公開日: 2020.06.22 キャリア

40代の転職はキャリアと人柄をアピール! 成功させるポイントを紹介

執筆者 : FINANCIAL FIELD編集部 / 監修 : 堺孝善

40代の転職は難しいと考えている人もいるでしょう。しかし、40代の転職事情は決して悪くありません。
 
40代のキャリアの豊富さや、人をまとめる力を求めている企業はたくさんあります。
 
この記事では40代の転職で失敗するポイントと成功させるコツを紹介します。
 
 
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら
堺孝善

監修:

監修:堺孝善(さかい たかよし)

人事組織コンサルタント、国家資格キャリアコンサルタント、早稲田大学大学院経営管理研究科(MBA)

福岡県福岡市生まれ。 大学卒業後、大手人材サービス業で18年勤務。2500名以上のキャリア支援に携わる。
 
早稲田大学大学院にてMBAを取得後、外資系コンサル会社にてBPR、収益改善などのプロジェクトに従事。プロセスの自動化、個人と組織の活性化がライフワーク。
 
現在、キャリアのナラティブアプローチを研究中。国家資格キャリアコンサルタント、衛星管理者資格保有。
 
現在、Podcastにて、キャリア中期となる40歳のキャリアについて考える番組「40歳のディスタンス」を配信中。
 
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/id1495042062

詳細はこちら
FINANCIAL FIELD編集部

日々の生活における、お金にまつわる消費者の疑問や不安に対する解決策や知識、金融業界の最新トレンドを、解りやすく毎日配信しております。お金に関するコンシェルジェを目指し、快適で、より良い生活のアイディアを提供します。

詳細はこちら
堺孝善

執筆者:

監修:堺孝善(さかい たかよし)

人事組織コンサルタント、国家資格キャリアコンサルタント、早稲田大学大学院経営管理研究科(MBA)

福岡県福岡市生まれ。 大学卒業後、大手人材サービス業で18年勤務。2500名以上のキャリア支援に携わる。
 
早稲田大学大学院にてMBAを取得後、外資系コンサル会社にてBPR、収益改善などのプロジェクトに従事。プロセスの自動化、個人と組織の活性化がライフワーク。
 
現在、キャリアのナラティブアプローチを研究中。国家資格キャリアコンサルタント、衛星管理者資格保有。
 
現在、Podcastにて、キャリア中期となる40歳のキャリアについて考える番組「40歳のディスタンス」を配信中。
 
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/id1495042062

詳細はこちら

40代の転職事情は決して悪くない

20代、30代と比べれば40代での転職は厳しいのが現実です。
 
なぜなら職務能力が同じならば、給与が抑えられ、適応能力が高い20代、30代を採用する可能性が高いからです。
 
40代の転職は20代や30代と比較すると厳しいことを念頭に置いて転職活動をしましょう。
 

40代のキャリアや人柄を求める企業はある

20代、30代に比べて厳しい40代の転職ですが、40代の豊富なキャリアや人をまとめる力や責任感を求める企業もあるため、決して転職が難しいわけではありません。
 
株式会社マイナビの調査によれば、中途採用企業の40代を採用した理由は以下の通りです。

順位内容割合
1位豊富な経験43.6%
2位年齢は関係ない33.8%
3位専門性が高い30.7%
4位定着が期待できる29.3%
5位モラルや責任感が高い27.3%

※2019年1月31日発表 マイナビ「中途採用業務の実績調査」(複数回答可)
 
豊富な経験を求める企業のほかに、年齢を重視しない企業もあります。計画的な転職活動をすれば、40代の転職は決して無理ではありません。
 

40代の転職に失敗する人の特徴

40代が転職に失敗する特徴に、年齢が高いからとあきらめるパターンがあります。
 
転職したい気持ちはあるのに、転職活動を途中であきらめてしまうのです。さらに自己評価を低くして自分のキャリアプランから外れた転職先を決めてしまうパターンもあります。
 
先述したように、40代を求めている企業もたくさん存在します。あきらめずに丁寧に転職活動を行っていきましょう。
 

自分のキャリアや実績により自信過剰になっている

自分のキャリアや実績により自信過剰になっていても転職に失敗してしまいます。40代はある程度実績がある方も多いので、自信があるのは良いことです。
 
しかし、自信過剰で自分のやり方に固執したり、企業によって環境が違うことを理解する姿勢がないと、柔軟さに欠けるという印象を与えてしまいかねません。
 
そうなると、企業側は採用しても扱いにくいだろうという判断をしてしまいますから、転職活動で苦労することになるでしょう。
 

キャリアや実績とは合わない職種を希望する

 キャリアや実績とは合わない職種を希望すると採用されにくいです。40代になっても新たなチャレンジをしたい人もいるでしょう。
 
しかし、未経験者を採用するのであれば、企業は20代、30代を採用する可能性が高いです。
 
40代でキャリアや実績に合わない未経験の職種に転職したい場合は、その職種に関係する資格を取得したり、勉強したりしてから転職活動しましょう。
 

40代の転職で成功するコツ

40代の転職で成功するコツの1つは、自分のキャリアを生かせる同業種に転職することです。
 
採用側は40代には豊富な経験を求めていますので、自分のキャリアが生きる職種に転職するのが良いでしょう。
 

自分の人柄を応募企業にアピール

自分の人柄を応募企業にアピールすることも40代の転職を成功させるために重要です。
 
40代ともなると、人をまとめる力や責任感が求められます。ですから、これまでどういう責任を果たしてきたのかを転職面接や履歴書でアピールしましょう。
 
また、新しい職場になじめるのか柔軟さや謙虚さも見られます。転職面接のときには良い印象を持ってもらえるようにしましょう。
 

まとめ

40代の転職は難しいと考えている人もいますが、40代の転職事情は決して悪くありません。
 
40代のキャリアの豊富さや人をまとめる力や責任感を求めている企業はたくさんあります。決してあきらめる必要はありません。
 
しかし、自信過剰も40代の転職を失敗させるポイントです。転職面接のときには、謙虚な姿勢で順応性があることもアピールしましょう。
 
また、40代の転職は同業種への転職の方が有利です。異業種へ転職する場合は、資格取得なども考慮してくださいね。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

執筆者:堺孝善
人事組織コンサルタント、国家資格キャリアコンサルタント、早稲田大学大学院経営管理研究科(MBA)

関連記事

20代転職は分析力が重要! 20代の転職を成功させるポイント
転職に失敗したくない!失敗する理由と失敗しないためのコツを紹介
40代女性が転職面接・服装で失敗しないためのポイントとは?
 



▲PAGETOP