最終更新日:2019.11.29 公開日:2019.11.27
暮らし

お子さまやご高齢者に! キャッシュレス決済で安心・安全な暮らし方

さまざまなキャッシュレス決済サービスがありますが、お子さまやご高齢の方には、どれが向いているのでしょうか? 一緒に見ていきましょう。
 
藤井亜也

執筆者:

執筆者:藤井亜也(ふじい あや)

株式会社COCO PLAN (ココプラン) 代表取締役社長

教育カウンセラー、派遣コーディネーター、秘書等、様々な職種を経験した後、マネーセンスを磨きたいと思い、ファイナンシャルプランナーの資格を取得。
「お金の不安を解決するサポートがしたい」、「夢の実現を応援したい」という想いからCOCO PLANを設立。
独立系FPとして個別相談、マネーセミナー、執筆業など幅広く活動中。

<保有資格>
2級ファイナンシャル・プランニング技能士、ファイナンシャルプランナー(AFP) 、住宅ローンアドバイザー、プライベートバンカー、相続診断士、日本心理学会認定心理士、生理人類学士、秘書技能検定、日商簿記検定、(産業カウンセラー、心理相談員)

<著書>
「今からはじめる 理想のセカンドライフを叶えるお金の作り方 (女性FPが作ったやさしい教科書)」※2019年1月15日発売予定

詳細はこちら
藤井亜也

執筆者:

執筆者:藤井亜也(ふじい あや)

株式会社COCO PLAN (ココプラン) 代表取締役社長

教育カウンセラー、派遣コーディネーター、秘書等、様々な職種を経験した後、マネーセンスを磨きたいと思い、ファイナンシャルプランナーの資格を取得。
「お金の不安を解決するサポートがしたい」、「夢の実現を応援したい」という想いからCOCO PLANを設立。
独立系FPとして個別相談、マネーセミナー、執筆業など幅広く活動中。

<保有資格>
2級ファイナンシャル・プランニング技能士、ファイナンシャルプランナー(AFP) 、住宅ローンアドバイザー、プライベートバンカー、相続診断士、日本心理学会認定心理士、生理人類学士、秘書技能検定、日商簿記検定、(産業カウンセラー、心理相談員)

<著書>
「今からはじめる 理想のセカンドライフを叶えるお金の作り方 (女性FPが作ったやさしい教科書)」※2019年1月15日発売予定

詳細はこちら

サービスや物を受け取るにはお金が必要

私たちが生活をするうえで必要なサービスを受けるには、必ずお金を支払います。バスや電車に乗るときも、のどが渇いてペットボトルの水を買うときも、お金を支払いますよね。
 
1日、何回お金を支払う場面がありますか?お子さまの場合でも、それなりの年齢になれば、飲み物やお菓子を買うなど数回あるかと思います。ご高齢者も、日々の買い物や病院での受診料、薬代など、お財布をあける回数は何度もあるでしょう。
 
現金で支払うには、必要な金額を確認し、お札や小銭を出す必要があります。コンビニのレジで支払い額を一生懸命、お財布から出そうとして、後ろに他のお客さんが並んでしまった、という経験はありませんか?
 
では、キャッシュレス決済の場合はどうでしょうか? カードや携帯をお店の機械にかざすだけです。金額の確認、お金をお財布から出す必要もありません。とても便利ですよね。いろいろなキャッシュレス決済がありますので、確認してみましょう。
 

キャッシュレス決済

今はさまざまな方法でお金を支払うことができます。決済のタイミング別に見ていきましょう。

・前払い

主に交通機関で使われているSuica(スイカ)やPASMO(パスモ)のように、事前にカードにお金を入れておく(チャージしておく)ことで使えるプリペイドカードです。

・即時決済

デビットカードは、支払いのタイミングで即時に支払口座から引き落としがされます。口座に入っている金額までしか使えませんので、使いすぎの防止になります。支払い明細が通帳に記載され、お金の管理もしやすいカードです。

・後払い

クレジットカードは、カード会社が支払い額を立て替え、後から請求がくるカードです。支払い回数も選べますので、高額なお買い物の際は便利なカードと言えます。使いすぎに注意しながら、貯まったポイントも活用するなど、工夫して使うとよいでしょう。
 
これらのカードは現物としてのカードがあるのですが、今は携帯(スマートフォン)に決済アプリを入れて利用することもできます。
 

携帯での決済アプリ

携帯(スマートフォン)に決済アプリを入れるので、「スマホ決済」や「モバイル決済」と呼ばれています。LINE Pay、PayPay、楽天ペイなどCMでもよく目にするかと思います。
 
決済アプリを携帯に入れて、支払い方法を選択しておきます。口座引き落としやクレジットカードなど、各アプリにより利用できるものが異なりますので、ご自身がよく使われる決済にしておくとよいでしょう。
 
スマホ決済のメリットは、携帯一つで決済が完了できることです。お財布を持たなくても、携帯さえあれば買い物ができるので、とても便利です。また、支払金額に対してポイント還元などがあり、お得に買い物ができることが多いのもよい点でしょう。
 

お子さまやご高齢者に向いているものは?

さまざまなキャッシュレス決済がありますが、お子さまやご高齢者に向いているのは、プリペイドカードやデビットカードだと思います。カードで利用できる金額は、プリペイドカードであればチャージしておいた金額ですし、デビットカードであれば口座に入っている金額までです。
 
万一、カードを落としてしまったり、盗まれてしまったりしても、被害額が想定できます。クレジットカードにも限度額はありますが、高額なものも購入できてしまうため、日常使いにはあまりお勧めできません。旅行先で使うなど、使う場面に合わせて選ぶとよいでしょう。
 

お金の管理がしやすいのも魅力

プリペイドカードは、使うと「残額」が出ますので、あといくら使えるということが目に見えて分かります。1日いくら、1週間でいくら、などお金の管理をしながら使うことができます。
 
デビットカードも通帳に支払い明細が記帳されますので、家計簿として活用されるのもよいでしょう。キャッシュレス決済にしておくことで、たくさんの現金を持ち歩かなくて済み、安心・安全な暮らしにつながります。キャッシュレス決済でお金の管理をしながら、生活を便利にしていただければ幸いです。
 
執筆者:藤井亜也
株式会社COCO PLAN (ココプラン) 代表取締役社長

関連記事

「いつも現金払い」そんな高齢者はどのキャッシュレス決済を選べばいいの?
70代の女性リアルな声「数が多すぎてどのキャッシュレス決済を選んでいいのか分からない」
【実録】シニア世代が「おサイフケータイ」でキャッシュレスキャンペーンに参加してみた
 

【PR】おすすめスマホ決済

 


↑↑↑ iOSはこちらから ↑↑↑

 


↑↑↑ Andloidはこちらから ↑↑↑
商品比較
商品比較


▲PAGETOP