TEXT:宮野真弓(みやの まゆみ)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者
FPオフィスみのりあ代表

商品比較
商品比較


▲PAGETOP