最終更新日:2019.06.13 公開日:2019.05.20
家計

【相談】手取り20万からできる、無理しない貯金術を教えてください

春から就職したものの手取りは20万円ほどで、とても貯金などできるわけはないとお考えのあなた。ここでは、無理をしないで貯金ができる方法について解説します。あきらめていたのでは、何事も始まりません。今日からあなたも貯金を始めましょう。
 
辻章嗣

執筆者:

執筆者:辻章嗣(つじ のりつぐ)

ウィングFP相談室 代表
CFP(R)認定者、社会保険労務士

元航空自衛隊の戦闘機パイロット。在職中にCFP(R)、社会保険労務士の資格を取得。退官後は、保険会社で防衛省向けライフプラン・セミナー、社会保険労務士法人で介護離職防止セミナー等の講師を担当。現在は、独立系FP事務所「ウィングFP相談室」を開業し、「あなたの夢を実現し不安を軽減するための資金計画や家計の見直しをお手伝いする家計のホームドクター(R)」をモットーに個別相談やセミナー講師を務めている。
https://www.wing-fp.com/

詳細はこちら
辻章嗣

執筆者:

執筆者:辻章嗣(つじ のりつぐ)

ウィングFP相談室 代表
CFP(R)認定者、社会保険労務士

元航空自衛隊の戦闘機パイロット。在職中にCFP(R)、社会保険労務士の資格を取得。退官後は、保険会社で防衛省向けライフプラン・セミナー、社会保険労務士法人で介護離職防止セミナー等の講師を担当。現在は、独立系FP事務所「ウィングFP相談室」を開業し、「あなたの夢を実現し不安を軽減するための資金計画や家計の見直しをお手伝いする家計のホームドクター(R)」をモットーに個別相談やセミナー講師を務めている。
https://www.wing-fp.com/

詳細はこちら

まずは家計簿を付ける習慣を身につけましょう

初めてお給料を手にした時、感激とともにこのお金を何に使おうか夢に満ちあふれていたのではないでしょうか。
 
しかし、いつの日かお財布の中身を気にしながらお給料日が待ち遠しくなっているのではないでしょうか。そして、先月のお給料を何に使ったのか思い出せない人も多いことでしょう。このような状況が続く限り、貯金などできません。
 
そこで、はじめにすべきことは家計簿を付けることです。家計簿を付けることによって、家計の収支内訳を把握できるようになります。
 
家計簿において、給与収入となる金額は、給与明細表等に記載されている額面の給与額から税と社会保険料を差し引いて銀行口座に振り込まれる手取り額になります。
 
そして、その手取り額の範囲内に支出が収まれば、その差額を貯金することができます。したがって、家計簿を付けることで、家計の収支状況を確認することができ、支出の見直しにつながりますので、家計簿が貯金の第一歩ということができます。
 
ところで、家計簿を付けることは面倒くさいと考えている方も少なくないでしょう。
 
しかし、最近では、さまざまな家計簿アプリが提供されていますので銀行口座やクレジットカードと連携することも可能ですし、レシートをカメラで読み取ることもできますので、意外と簡単に家計簿を付けることができます。
 

無理なく節約するためには固定費の見直しから

家計支出は、支出項目を、毎月支出額が変動する食費や娯楽費等の変動費と、毎月一定額の支出を伴う以下のような固定費に区分することができます。
 
●通信費 :電話やネット代等
●住居費・光熱費 :家賃および電気・ガス・水道代等
●保険料 :生命保険や医療保険等
●自動車維持費 :自動車ローン、ガソリン代等
 
そして、変動費を節約することは困難が伴いますが、固定費を見直すことは比較的容易であり、その効果が継続しますので、固定費の見直しが節約の第一歩になります。
 
例えば、通信費であれば携帯電話の契約方法を工夫したり、住居費については家賃を節約するために引っ越すことを検討したり電気とガスのパック料金を利用すること等が考えられます。
 
また、保険料や自動車維持費については、本当に必要かどうか根本的に見直すことが節約につながります。家計簿アプリを使うと固定費の見直し結果が確認できますので、その節約効果を実感できると思います。
 

貯金する目的を定め、少なくとも手取り額の1割を目標にしましょう

さて、貯金は何のためにするのでしょうか。それは、あなたの結婚や子育て、マイホーム取得等のライフステージに必要な資金を準備するためです。
 
したがって、いつまでにいくらの積立が必要か、貯金する目的と目標額を考えましょう。また、目標額が決まらないのであれば、手取り額の1割を当面の目標としましょう。
 
そして、目標額が決まったら、毎月一定額を積み立てる積立貯金を利用すると良いでしょう。特に、会社で給与天引きによる積立貯金の制度があれば、この制度を利用することをお勧めします。
 

クレジットカードの利用を控えデビットカードを使いましょう

あなたは、何枚のクレジットカードを利用していますか。ここでは、クレジットカードの利用方法を見直すことで、無駄遣いを省き節約することを考えます。
 
まず、クレジットカードの年会費について確認してみましょう。もし、高額の年会費を払っているカードがあれば、そのカードの必要性が低い場合は解約することで節約につながります。
 
ところで、クレジットカードとデビットカードの違いは、クレジットカードにはカード支払いをしてから実際に銀行口座から引き落とされるまでにタイムラグがある一方で、デビットカードは利用した時点で即刻銀行口座から引き落とされることです。
 
したがって、デビットカードは、銀行口座の預入残高が利用限度となりますが、クレジットカードは事前に設定した利用限度額の範囲内であれば手元に現金がなくても利用することができますので、使い過ぎる恐れがあります。
 
そこで、貯金を増やすためにはクレジットカードに変えてデビットカードを利用することをお勧めします。
 
仮にクレジットカードを利用し続けるならば、せめてリボルビング払いは避けましょう。リボルビング払いは、一見便利なように思いますが、使い過ぎを招くばかりではなく、利用残高に対して年15%程の手数料を支払っていることを認識しましょう。
 
なお、ボーナス払いや一定回数以内の分割払いでは手数料がかかりませんので、大きな買い物をする際にはリボルビング払いではなくボーナス払いや分割払いを利用すると良いでしょう。
 

まとめ

新社会人も新しい生活に慣れ、毎月の家計の収支も把握できる頃だろうと思います。そこで、家計簿アプリを活用して家計の収支を把握するとともに、少なくとも手取り額の1割を目標に貯金を始めましょう。
 
そのためにも、通信費等の固定費を見直すとともに、デビットカードを主用してクレジットカードによる使い過ぎを無くすようにしましょう。
 
執筆者:辻章嗣(つじ のりつぐ)
ウィングFP相談室 代表
CFP(R)認定者、社会保険労務士
 

商品比較
商品比較


▲PAGETOP