CLOSE

キーワードで記事を検索

更新日: 2021.08.30 返済

おまとめローンの審査落ちする理由や審査基準を紹介! 落ちた時の対処法も

執筆者 : 鴨志田 大輔

おまとめローンの審査落ちする理由や審査基準を紹介! 落ちた時の対処法も
鴨志田 大輔

執筆者:鴨志田 大輔

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している

複数の借り入れをまとめるためにおまとめローンを検討する中で、審査落ちの理由や審査基準について疑問を持っている方は多いのではないでしょうか。
 
おまとめローンを利用すれば、複数のローンを一本化でき、総返済額を減らすことが可能です。しかし、複数の借り入れがある人が申し込むため、融資金額が大きく審査基準は厳しいといわれています。
 
ここでは、おまとめローンの審査落ちする理由や審査基準、落ちた時の対処法などについて解説します。おまとめローンを検討している方は、ぜひご覧ください。
 

おまとめローンの審査に落ちてしまう理由

複数のローンをまとめて一本化するおまとめローンは、通常のローンよりも審査が厳しい傾向があるといわれています。借り入れ状況や収入面、信用情報など、おまとめローンでよくある審査落ちの原因を知っていれば、申し込みが通るよう対策がしやすくなります。
 
ここでは、おまとめローンの審査が厳しい理由と審査落ちしてしまう原因について見ていきましょう。

 

おまとめローンの審査は厳しい

一般的に、おまとめローンの審査は厳しいといわれています。すでに複数の借り入れがある人が申し込みをするからです。また、利用者への融資金額が大きくなるためでもあります。
 
借入金額や件数が多く融資金額が大きくなると、金融機関の貸し倒れリスクが高くなります。金融機関は、リスクを避けるために利用者には高い返済能力を求めるので、審査ハードルは高くなる傾向にあるのです。
 
このように、おまとめローンの利用者は複数の借り入れがあり、融資金額が大きくなるため、借り入れが少ない人と比べて審査基準は厳しくなる可能性があります。

 

借金残高・件数が多い

おまとめローンの審査に落ちる理由の1つが、借金残高や件数が多いことです。おまとめローンがいくら複数のローンをまとめるのが特徴だとしても、借金残高や件数が多いと「返済のめどが立っていないのでは?」「自転車操業なのかもしれない」など疑われてしまいます。
 
返済能力が十分でないと判断され、審査に落ちる場合があるでしょう。多重債務状態と判断される可能性もあります。
 
「◯◯万円以上は借金が多い」「△件は借り入れが多い」など、借金残高や件数がどのくらいから多いと判断されるか明確な基準はありません。銀行や消費者金融のおまとめローンの申し込み条件にも明記はされておりません。
 
すべての金融機関に該当するわけではありませんが、一般的には4~5件以上の借り入れがあると「多い」と判断され、審査が難しくなるといわれています。
 
自分の状況を客観視して、借金残高や件数があからさまに多い場合は、おまとめローンの審査に落ちる可能性があるため注意が必要です。
 
この場合は、おまとめローンの申し込み前に借金残高や件数を減らす必要が出てきます。

 

ブラックリストに載っている

おまとめローンに限ったことではありませんが、ブラックリストに載っている場合は審査落ちしてしまいます。ブラックリストとは、信用情報に事故情報が登録されていることです。
 
債務整理や支払いの延滞などをすると「CIC」「JICC」「全国銀行協会」などの信用情報機関に事故情報が一定期間登録されてしまいます。金融機関は信用情報機関に照会して審査を行うため、事故情報があると返済能力がないと判断されて、ほぼ確実に審査落ちです。
 
一般的に、事故情報の登録期間は次のようにいわれています。
 

内容 登録期間
延滞 5年間
任意整理 5年間
自己破産・個人再生 5年~10年間

 
ブラックリストに載っている場合は、クレジットカードなどの審査も通りません。おまとめローンの利用はいったん諦め、現在利用しているローンを確実に返済しましょう。そして、事故情報が削除された後に、あらためて申し込みを検討してみてください。
 
延滞や債務整理などの経験がある場合は、一度、信用情報機関に開示請求をしてみましょう。開示請求をすると自分の信用情報を確認でき、状況を把握できます。

 

収入が少ない・不安定

収入が少ない、もしくは収入が不安定なこともおまとめローンの審査落ちによくある理由です。収入が少ないと「返済が難しくなり延滞するかもしれない」と、返済能力に疑問を持たれてしまいます。また、収入が不安定で定期的な収入が見込めない状況でも同様です。
 
おまとめローンを扱う銀行や消費者金融は、貸したお金を返済してもらわないと、利息で利益を生み出すどころか経営が成り立たなくなります。
 
そのため、審査で「十分な収入があるか」「定期的な収入が見込めるか」などをチェックし、返済能力の有無を確かめます。
 
ただし、ほとんどの金融機関は申し込み条件に「収入◯万円以上」などの具体的な内容は明記していません。「20歳以上で安定した収入のある方」などの記載があるだけです。
 
おまとめローンの金額に対して収入が少ないと感じる方や、自営業や歩合制など収入が不安定な場合は、一度金融機関に相談をしてみるといいでしょう。
 
逆に、収入が高く安定している場合は、おまとめローンで審査落ちする可能性は低いといえます。

 

おまとめローンの審査基準

おまとめローンの審査では、年収や勤務先などの申込者の属性と借り入れや返済状況についてチェックされます。返済能力の有無を確かめるうえで重要な情報だからです。申し込みをするうえで、どのようなポイントが審査で重要視されるのか知っておくことは大切です。
 
ここでは、おまとめローンの審査基準について見ていきましょう。

 

基本情報

おまとめローンの審査では、次のような申込者の属性がチェックされます。
 

・年齢
・年収
・職業
・勤務先
・勤続年数
・雇用形態
・住居の状況

 
多くのおまとめローンが「20歳以上」の方を対象としています。例えば、プロミスのおまとめローンは「20歳以上65歳以下」の方が対象です。そのため、申込者の年齢を確認します。
 
年収や職業、勤務先、勤続年数、雇用形態、住居の状況などは、安定した収入や返済能力の有無を確認するための項目です。例えば、雇用形態ではアルバイト・パートや自営業の方よりも、大手企業の会社員や公務員は収入が安定していると見られるのが一般的です。勤続年数は短いよりも長いほうが良い印象を与えられます。
 
これらの属性について正確な情報を申告するようにしましょう。

 

現在の借り入れ・返済状況

おまとめローンの審査では、申込者の現在の借り入れや返済状況についてチェックされます。借り入れが多すぎたり返済が滞っていたりする場合は「貸し倒れリスクが高い」「返済能力が低い」など判断され、審査落ちする可能性が高いです。
 
他社の借り入れ状況や返済状況については、銀行や消費者金融は信用情報機関に照会をします。「CIC」「JICC」「全国銀行協会」などの信用情報機関には、借り入れや返済情報が登録されているからです。
 
例えば、CICには次のような情報が登録されています。
 

・契約商品
・支払い回数
・契約金額
・残債額
・入金履歴
・異動(延滞や破産など)の有無
・延滞解消日など

 
多額の借り入れや延滞があるのに「ない」と申告をしても、信用情報機関への照会ですべての情報は把握されます。他社の借り入れや返済状況は、申込者の返済能力の有無や貸し倒れリスクを判断するうえで大切な情報です。そのため、審査では重要視されます。

 

アコム

acom

おすすめポイント

最大30日間金利0(ゼロ)円 サービス!
・カンタン3項目入力の≪3秒診断≫でスグわかる
・パソコン、携帯から24時間お申込み受付
融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで(※) 30日間 最短即日融資
(※)在籍確認が行われる場合がございます。

 

おまとめローンの審査に申し込む際のポイント

おまとめローンに申し込みをする際は、審査の通りやすさや信用情報、申し込み方など、いくつものポイントがあります。これらのポイントを把握し、実行することで、おまとめローンの審査通過率を高めることが可能です。また、おまとめローン選びにも役立つでしょう。
 
ここでは、おまとめローンの審査に申し込む際のポイントについて見ていきましょう。

 

各社の審査通過率を確認

審査通過率とは、カードローンに新規で申し込みをした人のうち、審査に通過した人の割合のことです。例えば、新規申込者が10人で審査通過者が4人の場合は審査通過率は40%です。
 
以下は、アコム・アイフル・プロミス・レイクALSAのカードローンの審査通過率です。
 

消費者金融名 審査通過率
アコム 41.2%
(2021年3月期下期 平均)
アイフル 40.1%
(2021年3月期 平均)
プロミス 37.9%
(2021年3月期 平均)
レイクALSA 33.8%
(2021年1月~3月)

 
時期によって数値に変動はありますが、上記のとおり、新規申込者の3~4割の人が審査を通過しています。ここで紹介した消費者金融の中では、アコムの審査通過率が最も高いです。
 
おまとめローンの申し込みをする前に、どのくらいの審査通過率なのか確認しましょう。

 

自身の基本情報・信用情報を確認

おまとめローンに申し込む前に、自身の基本情報や信用情報を確認しましょう。
 
審査では、年収や勤務先、勤続年数、勤務形態などの属性がチェックされるからです。例えば「年齢が申し込み基準を満たしていない」「収入が著しく低い・不安定」「無職で働いていない」などの人は審査落ちしてしまいます。
 
また、審査では借り入れや返済状況を調査するために信用情報機関への照会が行われます。他社の借り入れが多すぎる場合や延滞の記録が残っている人は、審査落ちの可能性が高いです。
 
おまとめローンで審査落ちしないか「安定した収入はあるか」「借り入れは多くないか」「延滞記録はないか」などを事前に確認してください。信用情報については、CICなどの信用情報機関に開示請求をすれば知ることができます。

 

一度に複数のおまとめローンに申し込みをしない

一度に複数のおまとめローンに申し込みをすると、審査落ちの可能性が高くなる場合があります。短期間に複数社に申し込みをしていると「お金に困っている」とみなされるからです。また「審査に落ちそうだから複数社に申し込みをしている」など、ローン会社に悪い印象を与えてしまいます。
 
「1社しか申し込みしていないことにしよう」と考えていても、ローン会社は信用情報機関に照会するため、複数社に申し込みをしていることはすぐに知られます。
 
審査通過率が下がるリスクがあるため、一度に複数のおまとめローンに申し込みをしないようにしてください。複数のおまとめローンを比較して、1~2社に絞りましょう。

 

うその情報は記載しない

年収や勤務先、連絡先、他社借り入れなど、申し込みの際にうその情報は記載しないようにしてください。
 
「審査に通りたいから……」という気持ちはわかりますが、審査の際にうそ情報とバレてしまいます。本当は審査に通る可能性がある方であっても、うそ情報が原因で審査落ちとなってしまうでしょう。
 
例えば、現在求職中なのに前職の情報を記載している場合は、在籍確認の連絡でうそとわかります。他社借り入れを実際より少なく記載していても、信用情報機関への照会で本当の金額が知られてしまいます。
 
うその情報を記載しても、バレてしまううえに審査落ちの可能性は高くなるため、虚偽申告は絶対にやめましょう。

 

消費者金融しかまとめられない

消費者金融のおまとめローンは、銀行のカードローンには対応していません。まとめられるのは、貸金業者からの借り入れのみです。
 
そのため、現在の借り入れが消費者金融などの貸金業者が中心であれば消費者金融のおまとめローンで良いですが、銀行からの借り入れが中心の場合は銀行のおまとめローンを利用しましょう。
 
現在の借入先を整理し、検討しているおまとめローンの対象になるかどうか事前に確認をしてください。

 

アイフル

aiful

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短1時間でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額 金利 審査時間
最大800万円 3.0%~18.0% 1秒診断(※)
WEB完結 無利息期間 融資スピード
※融資まで 30日間 最短25分
※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。 ※診断結果は、入力いただいた情報に基づく簡易なものとなります。  実際の審査では、当社規定によりご希望にそえない場合もあります。

 

おまとめローンの審査に落ちた時の対処法

おまとめローンの審査に落ちた時は、まず自分の借金状況を把握し、段階的に借金件数を減らしていきましょう。状況を把握すれば今後の返済計画が立てやすくなり、借金件数が減れば再度申し込みをする際に審査通過の可能性が高くなります。
 
また、状況によっては債務整理を検討したほうが良いこともあります。
 
ここでは、おまとめローンの審査に落ちた時の対処法について見ていきましょう。

 

自身の借金状況を把握する

おまとめローンの審査に落ちた場合は、自身の借金状況を確認してみてください。借り入れの多さが審査の原因かもしれないからです。原因がわかれば「銀行ではなく消費者金融おまとめローンに申し込みをする」など対策を立てられます。
 
また、原因を探るとともに、この先の借金返済計画を立てなくてはなりません。
 
おまとめローンに審査落ちした以上、この先どうやって返していくかも具体的に考えておくべきです。現在の収入と生活費、ローン返済を再度整理して、収支がマイナスにならないような計画を立てましょう。
 
支がマイナスの場合は「休みの日に副業をして月3万円稼ぐ」「光熱費や交際費、通信費を月1万円節約する」など収入増や支出減の対策を考え、収支がプラスになるようにします。
 
次回の申し込みや今後の返済計画のためにも、まずは自身の借金状況を把握しましょう。

 

段階的に借金件数を減らす

審査落ちした場合は、段階的に借金件数を減らすことを検討しましょう。借入件数の多さが審査落ちの原因かもしれないからです。
 
また、現在の借り入れが消費者金融と銀行の場合は、おまとめローンですべてを一本化できません。消費者金融のおまとめローンは貸金業者のローンを対象としているからです。
 
無理のない返済計画を立て、段階的に借金件数を減らしていけば返済を楽にできます。
 
借金件数を減らし、再度おまとめローンに申し込みをすれば審査が通る可能性もあります。一度にまとめるのではなく、段階的に少しずつ借金の件数を減らしていきましょう。

 

債務整理をする

借金が多く返済が難しい場合は、債務整理も検討してみましょう。債務整理とは、合法的に借金の支払いの減額や免除を受けられる制度のことです。
 
債務整理をすると、ローン審査が通らなくなりクレジットカードを持つこともできませんが、多額の借り入れがなくなる可能性があります。督促も止まり、借金返済に追われる生活から解放されます。
 
債務整理は、任意整理や自己破産、個人再生、特定調停と4種類あり、それぞれで特徴が異なるため、弁護士や専門家に相談をして状況に合った方法を選びましょう。
 
借金返済ができないからと闇金などからお金を借りるよりも、現実的な方法といえます。

 

おすすめのおまとめローン

おすすめのおまとめローンは、次の4つです。
 

おまとめローン 金利 契約限度額 返済期間
アイフル
「おまとめMAX」
3.0%~17.5% 最大800万円 最長10年
楽天銀行
「スーパーローン」
1.9%~14.5% 最大800万円 1年ごとの自動更新
プロミス
「おまとめローン」
6.3%~17.8% 最大300万円 最長10年
横浜銀行
「カードローン」
1.5%~14.6% 最大1000万円 1年ごとの自動更新

 
アイフルの「おまとめMAX」とプロミスの「おまとめローン」は、どちらもおまとめに特化した商品です。上限金利と下限金利に幅はありますが、契約限度額が大きくなるほど金利は低くなる傾向にあります。
 
楽天銀行「スーパーローン」と横浜銀行「カードローン」は、おまとめ専用ではありません。しかし、限度額が大きくおまとめや借り換えとしても利用可能です。
 
いずれのローンもインターネットから申し込みができ、電話や窓口で相談できます。おまとめローン選びの参考にしてみてください。
 
参考記事:おすすめのおまとめローン4選!メリット・デメリットと借金1本化の注意点

 

プロミス

promise

おすすめポイント

WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!
融資上限額 金利 審査時間
最大500万円 4.5%~17.8% 最短30分
WEB完結 無利息期間 融資スピード
融資まで 30日間 即日融資

 

おまとめローンの審査に落ちる前に確認を

おまとめローンは、すでに複数の借り入れがある状態で申し込み、融資金額が大きいので、通常のローン審査と比べて審査基準は厳しい傾向にあります。
 
だからこそ、ここで紹介した審査落ちする理由や審査に申し込む際のポイントを事前に確認し、準備や対策を講じることが大切です。
 
おまとめローンで審査落ちする可能性を少しでも抑えて、より良い条件でローンを組めるようにしましょう。
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー
 

【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット
【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット