更新日: 2022.09.29 家計

もっと手取り額を増やしたいけど、残業はしたくない人必見! 「残業以外」でお金を増やすコツ

執筆者 : 柘植輝

もっと手取り額を増やしたいけど、残業はしたくない人必見! 「残業以外」でお金を増やすコツ
残業をしないとお金を稼げない、などという時代はとうに過ぎました。現代では、それ以外にもお金を稼げる方法がたくさんあります。残業したくないけど、毎月の手取りや自由に使えるお金は増やしたい。そんな方に向け、残業以外でお金を稼ぐ方法を紹介します。
 
柘植輝

執筆者:柘植輝(つげ ひかる)

行政書士
 
◆お問い合わせはこちら
https://www.secure-cloud.jp/sf/1611279407LKVRaLQD/

2級ファイナンシャルプランナー
大学在学中から行政書士、2級FP技能士、宅建士の資格を活かして活動を始める。
現在では行政書士・ファイナンシャルプランナーとして活躍する傍ら、フリーライターとして精力的に活動中。広範な知識をもとに市民法務から企業法務まで幅広く手掛ける。

昇給を目指す

残業せずに手取りを増やしたいならば、昇給を目指すのが有効です。昇給を実現するための基準は会社によっても異なるため、一概にどうすればよいか明確な答えはありません。しかし、業務効率化を図って業務量を増やすことや、自ら学びこなせる業務領域を広げていくことで、残業をせずともある程度は昇給して手取りを増やせる可能性があります。
 
また、一時的に残業して業務をこなしつつ、業務範囲の拡大と業務効率化を進めて残業を減らし、昇給を目指すという手もあります。
 

転職をする

給与体系は会社によってさまざまです。運やタイミングも絡みますが、転職することで今より給与が高い会社で働くことができるかもしれません。うまく転職できれば、今と同じ労働時間で手取りを増やすことにとどまらず、今よりも少ない労働時間で手取りを増やすことも可能でしょう。
 

残業したくないなら、職場以外で稼いでお金を増やすことも考えたい

昇給を目指すための一時的な残業でもしたくない、そもそも会社で働かない方法で自由に使えるお金を増やしたい、という方もいらっしゃることでしょう。そういった方には、職場以外でお金を増やせる、次のような方法をおすすめします。
 

副業をする

会社が問題ないのであれば、副業で稼ぐこともできます。自分で稼ぐ力を身につけることで得られたスキルと実績は一生の宝となりますし、勤務先のみの収入に依存しないという点でリスク分散にもなります。また、副業が軌道に乗ればそれを本業とすることで、今よりも高い収入を得ることも可能になるかもしれません。
 

ポイ活を実施する

ポイ活とは、さまざまな方法でポイントを稼ぎ、それを現金化や商品との交換で賢く使っていくことです。主なポイ活として、ポイントサイトを経由したクレジットカードの作成や指定された商品の購入などによって得たポイントを換金するなどの方法があります。やり方次第では毎月数万円相当の収入を得ることも可能です。
 
最近では、キャッシュレス決済の還元キャンペーンや通販サイトのポイントアップキャンペーンを利用してポイ活をされる方もいらっしゃいます。ポイ活はいわゆる副業に当たらないため、副業規定の厳しい職場でも問題なく行うことができます。
 

投資をする

お金はお金を生む、金のあるところに金は集まるといわれるとおり、お金は適切に運用することでさらにお金を生み出します。具体的には、株式や投資信託などに投資することで働かずともお金を増やすことができます。うまくいけば短期間で10万、100万円単位の利益を得ることも可能です。
 
しかし、投資は社会経済の情勢などによって損をするリスクも抱えているため、許容できるリスクの範囲内で行うことが重要です。
 
また、株式ではなく投資信託を選択し、その中でも優良な銘柄に投資をすれば、10年、20年という長いスパンにおいて、資本主義社会が成長する限り、安定して資産を増やすことができます。
 
投資信託への投資は、誰にでもおすすめできるお金の増やし方です。最低100円というコーヒー1杯の金額からでも、気軽に投資を始められる点も魅力の一つです。投資も副業には当たらないため、職場環境に関係なく実施することができます。
 

残業せず効率よく手取りやお金を増やすことを目指しましょう

お金を稼ぐためだからといって、大切な時間を切り売りし、したくもない残業をする必要はありません。副業やポイ活、投資など自分に合った方法を選ぶことで、無理なく長期的にお金を稼ぎ、自由に使えるお金=手取りを増やすことが可能です。
 
残業はしたくないけどお金は増やしたい。それはわがままな考えではありません。まずは勇気を持って、自身でお金を稼ぐために、できる範囲での一歩を踏み出してみましょう。
 
執筆者:柘植輝
行政書士

auじぶん銀行
アメックスグリーンカード