身内で行う「家族葬」や火葬のみの「直葬」 現代のお葬式の形

ここ数年で、主に家族や身内で行う、いわゆる家族葬や、火葬のみの「直葬」と呼ばれるものが定着しつつあります。
 
要因として、故人や遺族の高齢化に伴い、参加者の減っていることが挙げられます。また、宗教色のないお葬式スタイルも見受けられるようになりました。