公開日: 2020.09.15 おまとめ

カードローンはまとめるほうがお得?メリット・デメリットを解説

鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら
鴨志田 大輔

執筆者:

執筆者:鴨志田 大輔(かもしだ だいすけ)

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー
 
大学卒業後、広告代理店に入社。
社会人生活をする中で、自分のお金の知識が高くない事を感じ、お金の知識をより持っている方が人生が豊かになると痛感。
 
人生をより幸せで豊かにする為にお金の知識を持ちたい気持ちが強くなり、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
 
現在は、初心者の方が見て、分かりやすい記事を作成する事でお金の知識を発信することに注力している
 
【個別依頼】
kamoshida@breakfield.co.jp

上記までご連絡ください。

詳細はこちら

公式サイトで申し込み

プロミス

おすすめポイント

WEB契約なら最短1時間融資も可能!
・借りられるか?3項目入力で3秒診断♪
審査は最短30分!24時間お申込みOK!

融資上限額金利審査時間
最大500万円4.5%~17.8%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで30日間即日融資

 
複数のカードローンを利用していると、毎月の返済負担が大きく感じる人もいるのではないでしょうか。
 
本記事では、カードローンをまとめる「おまとめローン」について解説します。メリット・デメリットの両方をご紹介するので、ぜひ参考にしてください。
 

カードローンまとめる「おまとめローン」とは?

返済先を1つにまとめることができる

カードローンでよく目にする「おまとめローン」とは、複数ある返済先を、1つにまとめるためにできたカードローンです。1つの返済先にまとめることで、返済のタイミングを1回に済ませることができます。
 
また、返済先が複数あることによって起こる「うっかり返済忘れ」がなくなり、遅延・延滞を防ぐことも可能です。
 
カードローンの提供先によっては、資金使途が比較的自由なフリーローンを、おまとめローンとして利用できる場合もあります。
 

年収1/3以上の借り入れも可能になる

貸金業者のカードローン(消費者金融やクレジットカード会社)では、借り入れできる金額が年収1/3までという総量規制に沿って限度額を設けています。銀行などの金融機関には該当しない法律です。しかし、最近は多重債務問題があり、大手金融機関もカードローンに総量規制取り入れているケースが多くなっています。
 
年収1/3までという総量規制は「一方的に顧客が有利となる借り入れ」となる商品は対象外です。おまとめローンに関していえば、返済先を1つにまとめて返済負担を減らすことができるため総量規制に該当せず、年収1/3以上の借り入れができます。
 

おまとめローンの提供先

おまとめローンを提供している会社の一部を見てみましょう。
 

おまとめローンの系統提供している会社の一部と金利
消費者金融プロミス:6.3~17.8%
アコム:7.7~18.0%
アイフル:3.0~17.5%
銀行東京スター銀行:12.5%
楽天銀行:1.9〜14.5%
信販会社
(クレジットカード発行会社)
JCB:4.4~12.50%

 
おまとめローンは消費者金融、銀行、信販会社の3系統にわけることができます。金利は、銀行系が低くなる傾向ですが、審査は消費者金融に比べて厳しめといわれています。 

公式サイトで申し込み

アコム

おすすめポイント

最大30日間金利0(ゼロ)円 サービス!
・カンタン3項目入力の ≪3秒診断≫でスグわかる
・パソコン、携帯から24時間お申込み受付

融資上限額金利審査時間
最大800万円3.0%~18.0%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
融資まで30日間即日融資

 

カードローンをまとめるメリット

返済先が1つ・回数が月1回で済む

カードローンをまとめると返済先が1社になります。そのため、返済回数も月1回で済み、返済忘れを防ぐことが可能です。月に数回発生していた返済の手間を省けると、返済に対する負担を軽減できます。また、それに伴い全体的な借り入れ状況の把握が楽に行えます。
 

金利が安くなる・返済総額が減る

一般的にカードローンは、借り入れ金額が低いほど金利が高くなる傾向です。たとえば、A:30万円、B:50万円、C100万円の借り入れを3社から行なっている場合で、年間利息がどのくらい低くなるかを見てみましょう。
 

借り入れ金額金利(例)年間利息ABC年間利息総額
A:30万円17.0%51,000円251,000円
B:50万円16.0%80,000円251,000円
C:100万円12.0%120,000円251,000円
ABCをまとめる:180万円12.0%216,000円216,000円

 
金利はカードローンやおまとめローンの利用先によって異なりますが、上記の場合年間35,000円分の利息が減る形となります。年間利息が減ると返済総額も減少するため、毎月・毎年の返済負担を抑えることができます。
 

クレジットカード会社からの信用が上がる

カードローンの借り入れ先が多いと、クレジットカード会社の審査で不利になるケースがあります。クレジットカードも後払い制のため「貸したお金が回収できない見込みの人」と見なされて、審査に落ちてしまう恐れがあるのです。
 
カードローンを1つにまとめることは、複数の返済先がある状況よりも評価が上がる可能性が高いです。
  

カードローンをまとめるデメリット

返済期間・返済回数・支払総額が増える場合もある

複数のカードローンを1つにまとめると、1社に対する返済総額が大きくなるため、返済期間を伸ばすケースがあります。それに伴い、返済回数や支払総額も増える場合があります。
 
減少または増加のケースは、借り入れる金額や金利、返済期間など個人の状況によって異なるため、おまとめローンを利用する前にきちんと計算しておきましょう。
 

金利は必ずしも低くなるわけではない

カードローンをまとめると1社に対する借り入れ金額が増えるため、金利は低くなるケースが多いです。しかし、金利はおまとめローンを提供する会社によって異なるため、必ずしも低くなるわけではありません。
 
自分の借り入れ状況を把握し、おまとめローンを提供する会社の金利を必ず比較してからまとめるようにしましょう。
 

追加借り入れや他社で新しい借り入れができない

おまとめローンは複数のカードローンを1つにまとめる仕組みで、基本的に追加借り入れはできません。また、おまとめローンの利用中は、他社のカードローンの利用もできないので注意しましょう。

公式サイトで申し込み

アイフル

おすすめポイント

WEB完結(郵送物一切なし)
・アイフルならご融資可能か、1秒で診断!
最短1時間でご融資も可能!(審査時間込)

融資上限額金利審査時間
最大800万円3.0%~18.0%最短30分
WEB完結無利息期間融資スピード
※融資まで30日間即日融資

※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。

まとめ

本記事では、カードローンをまとめる方法をご紹介しました。複数の返済先がある場合、1つにまとめる「おまとめローン」を利用することができます。おまとめローンは年収の1/3以上の借り入れができる商品です。
 
メリットは毎月の返済負担が軽減できる、金利が低くなり返済総額が減る、クレジットカード会社からの信用度が上がるなど3つです。デメリットは、返済期間や返済回数が増える、金利が必ず低くなるわけではない、追加借り入れや他社からの借り入れができない、と3つあります。
 
複数のカードローンの返済負担が厳しい人は、メリット・デメリットの両方を把握したうえで利用を検討してみましょう。
 
執筆者:鴨志田 大輔
ファイナンシャルプランナー

関連記事

おまとめローンの特徴&どんなメリットがあるのか
カードローンの借り換えの方法は?審査の基準ってどうなの?
カードローンの審査が甘い会社ってあるの?審査でチェックされるポイントは?
 



▲PAGETOP