CLOSE

キーワードで記事を検索

更新日: 2021.08.17 審査

フリーローンってなに? フリーローンのメリットとデメリット、審査について解説

フリーローンってなに? フリーローンのメリットとデメリット、審査について解説
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジュを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

自由な目的で使えるフリーローン。「カードローンよりお得って聞いたけど本当?」「フリーローンなら何でもお金を自由に使えるの?」と疑問に思っている人は多いでしょう。
 
フリーローンは用途を問わず利用できるローンで、銀行などの金融機関が提供しています。フリーローンの融資上限は高いので、まとまったお金が欲しい人に向いているでしょう。
 
この記事では、フリーローンの特徴やメリットとデメリットについて解説します。気になるカードローンとの違いも分かりやすく紹介するので、ぜひローン選びに役立ててください。
 

フリーローンの基礎知識

フリーローンとは、用途を問わず使えるローンです。使いみちが決まっているのではないため、融資を受けられればお金を自由に使えます。
 
フリーローンは金融機関が提供するサービスで、融資には審査を受ける必要があります。融資は1回の契約で一度きりで追加の借り入れはできませんが、まとまったお金を借りたい人から支持を受けています。

 

カードローンとの違い

フリーローンとよく比較されるのが、カードローンです。カードローンも、用途を問わずお金を借りられるローンです。
 
しかし、カードローンは上限金額内なら何回でも借り入れができるため、何度も借りていると返済計画が立てにくくなってしまいます。また、カードローンには明確な返済期間が決まっていないため残債があれば返済はずっと続きます。
 
一方、フリーローンは一度だけの借り入れですが、返済期間が決まっており返済計画を立てやすいです。
 
返済計画を自分で管理できる人はカードローン、あまり自信がない人はフリーローンを検討するとよいでしょう。

 

住宅ローン・カーローンとの違い

住宅ローン、カーローンは融資の目的が決まっており、それ以外の用途でお金を利用することができません。こうしたローンは、目的型ローンと呼ばれフリーローンとは大きく異なります。
 
フリーローンは融資の目的が決まっておらず、投資目的以外ならお金を自由に使えます。目的型ローンの中に自分の望むプランがないなら、フリーローンを検討するとよいでしょう。

 

フリーローンを使うメリット

柔軟に使えることが魅力のフリーローンですが、それ以外にもメリットがあります。フリーローンで融資をしてもらう代表的なメリットは、以下のとおりです。
 

●金利が低く抑えられる
●完済までの見通しを立てやすい
●融資の上限が高い

 
融資の方法選びで悩む人は少なくありません。より希望に沿った融資を受けるため、フリーローンのメリットを押さえておきましょう。

 

金利が低く抑えられる

フリーローンはカードローンと比べ金利が低めに設定されていることが多いです。そのため、同じ金額をカードローンで融資してもらうよりもトータルで返済する金額は低くなるでしょう。

 

完済までの見通しを立てやすい

フリーローンでは、一度の申し込みで追加借り入れをすることはできません。そのため、返済額が増えず最初に立てた返済計画を実行しやすくなっています。
 
また、フリーローンは最長10年など、返済期間も明確に決まっていますので、計画的な返済が可能になるでしょう。

 

融資の上限額が高い

フリーローンには追加融資の制度がないため、1回で借りられる融資の上限は高くなっています。収入や勤続年数によって違う場合もありますが、フリーローンでは50万円、100万円単位での借り入れも珍しくありません。
 
少しでもまとめて借り入れがしたい、カードローンの限度額がいまのままでは低い、という人であればフリーローンのメリットが大きいでしょう。

 

フリーローンを使うデメリット

フリーローンには「何でも自由に使える融資」というイメージがありますが、融資の手続きに関しては制約も多いです。
 
ここからは以下のとおり、フリーローンを使うデメリットを解説します。
 

●融資実行までに時間がかかる
●追加で借り入れができない
●手数料が発生する

 
カードローンなど他のタイプのローンと比較するので、ぜひ参考にしてください。

 

融資実行までに時間がかかる

フリーローンは融資実行までに時間がかかるため、すぐにお金を手に入れるのは難しいです。
 
また、フリーローンは融資される金額がカードローンに比べ大きいため、消費者金融等によるカードローンと比べ審査が慎重に行われることが多いです。
 
そして審査が慎重になるぶん、結果が出るまでに時間がかかるため、フリーローンの即日融資は原則できないと考えておいたほうがよいでしょう。すぐにお金が必要、という人は最短即日で借り入れができるカードローンを利用するのがおすすめです。

 

追加で借り入れができない

フリーローンでは、お金が必要になっても追加の借り入れができません。そのため、お金が後々必要になりそうな場合は申し込みの段階で多めの融資額を希望しておくのがよいでしょう。
 
お金が必要なときに柔軟に借り入れをしたい人はカードローンがおすすめです。カードローンは、審査を受けて上限金額を決めたあとは上限内で何度でもお金を借りることができます。
 
一度に大きなお金をもらうとついつい余計に使ってしまう、という人にはカードローンが向いているでしょう。

 

手数料が発生する

フリーローンの審査には手間がかかるため、契約時に手数料が発生する金融機関も少なくありません。中には手数料がほとんどかからない金融機関もありますが、フリーローンを使う際にはある程度の初期費用が必要になるでしょう。

 

フリーローンの審査と申し込みの方法

ここからは、「フリーローンを使ってみたい」「まずはフリーローンの審査を受けたい」という人向けに、フリーローン申し込みの流れを解説します。
 

  • フリーローンに申し込む
  • 審査の結果を確認する
  • 契約書を受け取る
  • 契約書類を返送する
  • 借り入れ

 
気になる審査の内容も解説するので、フリーローンへの申し込みを本格的に検討している人はぜひチェックしてください。

 

フリーローンに申し込む

まずはフリーローンを申し込む金融機関を決めます。フリーローンのプランを用意している金融機関は多いですが、金利やサービス内容がそれぞれ異なります。
 
また、返済の方法も違うのでなるべく安く、楽に返済できる金融機関を選ぶのがおすすめです。

 

審査の結果を確認する

フリーローンでは申し込み後、審査が行われます。審査では、融資した金額をしっかり返済できるのか確認するため、収入や信用情報がチェックされます。
 
また、フリーローンの用途は自由ですが申込時に何の目的で使うのか記入する必要があります。投資目的の借り入れだけは断られてしまいますが、何に使う予定なのかしっかりと伝えましょう。
 
審査結果が出たら、確認して次の手続きへ進みます。

 

契約書を受け取る

審査通過後、金融機関から契約書を受け取って確認します。郵送で契約書が送られてくることが多いので、間違いなく受け取れるよう住所を正しく入力したかしっかり確認しましょう。
 
対面で契約する場合は、担当者からその場で説明を受けて書類を確認し、サインをします。わからない点はサインをする前に質問をしてください。

 

契約書類を返送する

非対面の契約の場合、契約内容を確認しサインをしたのちに契約書類を指定の場所へ返送します。書類の同封が必要な金融機関もあるので、書類がそろっているか確認して送りましょう。

 

借り入れ

契約内容に問題がなければ、実際に借り入れを行います。融資されたお金は指定の口座に振り込まれるので、確認のうえ計画的に利用しましょう。

 

フリーローンは金利重視の人におすすめ

フリーローンは用途を問わず使える自由なローンです。用途の制限がない点ではカードローンと同じですが、一般的なカードローンと比べ金利が低いのが大きな魅力。
 
また、フリーローンは追加の融資が受けられないため、返済計画も立てやすくなっています。金利重視の人、借り過ぎを防止したい人はフリーローンを計画的に使うのがよいでしょう。

 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 

【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット
【PR】Pick UP カードローン SMBCモビット