更新日: 2021.05.30 クレカ

クレジットカードにはどんな種類がある? 国際ブランドやランクの違いって?

クレジットカードにはどんな種類がある? 国際ブランドやランクの違いって?
キャッシュレス決済をより便利に行うために、いざクレジットカードをつくろうと思っても、どれを選べばいいのかわからない人は意外と少なくありません。1つのクレジットカード会社だけで何十種類ものクレジットカードを発行していることもあり、自分に合うカードはどれなのか、迷ってしまいますよね。
 
そこで、自分に合うクレジットカードを見つけるために、クレジットカードにはどのような種類があるのか見ていきましょう。
FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部(ふぁいなんしゃるふぃーるど へんしゅうぶ)

ファイナンシャルプランナー

FinancialField編集部は、金融、経済に関する記事を、日々の暮らしにどのような影響を与えるかという視点で、お金の知識がない方でも理解できるようわかりやすく発信しています。

編集部のメンバーは、ファイナンシャルプランナーの資格取得者を中心に「お金や暮らし」に関する書籍・雑誌の編集経験者で構成され、企画立案から記事掲載まですべての工程に関わることで、読者目線のコンテンツを追求しています。

FinancialFieldの特徴は、ファイナンシャルプランナー、弁護士、税理士、宅地建物取引士、相続診断士、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、公認会計士、社会保険労務士、行政書士、投資アナリスト、キャリアコンサルタントなど150名以上の有資格者を執筆者・監修者として迎え、むずかしく感じられる年金や税金、相続、保険、ローンなどの話をわかりやすく発信している点です。

このように編集経験豊富なメンバーと金融や経済に精通した執筆者・監修者による執筆体制を築くことで、内容のわかりやすさはもちろんのこと、読み応えのあるコンテンツと確かな情報発信を実現しています。

私たちは、快適でより良い生活のアイデアを提供するお金のコンシェルジュを目指します。

最短10秒で即時発行!年会費永年無料&最大7%還元!

【PR】三井住友カード(NL)

おすすめポイント

・両面にカード番号の印字なしで盗み見される心配なし!
・最短10秒で即時発行!年会費永年無料
年会費 (税抜) 発行期間 ポイント還元率
無料 即時(最短10秒) 0.5%~7.0%
ETC (税抜) 移行可能マイル 電子マネー
初年度無料 ANAマイル Apple Pay
Google Pay
※商業施設内にある店舗など、一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元率にならない場合があります。
※一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。
 その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。
 上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。
※最短10秒発行受付時間:9:00〜19:30
※即時発行ができない場合があります
※お申し込みには連絡可能な電話番号が必要です。
※スマホのタッチ決済:Visaのタッチ決済とMastercard®タッチ決済が対応
※iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。
※最大7%のポイント還元は通常のポイントも含まれます。

クレジットカードには個人カードと法人カードがある

クレジットカードには、大きく分けると個人カードと法人カードがあります。個人カードは個人的な支出に対して使えるクレジットカードで、法人カードは経費の支出に使えるクレジットカードのことです。
さらに、付帯サービスも個人カード・法人カードそれぞれの特徴に合う内容になっています。違いについて、詳しく見ていきましょう。
 

個人カードとは個人名義のクレジットカード

個人名義のクレジットカード(個人カード)は、個人の日常的な支出に使えるクレジットカードです。家族カードを追加すれば、家族も一緒に使えます。付帯サービスは身近な店でのポイントアップサービスやチケット予約サービスなど、個人的な利用に適した内容です。
 
利用限度額が10万円程度に設定されることもあれば、数百万円に設定されるカードもあるなど、個人の信用やカードの種類によって利用限度額は異なります。
 

法人カードは事業規模によって種類が分かれている

法人カードは経費の支出に使えるクレジットカードで、一部の例外を除くと個人的な支出には使えず、個人事業主や企業の経費支出用に使えるカードです。ビジネスカードやコーポレートカードなど、カードの種類やカード会社ごとに異なる名称が付けられています。限度額は一般カードでも100万円を超えることもあるなど、個人カードに比べて高額に設定されることが多いです。
 
法人カードの多くは、個人事業主や中小企業の経営者用のカードと、大企業用のカードとに分かれていて、会社の規模によって申込可能なクレジットカードが異なります。付帯サービスは経理ソフトとの連携や福利厚生サービスなど、仕事で使える内容が多いです。
 

クレジットカードのランクは大きく分けて4種類

クレジットカード会社では、個人カード・法人カードともにいくつかのランクのカードが発行されていることが多いです。
 
クレジットカードのランクは大きく分けると、一般カード・ゴールドカード・プラチナカード・プラチナ以上のクレジットカードの4種類。ランクが上がるごとに年会費が上がり、サービス内容が充実していきます。
カードのランク別の違いを見ていきましょう。
 

一般カード

クレジットカードの一般カードとは、支払い機能と最低限の付帯サービスが付いたクレジットカードです。年会費はアメリカン・エキスプレスなど一部例外を除くと、0円〜1500円程度。年会費の負担を抑えたい人や、初めてクレジットカードを持つ人におすすめです。
 

ゴールドカード

ゴールドカードは、一般カードに比べて付帯サービスが充実しているクレジットカード。年会費は1万円台が一般的ですが、年会費2000円程度の格安ゴールドカードや年会費3万円を超えるようなゴールドカードもあります。一般カードと比べると、空港ラウンジの利用やグルメ優待など、付帯サービスが充実していているのが魅力です。
 

プラチナカード

ゴールドカードよりさらにランクが上のプラチナカードは、一部のクレジットカード会社が発行しています。年会費は2万円台のクレジットカードもありますが、アメリカン・エキスプレスなど10万円を超えるプラチナカードもあります。
 
プラチナカードの場合、24時間対応してくれるコンシェルジュ・サービスやプライオリティ・パスなどの魅力的な付帯サービスが付いているカードが多いです。一般カードやゴールドカードに比べて審査は厳しい傾向にあります。高額な年会費に見合う充実した付帯サービスを利用したい人におすすめです。
 

プラチナ以上のクレジットカードを発行している会社もある

クレジットカード会社によっては、プラチナカード以上のクレジットカードを発行している会社もあります。いわゆるブラックカードと呼ばれるクレジットカードですが、誰もが申し込める訳ではなく、招待された人だけが申込可能です。
 
サービス内容や年会費は公開されていないことがほとんどですが、サービス内容はプラチナカードよりさらに充実しているでしょう。招待を受け、審査に通過した人しか持てないクレジットカードですので、ステータスの証しにもなります。
      

クレジットカードの国際ブランドとは

クレジットカードの国際ブランドとは、世界中に加盟店ネットワークを持つクレジットカードのブランドのことです。どの国際ブランドを選ぶのかは、クレジットカードを選ぶ時の重要なポイント。
 
国際ブランドの種類によって、使えるお店や使う国での使いやすさが異なりますので、クレジットカードを選ぶ際には、国際ブランドについても知っておきたいですよね。そこで、国際ブランドについて解説していきます。
 

世界5大国際ブランド

クレジットカードの世界5大国際ブランドとして知られているのが、VISA、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブの5種類です。アメリカのディスカバーや、近年利用者を増やしている中国の銀聯を加えて、世界6大国際ブランドや世界7大国際ブランドと言われることもあります。
 
JCBなら日本での利便性は高いですが、ヨーロッパなど外国では普及しきっていないなど、国によって使いやすさが異なりますので、利用する国や使い方に合うクレジットカードを選びましょう。
 

国内ブランドのクレジットカードは国際ブランドと提携していることが多い

クレジットカードの国内ブランドとは、カードの発行元となっている国内ブランドのことを指します。例えば「MUFG」「オリコ」「セゾンカード」「楽天カード」などが代表的です。
 
国内ブランドのクレジットカードの場合、国内の加盟店で買い物できますが、ほとんどの場合海外での買い物には対応していません。また、国際ブランドよりも加盟店が少ない場合がほとんどです。そのため、多くの国内ブランドクレジットカードは、国際ブランドと提携して発行されています。
 

クレジットカードの発行会社

日本国内でクレジットカードを発行している会社は、大きく分けると5種類に分類できます。銀行系・信販系・流通系・消費者金融系・Web系があり、発行会社の種類によって審査の通過しやすさや付帯サービスの傾向などが異なり、クレジットカードを選ぶ際には押さえておきたいポイントです。ここでは、クレジットカードの発行会社種類別の特徴をご紹介します。
 

銀行系

銀行や銀行のグループ会社が発行するクレジットカードが、いわゆる銀行系のクレジットカードです。三井住友カードやMUFGカードなどが銀行系クレジットカードの代表例にあたり、比較的審査が厳しい分、信頼性は高いです。ATM利用手数料の優遇など、銀行関連の付帯サービスが付いたクレジットカードも多いです。
 

信販系

信販系のクレジットカードとは、分割払いやリース業務などを扱う信販会社が発行するクレジットカード。オリコカードなどがあります。日本で長年クレジットカード事業を手掛けてきた会社が多いことから、サポート体制もしっかりしている会社が多いです。
 

流通系

流通系クレジットカードとは、大手スーパーや量販店などの流通系企業が発行しているクレジットカード。流通系カードにはエポスカードやイオンカードなどがあり、学生や主婦などでも比較的つくりやすいカードが多いです。
 
流通系企業が発行していることから流通系企業での優待サービスが充実していることから、特定の店でよく買い物する人に適しています。
 

消費者金融系

消費者金融系のクレジットカードは消費者金融が発行しているクレジットカード。信販系に分類されることもあります。消費者金融の会員証を兼ねているカードも多いです。クレジットカードの中では最も審査に通過しやすく、即日発行できるカードもあります。
 

Web系のクレジットカード会社も増えつつある

ネットショッピングを利用する人が増えている影響で、楽天市場やLINE、Yahoo!などWeb系の会社が発行するクレジットカードを利用する人も増えています。例えば楽天カードは楽天市場でポイント優遇されるなど、Webサービス利用者にとってメリットが大きいカードが多いです。
 

クレジットカードの種類は多種多様! 自分に合うカードを見極めて使おう

クレジットカードにはさまざまな種類があります。自分にとって最適なクレジットカードを選ぶためには、どんな種類があるのか理解しておくことが大切です。
 
まず確認しておきたいのが、個人カードか法人カードかで、使う目的によってどちらを選択すべきなのかが異なります。それ以外にもカードランクや国際ブランド、発行会社の種類など、選ぶ際のポイントとなる点は多いため、違いを理解しておくことが大切です。
 
まずは、クレジットカードの種類をよく理解して、自分にぴったりなクレジットカードを見極めましょう。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

最短10秒で即時発行!年会費永年無料&最大7%還元!

【PR】三井住友カード(NL)

おすすめポイント

・両面にカード番号の印字なしで盗み見される心配なし!
・最短10秒で即時発行!年会費永年無料
年会費 (税抜) 発行期間 ポイント還元率
無料 即時(最短10秒) 0.5%~7.0%
ETC (税抜) 移行可能マイル 電子マネー
初年度無料 ANAマイル Apple Pay
Google Pay
※商業施設内にある店舗など、一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元率にならない場合があります。
※一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。
 その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。
 上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。
※最短10秒発行受付時間:9:00〜19:30
※即時発行ができない場合があります
※お申し込みには連絡可能な電話番号が必要です。
※スマホのタッチ決済:Visaのタッチ決済とMastercard®タッチ決済が対応
※iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。
※最大7%のポイント還元は通常のポイントも含まれます。
ライターさん募集
おすすめのクレカ一覧はこちら