最終更新日:2019.08.16 公開日:2019.06.26
借入

J.score(ジェイスコア)でお金を借りた後の返済方法と返済利息を少なくする方法を解説

鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 

詳細はこちら
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 

詳細はこちら

J.score(ジェイスコア)という名前を聞いたことはありますか?Jscoreとはみずほ銀行×ソフトバンクが作り上げた新しい融資の形。日本初のAIスコアレンディングでのカードローンです。
 
導き出された判定を「スコア」と呼び、このスコアが貸付の時の審査になり、AIスコアレンディングという貸付を受けることが出来ます。では、本記事では、Jscoreでお金を借入した後の、「返済」にフォーカスを当てていきます!

お申し込みはこちらから!

J.Score

最短即日融資/WEB完結可能
AIによるスコアレンディングサービス!

融資上限額金利審査時間
最大1000万円0.8%~12.0%仮審査最短30秒
担保・保証人自動審査お試し診断

返済方法ってどのようなものがあるの?

お金を借りたら当然返済が必要です。しかし、どのように返済したらいいのでしょう?その中でもお得な方法はあるのでしょうか?
 
J.scoreの返済方法は「3種類」です。どのような特徴で、どのようなメリットがあるのか以下で細かく見ていきます。
 

1 口座振替

 
まずは確実で安心と言える、口座振替による返済です。
「毎月26日引き落とし」と返済日が固定されている点、引き落とし手数料が無料なのが特徴です。
 
口座振替の場合は別途申込が必要です。口座振替依頼書を提出して口座の確認が取れた後自動引き落としとなるため、引き落とし開始まで通常2~3ヵ月程度かかります。給与振り込み口座であれば確実な返済ができるので大変安心です。
 
注意としては、取扱金融機関によって、口座からの引き落とし時間が異なります。
26日の前までに口座残高を確認するようにしましょう!
 

2 Pay-easy(ペイジー)

 
次にペイジーを利用した返済です。インターネットバンキングの口座を持っていると「手数料無料」で返済が可能です。
 
返済で使用するインターネットバンキングの口座を会員ページで登録することで利用できます。また、繰り上げ返済や一括返済もペイジーでできるので便利です。
 
注意点は、J.scoreのホームページと各金融機関のホームページでそれぞれメンテナンスが実施されることがあり、そのタイミングでは返済できないので事前に把握が必要です。
 

3 銀行振込

 
3つ目は銀行振込です。振込、銀行窓口、ATMなどからJ.scoreの返済口座宛に入金することで完了です。
 
みずほ銀行で振り込みを行った場合は、土日祝日でも振り込み日がその当日になります。その他の金融機関で土日祝日に振り込んだ場合は翌営業日になるので注意が必要です。
 
ただし、2019年5月7日よりみずほ金融機関についても夜間や、土日、祝日の振込みでも当日付での返済受付となる場合もあります。
 
気になる方は返済受付状況を会員ページで確認する事ができるのでチェックしましょう!また、振込みには、各金融機関所定の振込み手数料がかかります。
 

返済っていくらから出来るの?

Jscoreのご返済額の方式は「残高スライドリボルビング方式」です。「残高スライドリボルビング方式」とは、元金と利息を合わせた毎月の最低ご返済額が、ご利用残高に応じて変動するという事です・ちなみに、毎月の最低ご返済額は、1000円からとなっております。
 

■契約極度額と最大返済回数表

·30万円以下:36回
·30万円超100万円以下:60回
·100万円超1,000万円以下:120回

返済日っていつ?

Jscoreでは「2通り」の返済日がありますので解説していきます。
 

1 毎月指定期日

 
こちらは自分が指定した日付を返済日とするものです。返済日を忘れたくないという方などは、この方法が分かりやすくて便利です。
 
指定期日の14日前~指定期日までの間がその月の返済期間になっており、この期間内に返済することが出来ます。ただし、指定期日の15日以上前に返済をすると、1回前の回で返済したことになってしまい、その当月に再度支払いが必要になってしまうので注意が必要です。
 

2 口座振替の場合

 
こちらは日付が決まっており、毎月26日に自動で引き落としになります。
 
口座振替依頼書を提出して銀行による口座確認をする必要があり、自動引き落とし開始までに時間がかかる点には注意が必要です。
 

もし、「返済できない!」となりそうな場合はどうなるの?

返済は、期日までに確実にということが最も大切です。期日を忘れることが無いようにeメールによる通知サービスもあります。もし、返済が遅れてしまいそうな場合には、お客様専用フリーダイヤル(0120-976-426)で相談をしてみましょう。
 
では、万が一返済ができなくなってしまった場合にはどのような事態となるでしょうか?考えられるものを「3つ」解説します。
 

1 損害遅延金の発生
https://www.jscore.co.jp/lending/about/

 
貸し付け条件を見ると、遅延損害金年率が12.00%となっています。これを日数に応じて支払う必要があります。
 

計算方法
残高×遅延損害金年率÷365日(うるう年は366日)×期限の利益の喪失日の翌日からの経過日数=遅延損害金

 

例えば、借入残高10万円、遅延損害金年率12.00%、10日経過の場合
10万円×0.120÷365日×10日=328円  となります。

 
この額は返済額に上乗せして支払う必要があるので、利息も同様に計算してみると10万円×0.120÷365日×10日=328円
 
と、わずか10日の返済延滞であっても、700円近く返済額が増えてしまうことになります。
 

2 指定信用情報機関への延滞事実の登録
https://www.jscore.co.jp/lending/credit_information_agency

 
J.scoreが加盟している指定信用情報機関は2つあり、株式会社日本信用情報機構(JICC)と株式会社シー・アイ・シー(CIC)です。
 
この2社には延滞の事実が登録され、また、一般社団法人全国銀行協会全国銀行個人信用情報センターという指定信用情報機関にも共有される仕組みとなっています。これらの機関に延滞情報が登録されてしまうと、いわゆるブラックリストに載るという事もあるので、注意しましょう。
 
様々なデメリットを述べましたが、これらは支払いを滞らせることが無ければそもそも発生しないものです。借り入れをする際に、しっかりと計画的に返済を進めれば何の問題もありません。「カードローンのご利用は計画的に」。
 

J.scoreの返済で利息を減らすにはどうすれば良いの?

利息についても様々な方法で軽減が出来ます。その方法を解説します。
 

1 契約をする時点での利息の決定方法

 
J.scoreでは個人スコアで借り入れ金利が決定します。
 
貸付条件には:実質年率0.8%~12.00%となっており、他の消費者金融に比べると、上限の年率を見てもかなり低く、また「みずほ銀行」、「ソフトバンクまたはワイモバイル」、「Yahoo!JAPAN」との情報連携があると、カードローンでは考えられない0.8%という金利が適用になる可能性もあります。
 

(1)AIスコアの判定法

 
J.scoreの一番の特徴かつ、AIスコアレンディングを利用するときに一番重要な「AIスコア」について説明します。
 
まず、J.scoreに無料登録をして、必要な情報を入力することでレンディングの有無にかかわらずAIスコアを入手できます。(https://app.jscore.co.jp/sign_up/)
登録するにあたって、まずはイメージを持つためにデモ版のAIスコアもあるので、そちらを使ってみることもいいかもしれません。(https://www.jscore.co.jp/score/demo/)
 
デモ版では、以下のたった5つの項目を選択肢から選ぶことで、「概ねスコアがこの範囲になるでしょう」という値を算出してくれます。
 


・年代
・勤続年数
・年収
・雇用形態
・趣味

 
最後の「趣味」という項目がなぜ借入に関連するのか?と思いますが、ここがAIでスコアを出すためのポイントになっています。
 
AIがその人の趣味や考え方といったライフスタイルまで数値化してスコアに反映されるのです。(https://www.jscore.co.jp/score/raise_scores/)
 
AIスコアを上げるために、J.scoreのモバイルアプリを利用して行動習慣を記録していくという方法があります(下記で詳しく解説します)。スコアが上がれば、結果的に金利の引き下げにつながります。
 

(2) 「みずほ銀行」、「ソフトバンクまたはワイモバイル」、「Yahoo!JAPAN」との情報連携

 
J.scoreの運営会社は「みずほ銀行」と「ソフトバンク」がそれぞれ50%ずつ出資してできた会社です。
 
ですので、出資しているそれぞれのグループ会社での購入履歴などがいわば信用情報として優遇対象になるのです。J.score説明ページを見ていただくとそれが一目瞭然です。
 

■引用■
※みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携により貸付利率(実質年率)を0.1%引下げいたします(最大0.3%引下げ)。
なお、Yahoo! JAPANとの情報連携で金利引下げとなるのは、以下のいずれかを満たす場合です
(金利引下げのタイミングはそれぞれの場合で異なります)。
・情報連携に同意された日の前月末から過去1年以内に「Yahoo!ショッピング」の購買履歴がある
・情報連携に同意された日の前月末から過去1年以内に「ヤフオク!」の落札(支払)履歴がある
・情報連携同意時点で「Yahoo!プレミアム」会員である
※貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。

 

2 AIスコアの向上

 
AIスコアレンディングにおいては、金利の引き下げはAIスコアの上昇が必須といえます。基本的な年収や勤続年数というものは少しずつ積みあがるだけですが、AIスコアは個人の習慣や考え方まで含めて数値化するため、そちらをAIが求める姿に近づけることでAIスコアの向上が図れます。
 
J.scoreアプリを使い、「ハビットチェンジ」と呼ばれるプログラムを実行することがもっとも近道です。
 


・毎日の運動習慣
・継続的な学習習慣
・規則正しい睡眠習慣
・意識するお金の習慣

 
の4項目が今現在プログラムとしてあり、健康やお金に関する習慣をより良い方向に進めることでAIスコアが向上し、金利の引き下げにつながります。
 

3 早期返済

 
一番のオススメの方法は早期返済・追加返済です。
 
毎月の返済額以上の返済を余裕が出てきた段階で検討し、実行する事で全体的な返済額を減らす事が可能です。返済シミュレーションを使って返済額を確認してみます。金利は12%と一番高い場合で計算すると、以下の通りです。
 

 
表をご覧いただければ分かるように、返済総額を見ると利息部分がかなり大きくなります。
 
J.scoreの場合、常に利用日数で利息を計算してくれるので、1日でも早く1万円でも多く返済することが利息を軽減するために非常に有効です。
 

例:借入残高10万円、貸付年率12.00%、30日目に10万円全額返済の場合
利息:10万円×0.120÷365日×30日=986円 となります。

 
また、借入をする前に返済シミュレーションをしっかり行って、実際の返済額がどの程度になるかを事前に把握しておくことも大切です。
 

まとめ

AIスコアレンディングは、AIを使って個人の様々なデータを数値化してそれを元にAIスコアを出し、その値が金利に反映されるという日本初のシステムです。
 
これまでの消費者金融では定められた項目のみでの審査ですが、こちらは自分の生活習慣を変えていくことでそれが金利に反映されるという、ある意味でモチベーションにもつながるといえます。
 
その上、当初の貸付金利も他の消費者金融に比較すると安いため、スコアが多少低くても審査に通ることが出来れば大きなメリットになるといえます。また、金利だけでなく、「AIスコア・リワード」という提携している様々な施設での優遇や割引といったサービスも受けられるため、非常に良い待遇であるといえます。
 
皆さんもこの最先端の技術を用いたJscoreを検討してみてはいかがでしょうか。

お申し込みはこちらから!

J.Score

最短即日融資/WEB完結可能
AIによるスコアレンディングサービス!

融資上限額金利審査時間
最大1000万円0.8%~12.0%仮審査最短30秒
担保・保証人自動審査お試し診断
商品比較


▲PAGETOP