最終更新日:2019.04.16 公開日:2019.03.20
老後

老後のために、MMP(メイク・マイ・ポートフォリオ)を始めてみよう

日本の少子高齢化に歯止めがかかり反転しない限り、自分たちの老後は自分たちで責任を負わなければならないと言われ、その状況が浸透して久しいですが、「どうやって」というところまではなかなか踏み込めないでいらっしゃる方がまだまだ多く見受けられるようです。
 
MMP(メイク・マイ・ポートフォリオ)はそれほど難しくないので、ぜひはじめましょう。
 

ステップ1:資産を2分割

1段階目はお金を「日頃から使うもの」と「使い道が決まっていないもの」に分けます。使い道が決まっていないお金を「運用」に回すので、よほどのことがない限り手を付けない、というルールを徹底させましょう。この境界線そのものが引かれていないか、あいまいになっている方は意外と多いです。
 

ステップ2:使い道が決まっていないもののコアを決める

コアをいうのは、金融商品でも一度購入したらそのまま保有しておくものです。個別株式などでは、業績のブレがあり、なかなかこういった位置づけで保有しておくのは難しいので、インデクス型の投資信託がいいですね。
 
インデクス型というのは、日経225やTOPIXなどのように幅広く分散されているものです。投資の大原則の1番目になる「資産の分散」という意味でもここは守りましょう。
 
当然、インデクス型投資信託といっても、基準価額の上下があります。とくに下がったときは心配になりますが、日々や月次の値動きで右往左往する心配のない、「右肩あがりのトレンドラインを描く」と思われるものをコアに据えておく必要があります。「そんなものはどうやって選べばいいの」と思われるかもしれませんね。
 

トレンドラインが右肩上がりかの決め手は人口動態

トレンドラインを決定づける最終的な指標は、人口が増えているか減っているかがヒントになると思われます。国の成長を支えるのはGDPの最大項目である消費(おおむねGDPの60~70%を占めます)。消費が増え続けることがGDPの成長の必須条件となります。
 
人口増加が続き、財政状況が健全な国のインデクスをコアに据えるべきですね。そうすれば、少しぐらいの下落局面であっても、またトレンドラインに向かって上昇に回帰することが見込まれます。なぜなら、とくに大口の投資家は、キャッシュ比率を高めるといっても限度があり、「どこかに」投資先を求めてきます。下落により割安感が目立ってくれば戻ってきます。
 

ステップ3:コアを決めたら、その時代背景に応じて収益の上乗せを目指す

あとは、その時代に応じて、例えばAIが注目されそうならば、AI関連を付け加えるのも有効でしょう。ただし、これらは、売り時を意識して定期的に見直す必要があります。売り時を逃してしまうとせっかく積み上げてきた収益が毀損されてしまう恐れがあります。
 
執筆者:柴沼直美(しばぬま なおみ)
CFP(R)認定者
 
関連記事
■老後にまとまったお金が必要!そんな時の解決策は?
■60歳まで秒読みなのに、お金が貯まっていない! 年金は月々5万!どうやって生活するの?
■夫婦で2500万円、年金月額換算27万円という数字の意味と老後の過ごし方
■「人生100年時代」と言われるけれど、結局老後資金はいくら必要なの? どのように貯めたら良いの?
■『貯蓄4000万円』がゆとりある老後生活の基準? 老後破産してしまう人の共通点
■お金のない老後生活は地獄!? そうならないように、今からつけるべき習慣とは

柴沼直美

執筆者:柴沼直美(しばぬま なおみ)

CFP(R)認定者

1級ファイナンシャル・プランニング技能士
日本証券アナリスト協会検定会員、MBA(ファイナンス)
キャリアコンサルタント、キャリプリ&マネー代表
大学を卒業後、日本生命保険に入社。保険営業に従事したのち渡米。米国アリゾナ州、Thunderbird School of Global ManagementにてMBAを修得。帰国後外資系証券会社、投資顧問会社にてアナリスト、日本株ファンドマネジャーを経験。出産・母親の介護を機に退職。三人の子育ての中で、仕事と主婦業の両立を図るべく独立。キャリアカウンセラー、CFPの資格を活かしつつ、それぞれのライフステージでのお金との付き合い方を、セミナーや個別相談により紹介。子どもの教育費・留学費から介護に至るまで経験を交えた実行可能な幅広いストライクゾーンで対応。
http://www.caripri.com



▲PAGETOP