更新日: 2022.04.21 家計

副業で年収が上がった人、どんな副業をしているの?

副業で年収が上がった人、どんな副業をしているの?
会社で地道に働いても給料はそう簡単に上がらないことがほとんどのため、本業とは別の副業で年収を上げるサラリーマンが増えてきています。
 
「自分も副業をやってみたい!」と興味を持つ人は多いかもしれませんが、副業の種類は膨大にあるのでなにをやればいいのか途方にくれてしまう場合も珍しくはないでしょう。この記事では、おすすめの副業を種類ごとに分けて紹介します。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

家にいながら手軽にできる初心者向けの副業

副業の初心者であれば、まずはハードルが低いものからチャレンジすると始めやすいです。
 
例えば、「アンケートモニター」の副業は誰でもすぐに始められます。仕事内容は商品やサービスを利用しアンケートに回答するだけなのでとても簡単です。収入はそれほど高くありませんが、副業のとっかかりとしては悪くない仕事といえるでしょう。
 
「ポイントサイト」の副業も、お手軽に始められる副業の代表例です。外部サイトでショッピングを利用したり、アンケートに答えたりすることで報酬を得る仕事です。ポイントサイトの名前が示すとおり、直接現金をもらうのではなく現金に交換できるポイントを仕事の対価として受け取るシステムになっています。
 
ひとつひとつの仕事は単価が非常に安いですが、地道に続ければそれなりの収入を受け取れるようになるでしょう。
 

本業に負けないぐらい稼げる副業

少しずつ稼ぐのではなく、本業に近いぐらい大きく稼げる副業もなかにはあります。例えば、「プログラマー」は社会的な需要が年々上昇しており狙い目の副業です。
 
プログラミング言語の知識は当然として、論理思考や数学的処理などの能力も問われるため、簡単な仕事はありませんが、その分高収入が目指せます。
 
スキルを習得するハードルはやや高いものの、未経験者でもしっかりと勉強をすれば、大きな収入につなげることも可能でしょう。本業でプログラマーをやっていれば、クラウドソーシングや紹介サービスで多くの仕事を得ることができます。
 
今や誰もが知っている「YouTuber」の仕事も、一攫千金のチャンスがある副業として有名です。自分が得意な分野を選べば、趣味と実益をかねて楽しく仕事ができるかもしれません。しかし、ライバルがたくさんいるので一筋縄ではいかず、収入を安定させるためには工夫や根気が必要になります。
 

手に職をつけたいときの副業

ただ稼ぐのではなく、手に職をつけたいのであれば「ライター」の副業がおすすめです。パソコンとインターネットがあれば開始できるのでお手軽ですし、スキルを積めば一般の会社員と同じぐらい稼ぐことも十分できるでしょう。
 
文章力を鍛えることで、ものごとを要約したり情報を整理したりする能力も養われるため、本業に役立つ場面も少なくありません。
 
中古品や限定商品を仕入れて、仕入れ額よりも高い値段で売り収入を得る「せどり」もスキルが身につく副業です。売れる商品を見極める読みをマスターすれば、この仕事だけで食べていくのも不可能ではありません。
 
ただし、中古品の転売をする際には古物商許可証が必要になるケースがあり、人気商品を買い占める転売に関しては社会的に大きな問題になっているため注意が必要です。
 

副業は自分にあった内容で健康第一で働くのがポイント

就業規則で副業を認める会社が増えている影響もあり、副業を始める人は増加傾向です。自分にあった副業が見つかれば、楽しく働けるので大幅な年収アップも可能かもしれません。
 
ただし、副業に熱が入り過ぎ、本業の定時後や休日も働きづめになってしまうと身体を壊してしまうリスクがあります。収入が増えたとしても健康を害してしまっては元も子もないので、自分のペースを守って働くようにしましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行