最終更新日: 2020.09.01 公開日: 2020.04.21
借入

J.Scoreの繰上げ返済で利息を抑える方法を解説

鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら

繰上げ返済は支払い回数を減らすことはもちろん、総返済額を抑える効果に繋がることから、もし余裕ができた場合には、積極的に利用したいものです。今回はJ.Scoreの繰上げ返済で利息を抑える方法について解説します。
 

公式サイトで申し込み

J.Score

おすすめポイント

年率0.8%~15.0%
・みずほ銀行 × ソフトバンクによる新しい融資の形
ネット完結!

融資上限額金利審査時間
最大1,000万円年率0.8%~15.0%仮審査最短30秒
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで最短即日融資

 

J.Scoreの借入残高と最低返済額の関係

J.ScoreのAIスコア・レンディングの返済方式は、残高スライドリボルビング方式となっています。つまり、借入額によって毎月の最低返済額が変わります。以下に借入額と毎月の最低返済額について一覧に纏めましたので、参考にしてください。

借入額最低返済額
2万円1,000円
5万円2,000円
8万円3,000円
11万円4,000円
19万円7,000円
30万円11,000円
49万円12,000円
95万円23,000円

(J.Score公式サイト内シミュレーションを用い、金利は15.0%、契約極度額100万円以下で計算した結果を基に筆者作成:https://www.jscore.co.jp/lending/simulation/

J.Scoreの繰上げ返済方法は2つ

J.Scoreの繰上げ返済はペイジーまたはJ.Score指定の口座への振込みで行うことができます。
 
ここで注意したいのは、「返済日より15日以上前に繰り上げ返済をすると、別途当月分の返済と合わせて2回返済することになる」ということです。もしも2回の返済は厳しいと思うのであれば、返済日より14日前から返済するようにしましょう。

繰上げ返済はできるだけ平日に行う

繰上げ返済で利用できるのはペイジーもしくは銀行振込となります。ペイジーやインターネットバンキング、ATMでの銀行振込自体はいつでも行うことができますが、実際にJ.Scoreの口座にお金が振り込まれた時点で返済が確認されます。
 
したがって繰上げ返済を行う場合は、J.Scoreの指定口座への入金がその日のうちに確認されるように、銀行の営業時間内に返済を済ませておくことが大切です。前述のとおり、「返済日を含めて14日前から」当月の返済が可能なので、余裕をもって返済をするようにしてください。
 

土日の繰上げ返済は特に注意

平日にはなかなか時間が取れずに、繰上げ返済を土日に行いたいという人もいるでしょう。ペイジーや銀行振込の場合、土日でも返済自体は行うことは可能です。
 
したがって、週明けの入金では当月の繰上げ返済に間に合わないという場合には、必ず平日のうちに返済を済ませておきましょう。

公式サイトで申し込み

J.Score

おすすめポイント

年率0.8%~15.0%
・みずほ銀行 × ソフトバンクによる新しい融資の形
ネット完結!

融資上限額金利審査時間
最大1,000万円年率0.8%~15.0%仮審査最短30秒
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで最短即日融資

 

繰上げ返済のイメージを掴もう

当月の繰上げ返済は、契約時に決めた返済日を含む14日前から行うことができます。また、この14日間の間は何度でも繰上げ返済を行うことができます。例えば、契約時に返済方法を口座引落としている場合であれば、毎月の返済日は26日ですので、1月の返済日は26日となります。
 
もし1月に繰上げ返済を行いたいと思うのであれば、1月13日から1月の26日までの14日間が繰上げ返済の期間となります。1月18日に数万円程度のまとまった返済を行い、かつ1月26日に通常の返済を行うことで、1月18日の返済は1月の追加返済とみなされ、つまり繰上げ返済を行ったということになります。
 
繰上げ返済で毎月の返済額を上げていくことができれば、総返済額の削減に繋がります。
毎回の返済額が少額だと、完済までに時間がかかり、それだけ利息もかかってしまいます。できるのであれば、毎回の返済額を少しでも多くし、早めの完済を目指すようにしましょう。

繰上げ返済を習慣化するためのポイント

まずは、毎月の収支を見直してみましょう。その中で、削れる部分がないかどうか一度確認してみることをおすすめします。ただあまりにも細かい金額まで気にすると、見直し自体がうまくいかなくなりますので、あくまでもざっくりとした金額を掴むことが大切です。
 
その中で、ある程度繰上げ返済に充てることができる金額が把握出来たら、それを目標にして毎月貯めていくようにしましょう。目的は繰上げ返済を行うことなので、それ以外の用途で途中引き出しをするようなことはしないようにすることも大切です。
 
もし、ボーナスが支給されるのであれば、ボーナスを受け取ったら先に繰上げ返済をするようにしましょう。ボーナスが手元に残っていると、いろいろな欲が出てしまって、繰り上げ返済をするつもりでいても、いつの間にかお金を使いきってしまうことがあります。
 
ボーナスでまとまったお金が入ったら、まず繰上げ返済を行うという意識をもっておけば、毎年最低でも2回は繰上げ返済を行うことができます。しかもその額が大きければ大きいほど、返済回数や総支払額(利息の支払い)を少なくすることに繋がります
 

公式サイトで申し込み

J.Score

おすすめポイント

年率0.8%~15.0%
・みずほ銀行 × ソフトバンクによる新しい融資の形
ネット完結!

融資上限額金利審査時間
最大1,000万円年率0.8%~15.0%仮審査最短30秒
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで最短即日融資

 

まとめ

事前に電話連絡などをしないと繰上げ返済できない金融機関も多い中、J.Scoreの場合は、ペイジーや銀行振込を利用することによって自由に繰上げ返済ができることがメリットです。可能な時はいつでも多めの金額を繰上げ返済できるという状況を有利に使うことが大切です。
 
逆にJ.Scoreにおける返済方法でのデメリットを上げるとすれば、通常のカードローンのようにローンカードで返済ができない点といえるかもしれません。特に他社でカードローンを利用し、ローンカードを使って提携ATMなどを利用しなれている人にとっては、不便に感じるところは多いと思います。
 
ペイジーは手数料がかからないとはいえ、インターネットバンキングの環境が必要ですし、インターネットでの操作が苦手な人にとってはストレスに感じる要素は否めません。
 
繰上げ返済のポイントは「口座振替で毎月確実に返済し、かつペイジーもしくは銀行振込を使って積極的に繰上げ返済を行う」ことです。利用前に返済シミュレーションをしっかりと行い、計画的になるべく早い返済を日々心がけるようにしてください。
 
(参考)
J.Score AIスコア・レンディング®公式サイト

 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

関連記事

こんな人は通らない!?J.Scoreの審査基準のポイント解説
J.Scoreは即日融資可能?即日融資を受ける為のポイント
J.scoreでお金を借りた後の返済方法と返済利息を少なくする方法を解説
J.scoreの金利について徹底解説!利息を節約するためのポイント
J.Scoreの返済方法の特徴と振込手数料について解説
J.Scoreのスコアをアップする方法
J.Scoreの審査で落ちてしまった・・・その理由と対策
J.Scoreの審査落ち原因と審査に落ちないための準備
【FPが解説】在籍確認なしでカートローンは借りられるのか?
カードローンの審査基準とは?審査に落ちる原因と対策
 

カードローン基礎知識



▲PAGETOP