公開日:2019.09.03 ローン

住宅ローンの返済が苦しくなってきた……負担を少しでも軽くする方法は?

どこに住もうか、どんな家がいいか、家族と相談して購入した夢のマイホーム。住宅ローンを返済しながら住み続けてはきたものの、家族が増えたり、仕事が変わったりなど家計の収支が変わることで、住宅ローン返済が苦しくなることもあります。
 
住宅ローンは、「生活が苦しいから返済しなくていい」ということにはなりません。返済が多額に感じて苦しいときに、毎月のローン返済を軽くする方法はないのでしょうか。
 
杉浦詔子

執筆者:

執筆者:杉浦詔子(すぎうらのりこ)

ファイナンシャルプランナー/産業カウンセラー/キャリアコンサルタント

「働く人たちを応援するファイナンシャルプランナー/カウンセラー」として、働くことを考えている方からリタイアされた方を含めた働く人たちとその家族のためのファイナンシャルプランニングやカウンセリングを行っております。
 
2005年にCFP(R)資格を取得し、家計相談やセミナーなどのFP活動を開始しました。2012年に「みはまライフプランニング」を設立、2013年よりファイナンシャルカウンセラーとして活動しています。
 

詳細はこちら
杉浦詔子

執筆者:

執筆者:杉浦詔子(すぎうらのりこ)

ファイナンシャルプランナー/産業カウンセラー/キャリアコンサルタント

「働く人たちを応援するファイナンシャルプランナー/カウンセラー」として、働くことを考えている方からリタイアされた方を含めた働く人たちとその家族のためのファイナンシャルプランニングやカウンセリングを行っております。
 
2005年にCFP(R)資格を取得し、家計相談やセミナーなどのFP活動を開始しました。2012年に「みはまライフプランニング」を設立、2013年よりファイナンシャルカウンセラーとして活動しています。
 

詳細はこちら

平均的な住宅ローンの返済額

フラット35利用者調査(2018年度集計)より、住宅ローンの毎月の返済額は全国平均で10万円、住宅ローンの返済の負担率は世帯年収の21.8%となっています。
 
フラット35の返済期間は最長35年までとなりますので、例えば40歳で最長期間の借り入れを行うと毎月10万円ずつの返済が75歳まで続くことになります。
 

住宅ローンの返済が苦しいと感じるとき

毎月、住宅ローンの返済を行っていても、ローン返済が急に苦しくなるときがあります。その要因は、収入の減少か、住宅ローン以外の支出の増加です。
 
収入減少の主な理由は、定年退職、介護や育児などでの退職や休職、役職定年や出向等による減給などです。支出増加の理由は、新たな家族の誕生、子どもの大学や専門学校などへの進学、自分自身の資格取得のための学習費用などさまざまです。
 
要因によって、一時的に返済が苦しくなる場合と、長期的に返済が苦しくなる場合の両方があります。
 

住宅ローンの返済を軽減する方法

住宅ローンが多額で支払えないときに、そのまま返済せずにしばらく放置してしまうと、購入した住宅が競売にかけられ住宅を失うことがあります。また、消費者金融などからお金を借りて住宅ローンの返済を続けると、借金が増えて自己破産につながることもあります。
 
そういった事態を防ぐためには、まず、住宅ローンの返済ができない状況が分かったら、ローンを借りている金融機関に相談することです。金融機関にもよりますが、休職や失業などで一時的に返済が滞る場合は、一時的な支払いの延期ができることもあるので、まずは相談してみましょう。
 
年収は変わらないものの、子どもの誕生や進学などで支出が増えたことで毎月の住宅ローンの返済を軽減したい場合は、ボーナス割合の変更や返済期間の延長ができるかを金融機関に確認してみましょう。
 
例えば、毎月10万円の返済は厳しいが、毎月7万円と年2回のボーナスで18万円の返済が可能ならば、ボーナス返済の割合を増やすことで毎月の支払額が軽減できます。
 
また、返済期間を65歳から75歳へと10年延ばすことが可能なら、その分、毎月の支払額が軽減できます。金融機関により異なるので、まずは確認してみましょう。
 
ボーナス割合の変更や返済期間の延長が、同一の金融機関で行えない場合は、借り換えという方法があります。なお、借り換えの場合は再審査が必要となるため、世帯年収が低下している場合に借り換え不可のこともありますが、毎月の返済額を変えることができるので、有効な方法となります。
 
住宅ローンの返済が苦しくなったら、せっかく手に入れた夢のマイホームを手放さざるを得ないという状況になる前に、まずは金融機関に相談してみることが望ましいでしょう。
 
出典:住宅金融支援機構「2018年度集計表」
 
執筆者:杉浦詔子
ファイナンシャルプランナー/産業カウンセラー/キャリアコンサルタント

関連記事

どっちを選んだらいいの?住宅ローンの元利均等返済と元金均等返済のメリットとデメリット!
住宅ローンの返済目安を導く前に。「無理のない返済計画」の考え方って?
住宅ローン返済期間中の収入激減。。行き詰った時に確認しておきたい対処法
 

おすすめ関連記事

 

おすすめの住宅ローンはこちら

 

住宅ローン 金利別ランキング  【PR】 ~あなたのニーズに合った住宅ローンをチェック!~

※弊社の提携会社のランキング

 変動金利固定金利(10年)全期間固定金利
1位変動金利

ジャパンネット銀行

全期間引下型

適用金利:0.415%

(2019/9/1現在)

住信SBIネット銀行

ネット専用全疾病保障付住宅ローン<通期引下げプラン>変動

適用金利:0.428%

(2019/9/1現在)

りそな銀行

りそな借りかえローン ずーっとお得!全期間型 WEB申込限定プラン変動

適用金利:0.429%

(2019/9/1現在)

ジャパンネット銀行

全期間引下型

適用金利:0.580%

(2019/9/1現在)

ARUHI

ARUHIフラット35S(金利Aプラン)
全期間固定金利(20年) 団信不加入

適用金利: 0.790%

(2019/9/1現在)

2位固定金利(10年)

ジャパンネット銀行

全期間引下型

適用金利:0.580%

(2019/9/1現在)

住信SBIネット銀行

ネット専用全疾病保障付住宅ローン<通期引下げプラン>変動

適用金利:0.428%

(2019/9/1現在)

じぶん銀

住宅ローン 当初期間引下げプラン 固定10年

適用金利:0.590%

(2019/9/1現在)

三菱UFJ銀行

ネット専用住宅ローン

適用金利: 0.590%

(2019/9/1現在)

楽天銀行

楽天銀行 フラット35
全期間固定金利(20年) 団信不加入

適用金利: 0.720%

(2019/9/1現在)

3位全期間固定金利

ARUHI

ARUHIフラット35S(金利Aプラン)
全期間固定金利(20年) 団信不加入

適用金利: 0.790%

(2019/9/1現在)

楽天銀行

楽天銀行 フラット35
全期間固定金利(20年) 団信不加入

適用金利: 0.720%

(2019/9/1現在)

りそな銀行

りそな借りかえローン ずーっとお得!全期間型 WEB申込限定プラン変動

適用金利:0.429%

(2019/9/1現在)

三菱UFJ銀行

ネット専用住宅ローン

適用金利: 0.590%

(2019/9/1現在)

楽天銀行

楽天銀行 フラット35
全期間固定金利(35年) 団信加入

適用金利:1.160%

(2019/9/1現在)



▲PAGETOP