更新日: 2023.01.11 暮らし

クレジットカードのプラチナカード、どんな特典があるの? 年収いくらなら持てる?

クレジットカードのプラチナカード、どんな特典があるの? 年収いくらなら持てる?
クレジットカードにプラチナカードがあることを知り、手にしてみたいと思う方も多いでしょう。しかし、プラチナカードがどんなカードなのか、具体的に知っている方は少ないかもしれません。
 
そこで今回は、プラチナカードにはどんな特典があるのかを解説していきます。また、どのくらいの年収があればプラチナカードが持てるのかも紹介します。
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

プラチナカードのランクってどのくらい?カードのランクを紹介

クレジットカードには主に4つのランクがあり、低い順から以下のようになっています。
 

●一般カード
●ゴールドカード
●プラチナカード
●ブラックカード

 
一般カード」は、初めてクレジットカードを作る人向けのカードで、学生や主婦(夫)など安定した収入がない人でも申し込めます。年会費は無料、もしくは1000~3000円程度に設定されていますが、ステータス性は低くなります。
 
ゴールドカード」は年会費が1~3万円するものが多いですが、その分、特典やサービスがつくものが大半です。入会審査は、一般カードよりも難易度が上がります。
 
プラチナカード」の年会費には数万~十数万円必要です。入会審査の難易度は高めなため、カードを持っていることがステータスになり、ゴールドカード以上の特典とサービスを受けられます。
 
ブラックカード」はクレジットカードの最高ランクのカードであり、究極のステータス性が特徴です。入会はインビテーション制になっており、カード会社からの招待が必要です。プラチナカード以上の特典とサービスが受けられますが、内容は公開されていません。
 
以上から分かるように、プラチナカードはブラックカードに次いで、ランクの高いカードです。
 

プラチナカードってどんなカード?特典が知りたい!

プラチナカードには、各カード会社共通の特典として、以下のものがあります。
 

●コンシェルジュサービスが利用可能
●旅行傷害保険の付帯がある
●空港ラウンジの無料利用が可能
●有名レストランの優待特典がある

 
コンシェルジュサービスは、24時間365日での対応が可能です。サービス内容には、レストランの予約や、ホテル・旅館の手配、飛行機や列車のチケットの手配など、便利なものが多くあります。
 
また、ライブやイベントチケットの手配や医療機関の紹介なども可能です。旅行傷害保険では5000万~1億円が保証されており、海外旅行でのけがや病気にも安心できます。
 
空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティ・パス」を無料で持つことができ、有名レストランでは2名以上の利用で1名が無料になる特典があります。
 

プラチナカードが持てるのってどんな人?年収が知りたい!

プラチナカードは年収がどのくらいなら持てるのか、ほかにも条件は必要なのかと気になる方は多いでしょう。ここでは、プラチナカードの取得に必要な年収や条件をみてみます。
 
プラチナカードの入会に必要な年収の目安は、500~1000万円です。もちろん、継続的に安定していることが前提となっています。
 
また、プラチナカードを持てる条件としては、「今までに所持していたクレジットカードで年間100万円以上の支払い実績があること」「代金の支払いは一括払いであること」などのほか、「支払いの延滞がないこと」が必須です。
 
以上のことから、プラチナカードを持つにはある程度の高収入が必要だと分かります。
 
ただ、プラチナカードを持てる年収は、実際には公表されていません。それはほかのランクのカードでも同じです。そのため、ここに書かれている年収は、あくまでも今まで審査を通った方での目安となりますので、注意してください。
 

プラチナカードは十分に計画して利用しましょう

クレジットカードは、ランクが上がるごとに特典も多くなり、使い勝手が良くなっていきます。その上、使用限度も上がっていくため、気がつくと予定していた以上に利用してしまうことも多いでしょう。そうなると、必然的に返済の額も大きくなっていきます。
 
プラチナカードの限度額には十分に注意をして、返済可能額を意識しながら計画的に利用していきましょう。
 
執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部

auじぶん銀行
PayPay銀行バナー