CLOSE

キーワードで記事を検索

更新日: 2021.09.14 返済

プロミスのインターネット返済のメリットとデメリットをご紹介!

プロミスのインターネット返済のメリットとデメリットをご紹介!
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

プロミスを利用する際、返済方法には7つの種類があります。インターネットが普及する前はATMや店舗での返済など、返済方法に不便さを感じていた方も多いはず。
 
プロミスの7つの返済方法の1つに、場所や時間を選ばず手軽に利用できるインターネット返済があります。しかしインターネット返済について、よく分からない方も多いでしょう。
 
そこでプロミスのインターネット返済のメリットや返済方法の流れ、そしてインターネット返済のデメリットをご紹介します。

公式サイトで申し込み

プロミス

promise

おすすめポイント

WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!
融資上限額 金利 審査時間
最大500万円 4.5%~17.8% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 即日融資

インターネット返済で支払期間を短縮し利息を減らす

インターネット返済は口座振替と異なり支払期間を短縮できます。支払期間を短縮すると、その期間分の利息を減らせます。ここでは利息を減らす方法として、繰り上げ返済と一括返済をご紹介します。
 

繰り上げ返済で利息を減らす

返済額の一部を返済可能であれば繰り上げ返済をおすすめします。インターネットによる繰り上げ返済で支払期間を短縮し、その期間分の金利を減らせます。
 

一括返済で利息を減らす

返済額を全額返済できるなら一括返済をおすすめします。インターネットによる一括返済で支払期間を短縮し、その期間分の金利を減らせます。
 

\最短即日融資も可能/

(公式)プロミス お申し込みはこちら

インターネット返済のデメリット

メリットの多いインターネット返済ですがデメリットもあります。ここではインターネット返済のデメリットをご紹介します。デメリットをよく理解したうえでインターネット返済の利用をおすすめします。
 

金融機関引き落としの設定に注意

インターネット返済では、返済に利用する金融機関でインターネットバンキングの手続きが必要です。そのため返済に利用する金融機関で申し込み手続きやサービスの内容を確認することが大切です。
 

システムメンテナンスの日程に注意

インターネット返済は原則として24時間、365日利用可能ですが、システムメンテナンスにより利用一時停止となる時間帯があります。返済に利用する金融機関のメンテナンス日のほか、毎週日曜日の23時~月曜日7時まで、また毎月第3日曜日の午前0時~午前6時、および前日土曜日の23時~24時まで受付を一時停止します。
 
参考 https://cyber.promise.co.jp/contents/html/BKsearch2.html
 

\最短即日融資も可能/

(公式)プロミス お申し込みはこちら

インターネット返済の流れ

インターネット返済は金融機関が休みの日でも利用できるので便利です。インターネット返済は即座に借入残高に反映されるため、その場で借り入れも可能です。ここではインターネット返済を利用する際の流れをご紹介します。
 
参考 https://cyber.promise.co.jp/Pcmain/APD73Control/APD73004
 

実際のインターネット返済の流れを確認

まずプロミスの会員ページにアクセスします。会員ページでは「インターネット返済のお手続き」を選択し、返済する金額を指定します。金額を指定するとペイジーを利用する際の番号が発行されます。
 
続いて返済に用いるインターネットバンキングにログインし、ペイジー支払いを選択しペイジー利用の発行番号を入力し支払い手続きをします。インターネット返済は支払い手続き後、即借入残高に反映されます。
 
参考 https://cyber.promise.co.jp/Pcmain/APD73Control/APD73004

 

\最短即日融資も可能/

(公式)プロミス お申し込みはこちら

プロミスとは

プロミスは、SMBCグループのカードローン。24時間いつでも申し込みできるので、忙しい方やお急ぎの方におすすめです。
 
カードローンは一般的に、ローンカードがないと借り入れ・返済ができませんが、プロミスのWeb完結ならカードレスで利用可能です。いざというときにお金が借りられない不安や、紛失のリスクがないので、安心して利用できます。
 
実質年率は4.5%~17.8%、借入限度額は1万円~500万円までなので、少額からまとめてお金が必要なときまで役立ちます。また、初めての利用する方は30日間利息0円という点も魅力です。
 
プロミスの借入方法はスマホやパソコン、電話などさまざまな方法があります。返済方法も、インターネット返済や口フリ、提携ATMやプロミスATMなどの方法がありますので、自分に合った使い方ができるでしょう。
 
また、女性のお客様向けにレディースキャッシング(女性専用ダイヤル)も設けていますので、カードローンが初めての女性でも使いやすいです。
 

\最短即日融資も可能/

(公式)プロミス お申し込みはこちら

プロミスのインターネット返済のメリットを紹介

インターネット返済は返済の窓口に行くことなくスマホやパソコンで利用できます。
 
インターネットに接続できる環境であれば、利用者の金融機関からプロミスにインターネットの手続きで返済ができます。メガバンクから地銀まで、約1,100の金融機関で利用可能です。ここではプロミスのインターネット返済のメリットをご紹介します。
 

インターネット返済は振込手数料0円!

プロミスに返済する場合、利用する金融機関によっては振込手数料がかかります。プロミスのインターネット返済は振込手数料0円でお得です。
 

インターネット返済は24時間365日利用可能

インターネット返済のメリットは自分の好きなタイミングで利用できることです。日中が忙しいなど仕事の都合で返済窓口に行けない方でも、インターネット返済だと365日いつでも利用できます。
 

インターネット返済は最短10秒で返済

インターネット返済ではスマホのボタン操作で利用できます。操作は簡単なため、返済の手続きが最短10秒でできるのがメリットです。
 
参考 https://cyber.promise.co.jp/Pcmain/APD73Control/APD73004
 

 

\最短即日融資も可能/

(公式)プロミス お申し込みはこちら

インターネット返済以外の返済方法もチェックしておこう

プロミスの返済方法は、インターネット返済以外にも口フリ・店頭窓口・プロミスATM・コンビニ・提携ATM・銀行振込の6種類があります。それぞれの返済方法を知っておけば、いざというときも慌てずに返済可能です。
 
この見出しでは、インターネット返済以外の返済方法や特徴を紹介します。自分に合った返済方法をぜひ見つけてください。
 

口フリ(口座振替)

口フリ(口座振替)は、返済日に指定した金融機関口座から、自動引き落とししてくれる返済方法。返済のために、ATMや店頭窓口に足を運ばなくても済む点がメリットです。手数料無料、インターネット会員サービスで手続きできますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。
 
三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行・PayPay銀行は5・15・25・末日から引き落とし日を選べますが、その他金融機関を指定の場合は5日のみです。返済日を細かく指定したい場合は、上記で挙げた5つの銀行で登録しましょう。
 

お客様サービスプラザ(店頭窓口)

お客様サービスプラザが近くにある方は、直接赴いての返済が可能です。手数料無料ですが、お客様サービスプラザの営業時間内以外は返済できません。
 
プロミスに返済計画、増額など、直接窓口で相談したいことがあれば、そのときに一緒に返済できるので便利です。
 

プロミスATM

プロミスATMは、プロミスが直接運営しているATMです。コンビニや銀行のATMとは異なり、銀行口座の預金・引き出しなどはできません。あくまでも、プロミスの借り入れ・返済手続きのみができます。
 
返済手続きの途中で分からないことがあれば、横に設置されている受話器でオペレーターに連絡できるのがメリットです。
 
土日祝日を含めて、深夜帯を除きいつでも利用できるので、返済期日がせまっているときなどにとても便利です。
 
なお、プロミスATMの設置場所は、公式サイトから検索できます。事前に近くにあるかどうか確認しておくと、いざというときに心強いでしょう。
 

コンビニ(マルチメディア端末)

マルチメディア端末とは、ファミリーマートに設置されているFamiポートを使った返済方法です。イーネットATMとは異なりますので、返済の際には気を付けてください。
 
全国のファミリーマートで返済できますが、サービス時間帯が店舗によって異なることがあるため、事前に調べておくと安心です。
 
Famiポートで一連の手続きを行うと、「Famiポート申込券」が出力されます。申込券は必ずレジに持っていき、その場で支払いしてください。なお、Famiポートの返済は現金のみです。
 

提携ATM

プロミスカードは、三井住友銀行やセブンイレブン・ローソン・ファミリーマートのコンビニ3社で取り扱っているATM・ゆうちょ銀行ATMなどで返済できます。
 
三井住友銀行提携ATMは手数料無料ですが、その他のATMは1万円以下の返済は110円、1万円を超える返済は220円の手数料がかかります。近くにコンビニやほかの提携ATMしかない場合は別ですが、時間に余裕があればお近くの三井住友銀行ATMを探したほうがお得です。
 
なお、詳しい営業時間は各店舗によって異なるため、心配な方は一度公式サイトから提携ATM検索するとよいでしょう。
  

銀行振込

銀行振込は、お近くの銀行からプロミス口座に直接返済する方法です。近くにプロミスATMや提携ATMが見つからないときに、最寄りの銀行からサッと手続きすれば簡単に返済できます。
 
ただし、振り込みの際にかかる振込手数料は契約者負担になるため、その点だけ気を付けてください。
 
振込先口座は、会員サービスにログインして確認するか、プロミスコール(0120-24-0365)に電話して確認しましょう。会員サービスは、パソコンでもスマホでも利用可能です。
 
アプリをダウンロードしておけば、いつでも気軽に会員サービスにログインできます。外出時などに慌てずに確認できるので便利です。
 

\最短即日融資も可能/

(公式)プロミス お申し込みはこちら

インターネット返済で手軽に返済

プロミスのインターネット返済は24時間、365日、自宅に居ながらスマホやパソコンで手軽に返済できます。インターネット返済は手数料無料なので、ATMの利用よりお得な返済が可能です。
 
さらにインターネット返済は一括返済や繰り上げ返済にも対応しています。資金に余裕があれば、一括返済や繰り上げ返済を利用し利息を減らせます。
 
プロミスのインターネット返済は手軽に返済できるのでおすすめです。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 

公式サイトで申し込み

プロミス

promise

おすすめポイント

WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!
融資上限額 金利 審査時間
最大500万円 4.5%~17.8% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 即日融資
【PR】Pick UP カードローン プロミス
【PR】Pick UP カードローン プロミス