リフォーム時に住宅ローンの借り換えはしたほうがお得? | ファイナンシャルフィールド

更新日: 2023.01.19 借り換え

リフォーム時に住宅ローンの借り換えはしたほうがお得?

執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部 / 監修 : 新井智美

リフォーム時に住宅ローンの借り換えはしたほうがお得?
みなさんは、リフォーム資金を準備していますか?
 
住宅はどうしても経年劣化によってリフォームをする必要がでてきます。リフォームを行うのは築5年~15年のことが多く、住宅ローンの返済期間中にリフォーム資金が必要になることが多いです。
 
そんな時、リフォームローンを組むことが考えられますが、住宅ローンの借り換えを検討することで、お得にローンを組むことができる場合があります。
 
本記事では、リフォームローンの特徴やリフォーム資金を上乗せして住宅ローンを借り換える際のポイントなどを解説していきます。
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

新井智美

監修:新井智美

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

聞くのは耳ではなく心です。
あなたの潜在意識を読み取り、問題解決へと導きます。
https://marron-financial.com

【PR】おすすめの住宅ローン

PayPay銀行

おすすめポイント

  • ・魅力的な低金利と充実した団信プラン!
    ・手続きもシンプルで来店不要
    ・書類提出も契約手続もネットで完了
変動金利

0.315 %

※全期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

当初10年固定

1.085 %

※当初期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

変動金利

0.315 %

※全期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

当初10年固定

1.085 %

※当初期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

 

 

リフォーム時は住宅ローンの借り換えを検討しよう

住環境を良い状態で維持し、住宅の寿命を延ばして資産価値を保つには、計画的にリフォームやメンテナンスを行う必要があります。

しかし 住宅を購入した際に、リフォーム資金も準備していて、十分な金額を用意している方はそう多くはないでしょう。資金を準備できない場合、リフォームローンを検討する方も多いと思います。

ここで注意したいのが、その際には住宅ローンの借り換えも検討するべきという点です。

住宅ローンを借り換えて、リフォーム資金を調達した方がお得にローンを組める場合があります。

借り換えの方がお得になる理由って?

なぜ、リフォーム時に借り換えをした方がお得になるのでしょうか。その理由をみてみましょう。

まず、リフォームローンと住宅ローンの違いをみてみます。住宅関連の資金のローンなので似ていると感じるかもしれませんが、この2つは全く違う商品です。

・リフォームローンは金利が高め
・リフォームローンは借り入れ年数が短い(15年間までなど)
・リフォームローンは借り入れ可能額が数10万円以上1500万円以内と低い(住宅ローンは500万円以上1億円以内程度)
・リフォームローンは変動金利が多い傾向にある(住宅ローンは変動・固定(当初固定金利・長期固定金利)から選べる)

このようにリフォームローンは住宅ローンよりも金利が高くなる傾向になります。そのためリフォーム資金を上乗せして借り換えたほうがお得になるケースがあるのです。

住宅ローンの残高に、リフォーム資金を上乗せして借り換えを行うと、ローンがひとつにまとまり、リフォーム資金も住宅ローンと同じ金利で借り入れることができますし、借り入れ中の住宅ローンの見直しも行えます。借り入れをひとつにまとめることで、口座の管理が楽になるというメリットもあります。

リフォームを上乗せする条件とは?

それでは、リフォームローンの資金を上乗せして、住宅ローンを借り換えるのは、誰でも可能なのでしょうか。実は、住宅ローンの残高にリフォーム資金を上乗せして借り換えるには、金融機関によって条件があります。

例えば、りそな銀行の場合は以下のような条件が定められています。

●現在他の金融機関にてお借り入れされているご本人居住用住宅に対する住宅ローンをお借り入れ後、2年以上遅延なくご返済をされている方

●瑕疵担保責任法人が登録するリフォーム工事業者、または「増改築工事証明書」の発行可能なリフォーム工事業者によるリフォーム工事に限ります。

他にもSBI新生銀行では以下のように条件が定められています。

●住宅ローン(住宅購入資金またはお借換資金)と同時にお申し込みいただくこと

●購入する(または現在居住中)物件に対するリノベーション(リフォーム)であること

●リノベーション(リフォーム)資金と住宅ローンの融資実行が同日であること

このように借り換えの条件は銀行によって異なるので、金利を調べるのと同時に確認しておくといいでしょう。

リフォーム費用を加えて借り換えをするときの5つの注意点

それでは、リフォーム資金と住宅ローンの借り換えを同時に行う時は、どのようなことに注意すればよいのでしょうか。リフォーム資金と住宅ローンの借り換えを行う場合は、以下のような注意点があります。

1、借入資金が増えるため審査が厳しくなることがある。
この審査は、銀行によって基準が異なりますが、借入額が増えれば審査は厳しくなることが多いです。

2、すでに着工しているリフォーム工事、もしくは完了したリフォーム工事は融資の対象にならない。
リフォームをまだ行っていないというのが、ローンの融資条件になっていることも多いです。そのため、リフォームローンに関しては工事が始まる前に考えておくようにしましょう。

3、通常、リフォーム資金と住宅ローンの融資実行日は同一となる

4、自身が居住している住居に限られる場合がある
金融機関によっては、自身が居住している住居でしかローンを組めない可能性があります。そのため、親の住居をリフォームしたいという場合は、金融機関に確認を行うようにしましょう。

5、別の金融機関で住宅ローンを支払っている場合ローンが受け付けられない可能性がある。
こちらも、金融機関によっては、住宅ローンを他の金融機関で支払っている場合はリフォームローン、もしくは住宅ローンの申し込みを受け付けてもらえないことがあります。同一金融機関内では許可が出るなど、条件によってはローンが組めるので、現在住宅ローンを組んでいる銀行に確認するようにしましょう。

まとめ

リフォームローンは金利が高めで、借り入れ年数が短く、借入可能額が低めであるという特徴があります。そのため、リフォームローンを組む際には、住宅ローンの見直しを行うことで、お得にリフォーム資金を調達することが可能になる場合があります。

住宅ローン費用にリフォームローン費用を足して借り換えた方がお得なこともあるので、他の銀行での借り換えも念頭に置きながら検討するのがよいでしょう。

他にも、大規模リフォームの場合は住宅ローンとしてローンを組むことが可能な場合もあります。自身の行うリフォームの規模に合わせて、適切なローンの組み方は変わります。みなさんも、リフォームの際はぜひ住宅ローンの見直しを行ってみてください。

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

監修:新井智美
CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

住宅ローン 金利別ランキング【PR】~あなたのニーズに合った住宅ローンをチェック!~

※弊社の提携会社のランキング

住宅ローン 金利別ランキング【PR】

※弊社の提携会社のランキング

※1借入期間を35年超でお借り入れいただく場合は、ご利用いただく住宅ローン金利に年0.15%が上乗せとなります。

【PR】おすすめの住宅ローン

PayPay銀行

おすすめポイント

  • ・魅力的な低金利と充実した団信プラン!
    ・手続きもシンプルで来店不要
    ・書類提出も契約手続もネットで完了
変動金利

0.315 %

※全期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

当初10年固定

1.085 %

※当初期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

変動金利

0.315 %

※全期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

当初10年固定

1.085 %

※当初期間引下型

※自己資金10%以上の金利です

 

条件別で住宅ローンを探す

新着記事一覧

住宅ローンおすすめ記事

金融機関別に「住宅ローン」を見る