最終更新日: 2020.11.11 公開日: 2020.11.15
暮らし

片づけの美学85 トイレ収納がない|隙間や頭上に収納スペースを見つける

トイレに収納しておきたいグッズは、トイレットペーパー・掃除用品・消臭用品・生理用品など、種類も数も多岐にわたります。そして、できれば見えないように隠しておきたいグッズであることも多いはず。
 
だけど、収納する場所がまったくないトイレもあるのです。そんな時、どうすればいいのでしょうか。解決のヒントは、トイレの中に必ずあります。
 
奥野愉加子

執筆者:

執筆者:奥野愉加子(おくの ゆかこ)

美学のある暮らし 代表

整理収納アドバイザー認定講師。(photo:キャラバンサライ)
奈良生まれ。大学では生活環境学部にて建築やインテリアを学び、英国インターンや建築設計会社勤務を経て、2011年より愛知県で結婚生活をスタート。長男出産後、夫の赴任で2年間のドイツ生活を経験。帰国後の現在は建築家デザインの家で暮らす、5歳と2歳の男児の母。子育てがひと段落したら、建築や暮らしに関連するような仕事をしたいと考え、「一般社団法人ハウスキーピング協会」の整理収納アドバイザーの資格を取得。認定講師として資格取得のための講座を定期的に主催している。

<美学のある暮らし>

https://www.bigakurashi.jp

詳細はこちら
奥野愉加子

執筆者:

執筆者:奥野愉加子(おくの ゆかこ)

美学のある暮らし 代表

整理収納アドバイザー認定講師。(photo:キャラバンサライ)
奈良生まれ。大学では生活環境学部にて建築やインテリアを学び、英国インターンや建築設計会社勤務を経て、2011年より愛知県で結婚生活をスタート。長男出産後、夫の赴任で2年間のドイツ生活を経験。帰国後の現在は建築家デザインの家で暮らす、5歳と2歳の男児の母。子育てがひと段落したら、建築や暮らしに関連するような仕事をしたいと考え、「一般社団法人ハウスキーピング協会」の整理収納アドバイザーの資格を取得。認定講師として資格取得のための講座を定期的に主催している。

<美学のある暮らし>

https://www.bigakurashi.jp

詳細はこちら

トイレに収納がない! 収納スペースを見つける3つのコツ

トイレは小さい空間ですが、必要なモノが意外と多い場所です。そして、トイレに作り付けの収納がない・作り付け収納では量が足りないというお困りが多い場所でもあります。
 
解決策の1つに、トイレの外にある収納を利用するという手があります。ただ、少し不便ですし、トイレ用品が他のモノの近くにあることに抵抗を感じる方も多いはず。探してみると、狭いトイレ内でも収納スペースを見つけることができるかもしれません。
 

トイレ内に収納スペースを見つける3ポイント

1:トイレ個室の角
2:便器の脇
3:頭上
 
■収納スペースを見つけるポイント1:トイレ個室の角
ドア側とは反対の角のスペース。大きな面積はムリでも、小さな縦型収納であれば置けるかもしれません。トイレを使う動作をして、足が当たったりなど問題がなければ、床に置く分にはそんなに邪魔にはなりません。
 
15センチ程度の奥行きがあれば、スリムタイプの収納を置くことができます。コンパクトにトイレ掃除ブラシやシート類を収納できるし、扉のあるタイプの収納を選べば、見た目もスッキリするし、尿の飛び散り汚れも防ぐことができます。
 
トイレ中に手が届く場所に設置するなら、替えのトイレットペーパーなどを収納するのがおすすめです。
 
■収納スペースを見つけるポイント2:便器の脇
便器と壁との両脇に15センチ程度の隙間を見つけることもできるかもしれません。こちらにも、スリムタイプの収納を設置できます。幅広タイプが置けそうなら、収納量が期待できるので、トイレ周辺の道具はできるだけ収納したいですね。
 
便器の脇には、引き出しタイプの収納が取り出しやすいので便利です。トイレグッズを収納の中に入れておけば、尿の飛び散り汚れが防げるので、衛生的です。
 
■収納スペースを見つけるポイント3:頭上
便器の上など、頭上にツッパリ式の棚を設置することもできます。ツッパリの棚であれば、設置にネジも釘も一切不要なので、気軽に設置できます。高い位置だと、尿の飛び散り汚れもないので、安心です。
 
注意したい点は、耐荷重と設置可能な長さをチェックして購入すること。もし窓があっても、カギ(クレセント)の部分より上に設置すれば、そう不便はありません。できるだけ耐荷重の大きい商品がおすすめです。
 
それでも、載せるモノの重さには気をつけましょう。頭上の棚におすすめなのは、万が一落ちてきても危険ではない、「軽いモノ」です。例えば、トイレットペーパー・生理用品・お掃除シートなど。
 

トイレの収納量と持つ量のバランス

トイレ収納が増えたからといって、トイレットペーパーなどの消耗品をたくさんストックすることはおすすめできません。トイレの消耗品の減り具合は各家庭によって大きく違います。
 
例えば、トイレットペーパーが1週間で1パックなくなるような家庭であれば、ストックが1つか2つはほしいですよね。でも、1カ月で1パックの家庭なら、最後のロールを使い始めたタイミングで買い物に行ってもそう不安はないと思います。
 
このように、トイレの収納量と家庭で持つべきストックの量でバランスが取れると、循環の良いトイレ収納が完成します。お買い物のムダも減るので、節約にもなります。
 
ストックが貯まりすぎて、置き場所がない! なんてことを防いでいきたいですね。
 
執筆者:奥野愉加子
美学のある暮らし 代表

関連記事

片づけの美学㉑ トイレの片づけを制する
片づけの美学58 今年こそ年末の大掃除で、スッキリした家にしたい! そのコツは?
片づけの美学83 玄関を開けて漂う、独特のにおい。においの片づけ方法
 



▲PAGETOP