公開日:2019.06.26 借入

アコムでお金を借りた後の返済方法と返済利息を少なくする方法を解説

アコムでお金を借りたけど、少しでも返済額を減らしたい。皆さん当然そう思いますよね。そのためにはどうすれば良いでしょうか。
 
大丈夫。しっかりとアコムさんは様々な方法を用意してくれています。返済にあたってどのようなポイントを押さえれば良いか、本記事で把握して少しでも返済額を減らしてアコムのカードローンを上手に活用していきましょう。
 

アコムの返済方法ってどのようなものがあるの?

お金を借りたら当然返済が必要です。でもどのように返済したらいいのでしょう?その中でもお得な方法はあるのでしょうか?
 
アコムでの返済方法は大きく分けて「4種類」です。どのような特徴で、どのようなメリットがあるのか以下で細かく見ていきます。
 

1 インターネット返済

まずは一番便利で手軽と言える、インターネット返済です。特徴は「24時間対応」「土日祝日可」「手数料無料」の3点です。インターネット返済ですので、24時間対応は想像がつきますが、土日祝日可、手数料無料はなぜなのでしょうか?
 
それは公共料金の支払いなどで使われている「Pay-easy(ペイジー)」のシステムを使っているからなのです。
 

Pay-easyとは・・・
マルチペイメントネットワークを利用して、金融機関と期間を結び24時間どこでもいつでも公共料金などを支払いができるように作られたネットワーク

 
では、具体的に返済方法を解説します。大前提として返済に使用する銀行等金融機関のインターネットバンキングが出来る状態にしておくことが必要です。
 
その次に、会員ページにログインします。
 
すると「MENU」⇒「インターネットでのご返済」と進むことができます。ここで「返済口座」「返済金額」を設定し進みます。
 
「金融機関でお手続きを進める」ボタンを押すと、アコムのホームページから各金融機関のインターネットバンキングのホームページに移行しますので、そちらの案内に従って手続きを完了させます。すると通常であれば30分以内に返済が完了します。
 
また、「Pay-easy」を使っているため振込手数料も無料ですのでお得に返済が可能です。
 
原則24時間、365日返済が可能ですが、注意点としては、アコムのホームページ、各金融機関のホームページでそれぞれメンテナンスが実施されることがあり、そのタイミングでは返済を実施できないので、事前に把握が必要です。
 

2 アコムATM、提携ATM返済

次にアコムATM及び提携ATMによる返済です。こちらの特徴も「24時間対応(一部ATM除く)」「土日祝日可」「手数料無料(一部提携ATM除く)」となっており、インターネットに次いで便利な返済方法といえます。アコムの2019年3月期データブックによると、2018年12月現在、アコムのATMの数は1,036台でそのうち920台が24時間対応となっています。
 
また、提携ATMの数は50,863台となっており、アコムATMと提携ATMを合計して51,899台もの数になります。では、実際のATMによる返済方法を解説します。
 

(1)アコムATM

STEP1:カードをATMにいれる(カード忘れの場合も対応可能)

STEP2:暗証番号入力

STEP3:ボタンの中から「ご返済を選択する」

STEP4:現金を投入口に入れ、「読取」を選択

STEP5:金額に問題なければ「確認」を選択

STEP6:完了
 
まずはインターネット検索などで返済可能なアコムATMを探して、そこに向かいます。ATMに到着したら「アコムローンカード」を投入、暗証番号を入力して「ご返済」のボタンをタッチして入金をすれば完了です。銀行ATMの操作とほぼ変わらず大変便利です。
 

(2)提携ATM

STEP1:カードをATMにいれる

STEP2:ご入金(返済)を選択

STEP3:暗証番号入力

STEP4:入金口座を選択
※カードローン、ショッピングの両方入金は別々の手続きが必須

STEP5:紙幣を入れ、内容確認後、問題あければ「確認」選択

STEP6:完了
 
こちらも大まかな流れはアコムATMと同様です。ただし、アコムATMと違う点が2点あります。1つめはカードローンとショッピングが別枠での返済となること。2つめは手数料がかかる場合があることです。別枠での返済は、もう1度同じ返済手続きをするだけでいいのでそれほど影響はありませんが、2つめの手数料は回数が多くなると影響が大きくなるので見逃せません。
 
提携ATMを使って返済をした場合の具体的な手数料は以下の通りです。
 
・108円:返済額10,000円以下
・216円:返済額10,001円以上
 
となっているので、どうしても急いで返済したい!でもインターネット環境もアコムATMも近くにない!という場合以外は、少しでもお得に返済をするために別の手段の方がお勧めです。
 

3.店舗窓口での返済

3番目に店舗窓口での返済です。こちらの特徴は「平日9:30~18:00」「手数料無料」です。手続きは単純明快で、店舗に行き直接返済をするだけです。
 
店舗数は全国で22店舗と主要都市にしか店舗が無いというハードルはありますが、カードローンの返済手続きが不安な場合や、返済にあたって返済額や返済方法をどうしたら良いか、返済が遅れそうなのでどうすれば良いか等、様々なことを相談したい場合には非常に便利です。
 

4.振込・口座振替(自動引き落とし)

最後は銀行からの振込・口座振替です。振込の場合は特徴はありませんが、口座振替の場合は「毎月6日引き落とし」が固定されている点が特徴です。具体的な手続きについては振込の場合、銀行窓口、ATMなどからアコムの返済口座への入金を実施することで完了です。
 
口座振替の場合は、口座振替依頼書を提出して口座の確認が取れた後自動引き落としとなるため、こちらは開始まで通常2~3ヵ月程度かかります。加えて口座振替の場合は、毎月同額の返済になるため一括返済などをする場合は、上記の別の手段を使う必要があります。
 
しかしながら、振替用口座に資金を入れておくことで自動的に返済が行われる点は非常に便利です。
 

アコムの返済っていくらから出来るの?どのくらいの期間で返すの?

次に返済額について確認していきます。まずアコムでの借り入れ可能額は審査を経たうえで「1~800万円」の範囲内で決定します。この額を「極度額」と言います。
 
ですが、もし仮に800万円借りたとして、毎月1万円だけの返済だった場合、利息も含めるといったいいくら返済すればいいのか、想像がつかなくなるかと思います。ですので、そのような事態を防止するためにアコムでは「定率リボルビング方式」という計算方法を用いて最低返済額が1,000円単位で設定されます。
 
その計算方法は
「最低返済金額」=「最終借入残高」×「一定割合」

となります。
 
ただし、毎回計算すると非常に手間がかかってしまうため、まずは借入開始時の「極度額」によって「一定割合」は固定されますが、所定の範囲内で毎月の返済額を変更することも出来るようになっています。
 
また、一定割合については下の表の通りとなっており、契約時の極度額が大きいほど割合は下がるようになっています。
 

 
では、具体的に例を用いて最低返済金額を計算してみます。
 

(1)借入極度額30万円の場合

借入残高30万円×4.2%=12,600円となり、1,000円単位に切り上げて「13,000円」が最低返済金額になります。
 

(2)返済が進み残高10万円となった場合

借入残高10万円×4.2%=4,200円、切り上げた「5,000円」が最低返済金額となります。ですので、残高が少ない状態となった場合、最低返済金額を変更して毎月の負担を減らすということも可能です。
 
次に返済期間についてです。
これも上記の計算の一定割合によって、目安の期間が定められています。
 

 
極度額30万円以下の場合ですと、一番上の4.2%が適用になるので、期間は最長3年、31回払いまでと把握しておくことが大切です。この表で期間の年数と回数が月数合計と一致しないですが、それは次の項目で解説します。
 

アコムの返済日っていつ?

次に返済日についてです。カードローンでは「3通り」の返済日がありますので解説して行きます。
 

1.35日ごとの返済

これは返済をするたびに返済期限が35日ずつ延びていくと考えると、イメージがつきやすいと思います。まず借入をしたときは「借入翌日から35日後」が期限になります。その期間内に返済をしたところでその「返済日翌日から35日後」が次の期限となり、それを繰り返すものです。
 
前の項目で年数と回数が月数の合計と合わない理由は、計算が35日であるからなのです。35日×31回=1,085日で約3年となるためです。
 

2 毎月指定期日

こちらは自分が指定した日付を返済日とするものです。返済日を忘れたくないという方などはこの毎月指定期日の方が分かりやすくて便利です。指定期日の14日前~指定期日までの間に返済をすれば、その期間の返済は済んだことになり、次回返済まで最長45日間が取れるといえます。
 
ただし、注意しなければならないのは指定期日の15日以上前に返済をすると、前月に返済したことになってしまい、返済をしたはずなのにしていないことになってしまう可能性がある点は注意が必要です。
 

3 口座振替の場合

こちらは日付が決まっており、毎月20日締め翌月6日に自動引き落としでの返済と固定になっています。口座振替依頼書を提出してから開始まで時間がかかることと、常に定額返済であるため、返済額の変更や早期返済などの場合には別の手続きが必要になる点には注意が必要です。
 
返済方法は上記の3つでした。「35日ごとの返済」と「毎月期日指定」についてはそれぞれ簡単な手続きで変更が可能です(それまでの利息の清算が必要)。ご自分の返済計画にどちらがフィットしているか、実際に返済を行いながら考えるということも可能です。
 
また「口座振替」は依頼書の提出が必要ですが、こちらにも変更可能ですのでいずれの方法であっても計画的に賢く返済を進めていきましょう。
 

もし、返済できなくなってしまった場合はどうなるの?

返済は期日までに確実にということが最も大切です。期限を忘れることが無いようにeメールによる通知サービスもあります。
 
それでも、もし万が一返済が遅れそうという場合にはまず店舗窓口か、アコム総合カードローンデスク(0120-629-215)で相談をしてみましょう。返済方法や返済額など対応してくれます。では、万が一返済ができなくなってしまった場合には、どのような事態となるでしょうか?考えられるものを3つ解説します。
 

1 損害遅延金の発生

カードローンの貸し付け条件に遅延損害金年率20.00%となっています。これを日数に応じて支払う必要があります。
 

計算方法
残高×遅延損害金年率÷365日(うるう年は366日)×期限の利益の喪失日の翌日からの経過日数=遅延損害金

 
例えば、借入残高30万円、遅延損害金年率20.00%、10日経過の場合、30万円×0.200÷365日×10日=1643円

となります。
 
さらにこの額は返済額に上乗せで支払う必要があるので、利息も同様に計算してみると30万円×0.180÷365日×10日=1479円

と30万円をわずか10日返済延滞した場合であっても、1500円近く返済額が増えてしまうことになります。
 
 

2 新規借入れの停止

借入れをする際は、当然返済が滞っていないことが大切になります。
 
契約時の極度額が30万円であり5万円の借入れしかしていないので、残り25万円借りることが出来ると思っていても、返済が滞っている場合は停止されてしまい、必要なお金を借りられないという事態になります。
 

3 指定信用情報機関への延滞事実の登録

アコムの加盟している指定信用情報機関は2つあり、株式会社日本信用情報機構(JICC)と株式会社シー・アイ・シー(CIC)です。
 
この2社へは事実が直接登録され、またもう1社情報を共有している一般社団法人全国銀行協会全国銀行個人信用情報センターという指定信用情報機関にも共有される仕組みとなっています。
 
これらの機関に延滞情報が登録されてしまうと、いわゆるブラックリストに載るという状態であり、アコム以外の消費者金融で借り入れをしたり、クレジットカードを新たに作ったり、その他住宅ローンや、カーローンなどをする場合に、審査で通らないという可能性が極めて高くなってしまいます。
 
様々なデメリットを述べましたが、これらは支払いを滞らせることが無ければそもそも発生しないものです。アコムで借り入れをする場合、しっかりと計画的に返済を進めれば何の問題もありません。
「カードローンのご利用は計画的に」。
 

アコムの返済で利息を減らすにはどうすれば良いの?

利息についても様々な方法で軽減が出来ます。その方法を解説します。
 

1 契約をする時点での利息の決定方法

アコムでは借入時の極度額で借り入れ金利が決定します。貸付条件には:実質年率3.00%~18.00%(※契約極度額100万円以上の場合、3.00%~15.00%)と記載されていますが、実際にはさらに細かく
 

 
と利息制限法の範囲内でしっかりと定められています。
 
またこの条件の中で、初回はその人がしっかりと返済をするかどうか分からないため、利率は上限の値で設定されることが一般的なようです。
 
アコムの2019年3月期データブックによると、2018年12月現在の「貸付金利別口座数構成」を見てみると、
 
利率15.0%超~18.0%以下:70.2%
利率10.0%超~15.0%以下:22.8%
利率10%以下      :6.0%

となっており、基本的に貸付利率は10%を超える物と考えておいた方がベターでしょう。
 

2 初めてアコムで借りる人限定「30日間金利0円サービス」

次の条件を満たした場合、「契約日から30日以内の返済」については金利が0円となり非常にお得です。
 

・アコムの契約が初めて
・返済期日で「35日ごと」を選択
(ただしアコムの審査で対象外となる可能性あり)

 
注意点としては、上記の条件を満たすことと、30日間の計算が「契約日」からであり「借入日」ではないので、契約してすぐに借入をしない場合は注意が必要です。
 
30日以内に全額返済しなかった場合は、31日目から残高に対して当初契約時の貸付金利が適用されて計算されますので、1円でも多く30日以内に返済することで利息が軽減されます。
 

例1:借入残高10万円、貸付年率18.00%、30日以内に8万円返済、40日目に残り2万円返済の場合
利息:2万円×0.180÷365日×10日=98円 になります。

 

例2:借入残高10万円、貸付年率18.00%、40日目に10万円全額返済の場合
利息:10万円×0.180÷365日×10日=493円 となります。

 
比べていただいて分かるように、同じ10万円の返済でも約400円もの差が出てしまうので、金利ゼロを返済にうまく活用することが大切です。
 

3 早期返済

まずは貸付年率18.00%の場合の返済早見表を見てみましょう。
 

※アコム公式サイトより抜粋
※返済方式は定率リボルビング方式
※1年を365日として計算
※あくまでも目安となっておりますのでご了承ください

どの借入金額においても、返済期間が短いほど返済総額が少ないことが一目瞭然ですね。
 
アコムの場合、常に利用日数で利息を計算してくれるので、1日でも早く1万円でも多く返済することが利息の軽減に非常に有効です。
 

例:借入残高10万円、貸付年率18.00%、30日目に10万円全額返済の場合
利息:10万円×0.180÷365日×30日=1,479円 となります。

 
また、借入をする前に返済シミュレーションもできるので、実際の返済額がどの程度になるかを事前に把握しておくことも大切です。
 

まとめ

アコムのカードローンも、上手に使えば生活に余裕を持たせることができます。
 
しかしながら、正しく使わないと生活を壊すことにもなりかねない諸刃の剣とも言えます。皆さんはこの記事を参考に上手に賢く、カードローンを使っていってください。
 

 最後にもう一度ポイントを押さえておきましょう。
  • 返済方法は手数料などが有利なものを選ぶ
  • 返済期間はなるべく短く
  • 返済額はなるべく多く
  • 返済期日ギリギリより少しでも早く
  • 困ったらまずアコムに相談

 
以上の5点を活用してみてください。
 

商品比較
商品比較


▲PAGETOP