銀行カードローン

銀行カードローン

銀行カードローン

おすすめの銀行カードローン

銀行カードローン

カードローンは消費者金融だけではなく、多くの銀行が提供しているサービスでもあります。 大きく「都市銀行」「ネット銀行」「地方銀行」に分けられ、それぞれで独自のカードローン商品を提供しております。


個人に対して無担保で融資を行うサービスであることは消費者金融と大きな差はありません。


又、消費者金融は貸金業法を遵守いたしますが、銀行は銀行法というものを定められております。 貸付限度の制限として、貸金業法が定める総量規制の対象外になりますが、それぞれの銀行が自主規制で「借入総額は年収の3分の1まで」等、総量規制のような条件は定めております。


 

銀行カードローンの特徴

1.消費者金融に比べ比較的に金利が低い


一番の特徴でもあるのは、金利の低さが挙げられます。下限金利は2%未満、上限金利も15%未満に定めている銀行が多いです。


少額の借り入れの場合、わかりやすいですが消費者金融であれば上限金利の約18%が適応されることが多いですが、銀行の場合上限金利が15%程度になる為、 比較的に低い金利で融資実行をしていることとなります。


2.最短即日融資は出来ない


消費者金融と違い、最短即日融資は現在不可能となっております。審査の厳格化および警察庁とのデータベースの照合などを行わなければいけない為、 審査に最低1日はかかってしまう事となっております。


3.ATM手数料が無料が多い


自社ATMは当然無料ですが、コンビニATMや提携ATMなどの手数料も無料にしていることが多いです。 但し、銀行によってはそれぞれルールに違いがございますので、よく申し込み先のホームページを確認しておきましょう。


いくら金利が比較的に低いとは言え、カードローンには利息がつきものになります。

ただし、ある程度の金額を長期間借り入れを行う際には少しでも金利が低い方を選ぶことが重要です。

長い目で見て、スピード審査よりもしっかりと金利を考えて計画的な借り入れを検討しましょう。

関連記事一覧

記事はありません