更新日: 2020.12.01 年金

年金手帳、もし2冊あったらどうなる!?

執筆者 : 柘植輝

「年金手帳が手元に2冊あるのですが、どうすればいいですか?」といった相談を寄せられることがあります。今回は、年金手帳が2冊見つかった場合にとるべき対応についてのお話です。
 
柘植輝

執筆者:

執筆者:柘植輝(つげ ひかる)

行政書士
 
◆お問い合わせはこちら
https://www.secure-cloud.jp/sf/1611279407LKVRaLQD/

2級ファイナンシャルプランナー
大学在学中から行政書士、2級FP技能士、宅建士の資格を活かして活動を始める。
現在では行政書士・ファイナンシャルプランナーとして活躍する傍ら、フリーライターとして精力的に活動中。広範な知識をもとに市民法務から企業法務まで幅広く手掛ける。

柘植輝

執筆者:

執筆者:柘植輝(つげ ひかる)

行政書士
 
◆お問い合わせはこちら
https://www.secure-cloud.jp/sf/1611279407LKVRaLQD/

2級ファイナンシャルプランナー
大学在学中から行政書士、2級FP技能士、宅建士の資格を活かして活動を始める。
現在では行政書士・ファイナンシャルプランナーとして活躍する傍ら、フリーライターとして精力的に活動中。広範な知識をもとに市民法務から企業法務まで幅広く手掛ける。

年金手帳が手元に2冊ある! どうすればいい?

年金手帳が手元に2冊以上ある場合、まずは年金手帳の色を確認してください。青色の年金手帳があれば、そこに記載されている基礎年金番号があなたにとって現在有効な基礎年金番号になります。
 
その後、年金手帳の色にかかわらず、全ての年金手帳に記載されている記号番号を見比べてください。もし、全ての年金手帳に記載されている記号番号が同じであれば、そのうちどれか1冊を保管しておくだけで問題ありません。
 

年金手帳の番号がバラバラの場合はどうすればいい?

年金手帳に記載されている基礎年金番号がバラバラである場合、年金の加入記録が複数に分散されている可能性があります。こうしたケースでは、まずは手元にある全ての年金手帳の色を見比べてください。年金手帳の色によって状況が異なるためです。
 

年金手帳が全て青色の場合

複数ある年金手帳が全て青色である場合、基礎年金番号が二重に払い出されている可能性があります。現在、厚生年金に加入している場合は勤務先の社会保険担当へ、それ以外の方は年金事務所に年金手帳を提出し、状況確認の手続きの依頼をするようにしてください。
 

青色と、それ以外の場合

青色以外にもオレンジ色など他の色の年金手帳があれば、基礎年金番号で管理できていない記録が存在している場合があります。こちらも全て青色だったときと同じく、厚生年金に加入している方は勤務先の社会保険担当へ、それ以外の方は年金事務所で状況確認の手続きを依頼してください。
 

全て青色以外の場合

全ての年金手帳が青色以外である場合は、速やかに「基礎年金番号通知書」を探してください。その通知書に記載された番号が基礎年金番号になります。
 
もし通知書が見つからない場合、青色の年金手帳を再発行してもらう必要があります。手続きについては、厚生年金に加入していれば勤務先の社会保険担当を通じて、それ以外の方は年金事務所に年金手帳を持参して再発行の手続きを行います。
 

年金手帳が2冊以上あったら要注意

年金手帳が手元に2冊以上ある場合、記載されている基礎年金番号を確認するようにしてください。全て同じ基礎年金番号であれば、どれか1つを保管しておけばよいのですが、基礎年金番号がバラバラになっている場合は年金の加入記録が分散している可能性があります。
 
年金手帳が複数見つかった場合、速やかに勤務先や最寄りの年金事務所に問い合わせて状況を確認するようにしてください。手続きが遅れてしまうと、将来スムーズに年金を受け取ることができなくなる恐れがあるため注意が必要です。
 
出典 日本年金機構 オレンジ色・茶色の年金手帳は持っていますが、青色の年金手帳を持っていません。どうしたら良いですか。
 
執筆者:柘植輝
行政書士